FXを勉強しよう

FXのリスクリワードの決め方は?勝率との関係を正しく理解しよう!

更新日:

まもる先生、トレードを始めてまだ少しですが、資金が思うように増えません。
リスクリワードはどのくらいですか?
リスクリワード?初めて聞きましたけど何のことですか?
リスクリワードを知らないようでは、資金が増えないどころか減ってしまいますよ。今回の記事でリスクリワードの重要性が分かり、理想的なリスクリワードがどのようなものかが分かります。

 

今回の要点チェック!

  • リスクリワードとは(平均)損失と(平均)利益の比率のこと
  • pips換算と金額換算ではズレが生じる
  • リスクリワードと勝率は密接に関わり合っている
  • リスクリワードは基本固定するが、相場の変化に合わせる
  • リスクリワードを改善するには水平線に引きつけてエントリーする

リスクリワードとは?

損小利大とリスクリワード

まなぶ君、「損小利大」という言葉は知っていますか?
はい、その言葉は聞いたことがあります。損失は小さく利益は大きくということですよね。
その通りです。そのような損失(リスク)と利益(リワード)のバランスをリスクリワードという言葉で表すことが多いです。

このリスクとリワードをどのくらいに設定してトレードをするのかが曖昧なままだとなかなか勝てるトレーダーにはなれません。

FXの肝とも言えるくらい重要なキーワードなので、初心者であれば必ず理解しておきたいポイントです。

エントリーしてポジションを持つとその後は利益確定の決済か損失確定の決済をすることになりますね。

最初のうちは、あまり決済のことまで考えずにエントリーしてしまいがちですが、エントリーの時点で利益確定と損失確定のレートまで決めておくべきです。

エントリー時にそこまで考えていませんでした。
やはりそうでしたか。「上がりそう」、「下がりそう」だけで決済のことを考えずにエントリーすると高い確率で失敗してしまいます。

エントリーラインから損失確定までの値と、エントリーラインから利益確定までの値の比率をリスクリワードレシオと呼んでいます。

リスクリワードレシオを簡単にリスクリワードと言うこともありますが、「レシオ」というのは英語のratioで「比率」という意味です。

上の例で、エントリーラインから損失確定ラインまでが10pips、エントリーラインから利益確定ラインまでが50pipsだとすると、リスクリワードレシオは10 : 50つまり1 : 5ということになります。

ざっくり言うと、このリスク(損失)とリワード(利益)の比率が損小利大になるように設定することが重要です。

利益 ÷ 損失の計算式でリスクリワードレシオを数値化することもあります。

リスクリワードレシオ = (平均)利益 ÷ (平均)損失

先ほどの例で1 : 5の場合は5 ÷ 1でリスクリワードレシオは5と表すこともできます。

このリスクリワードレシオは3以上が理想的だと言われています。

 

過去トレードのリスクリワードを確認するには?

先ほどの話はエントリー時にリスクリワードを考えようという話でした。

毎回のエントリーごとにリスクリワードを確認することがとても重要です。

そして定期的に自分のトレードを振り返ってリスクリワードがどれくらいになっているのかもしっかりと把握するようにしましょう。

自分のトレードを振り返ることは、安定して利益を出すために必要なことですが、例えば1ヶ月ごとに自分のトレードを振り返って、リスクリワードレシオがどれほどだったのか計算する場合について少し説明しておきますね。

リスクリワードレシオ = 平均利益 ÷ 平均損失 だったので、まずは1ヶ月の損失の平均、利益の平均を出すことになります。

同じ通貨ペアでかつ取引数量が一定であれば、平均損益を出すときに、pipsをもとにしても金額をもとにしても変わりはありません。

ただし、取引数量がトレードごとに変わるようであれば、注意が必要です。

取引数量 pips 金額
1万通貨 10 1,000円
10万通貨 20 20,000円
1万通貨 -10 -1,000
10万通貨 10 10,000円
リスクリワードレシオ 10 : 13 = 1.3 1,000 : 10,333 = 10.3

上のグラフは4回のトレード結果で、取引数量、獲得pips、獲得金額をまとめたものです。

損失と利益の平均を出してリスクリワードレシオを計算したものが一番下の行です。

取引数量は一定でないため、pips換算と金額換算でリスクリワードレシオの値が変わっていますね。

資金管理としては金額換算のリスクリワードを検証するのがいいかもしれませんが、純粋に自分のトレードとしてのリスクリワードを知りたいのであれば、pips換算の方が分かりやすいでしょう。

少なくとも、取引数量を頻繁に変えてトレードしている場合は、金額換算とpips換算でズレが生じることは知っておきましょうね。

 

 

リスクリワードと勝率

リスクリワードが大切なのは分かりました。明日から損切り5pips利益20pipsでトレードします。
待ってください!リスクリワードレシオを単に上げればいいというわけではありません。詳しく説明しますね。

もしまなぶ君が言うように、損失5pips、利益20pipsでトレードした場合ですが、確かにリスクリワードレシオは1 : 4なので、数値は4でいいですね。

ただし、リスクリワードレシオを上げるほど、すぐに損切りされるので、勝率が下がります。

反対にリスクリワードレシオを下げると、勝率は上がります。

つまりリスクリワードレシオは勝率に大いに関係しているのです。

単にリスクリワードレシオを上げることだけを考えてエントリーを繰り返しているとあっという間に10連敗ということもあります。

そこで、リスクリワードが設定できたら次に損益分岐点となる勝率を確認する必要があります。

リスクリワード 損益分岐点の勝敗 損益分岐点の勝率
5 : 1 5勝1敗 83.3%
4 : 1 4勝1敗 80%
3 : 1 3勝1敗 75%
2 : 1 2勝1敗 66.7%
1 : 1 1勝1敗 50%
1 : 2 1勝2敗 33.3%
1 : 3 1勝3敗 25%
1 : 4 1勝4敗 20%
1 : 5 1勝5敗  16.7%

例えばリスクリワード1 : 4の場合は1勝4敗以上の結果を出せればプラマイゼロなので損益分岐点の勝率は20%となります。

利益を出すためには継続して勝率20%以上を出さなくてはいけません。

このようにリスクリワードと勝率は密接に関わりあっているのです。

リスクリワードレシオを下げると勝率を上げる必要があります。

反対にリスクリワードレシオを上げると勝率がいくらか下がっても利益を出すことができます。

トレードをして満足する結果が得られない時の対策としては、根本的には、勝率を上げるかリスクリワードを改善するかのどちらかです。

具体的には、さらに優位性の高いところでエントリーして勝率を上げるか、もしどうしても1勝4敗以上の勝率を出すのが難しいなら、リスクリワードレシオを再設定する必要があります。

5pips : 20pipsを同じ比率でリスクリワード10pips : 40pipsにするだけでも改善するかもしれませんし、比率を変えてリスクリワード5pips : 25pipsにすると損益分岐点を1勝5敗に変えることができます。

このようにリスクリワードには勝率が大きく関係していて、どのようにバランスを取り最適化するかが重要なのです。

リスクリワードレシオの値がよくないと、いくら勝率を上げても利益を出すことはできないのです。

 

 

リスクリワードを実際に決めてみよう

では実際にリスクリワードを決めるときに何を基準に考えればいいのですか?
そうですね。色々な考え方がありますが、おすすめの方法をお伝えしますね。

リスクを設定

おすすめの方法は最初にリスクを決めてしまうことです。

つまり損切りを第一に考えるということです。

損切りについて詳しくは以下を参照して下さい。

トレードスタイルが決まり、同じ通貨ペア、同じ時間帯でトレードを重ねるとどのくらいの損切り幅でエントリーできるのかがだいたい分かってきます。

例えば米ドル/円のデイトレードであれば、エントリーポイントを厳選すれば損切り10pips以内でも切られにくいポイントを探すことは十分可能です。

例えば上のチャートでは赤いラインに引きつけて買いを狙えば、損切り10pips以内でのエントリーができます。

 

リワードを設定

そして次はどのくらいの利益が狙えるかですが、デイトレードということであれば、1日の中でトレードを完結させるので、必要なデータは1日のボラティリティ(変動幅)です。

ここ最近のデータなら米ドル円の1日の変動幅の平均はおよそ60~70pipsです。

1日の変動幅をごっそり取れたとしてその値なので、実際は多く狙っても50pips程度ではないでしょうか。

もし1日の中で時間帯を決めてトレードするならばその時間帯のボラティリティも調べてみると良いです。

つまりトレードスタイル、通貨ペア、時間帯、相場(ボラティリティ)を総合して決めることが必要だということです。

米ドル/円は1日に100pips動くことはほとんどないのに、デイトレードで、リスクリワードレシオを20pips : 100pipsに設定しても惨敗するのは目に見えていますよね。

米ドル/円のデイトレードであれば、リスクリワード10pips : 30pipsが一つの目安です。

ここからさらに時間帯や相場状況に合わせて調整していく必要があります。

 

 

リスクリワードは固定か変動か?

リスクリワードの設定の仕方がだいぶんイメージできました。リスクリワードの値というものは一旦決めたら固定すべきですか、それともエントリー毎に変えてもいいのでしょうか?
基本は固定した方がいいです。

理由としては毎回リスクリワードを変えているとエントリーチャンスが増えてしまい、それが逆に損失リスクにつながります。

自分の決めた理想的なリスクリワードレシオでエントリーできるまでチャンスを待ち、エントリーポイントを厳選することが安定した利益に繋がります。

例えばリスクリワードを8pips : 32pipsと固定した場合ですが、損切り8pips以内、利益32pips以上でエントリーできるところだけを狙ってトレードすることになります。

例えば上のチャートの赤丸は上昇局面であれば、Aの水平線を損切りラインにして買いで入りたいところですね。

ただし、赤丸からAのラインまで8pips以上あれば入らないということです。

もう少し下がって8pips以内の損切りでエントリーできるチャンスが来るまでひたすら待つということです。

これがエントリーポイントを厳選することにもつながります。

また一定期間同じリスクリワードでトレードすると、トレードを振り返る際に改善点がわかりやすくなります。

ただし、常に固定するという訳ではありません。

1ヶ月毎にトレードを振り返り、相場環境を確認していく中で調整するのが理想です。

例えば、今は米ドル/円は1日で60~70pips動きますが、今後毎日100pips以上動くような場合もあるかもしれません。

そうなればもちろんリワードを伸ばすことを考えますよね。

一定期間はリスクリワードを固定し、トレード結果を検証してもし相場環境が変わっていればそれに合わせてリスクリワードを最適化するのがベストです。

 

 

リスクリワードの改善方法

水平ラインに引きつける

これまでの説明で、ある程度リスクリワードの値が見えてきたのではないでしょうか。

最後にもう少しリスクリワードを改善したいというときに押さえておきたいポイントについて説明します

まずは水平ラインに引きつけてエントリーすることです。

上のチャートの赤丸は上昇局面でAの抵抗線を上抜けてBの高値を作り少し反落したところです。

勢いよく上昇しているので少し下がった赤丸では買いたいところですね。

ただ損切りラインをレジサポラインとして機能しそうなAに設定し、利益ラインをBとするとリスクリワードはどうでしょうか。

リスクの方が大きく、ざっと見てリスクリワード2 : 1くらいですね。

待てない人はこういうところで入ってしまいます。

もう少し待ってみるとどうでしょうか。

狙っていたレジサポラインまで下がってきましたね。

ここまで下がればリスクリワードは1 : 5以上は楽にいけそうですね。

ラインに引きつけてエントリーすることでリスクリワードが一気に改善したのが分かりますね。

 

利益を伸ばす

次にエントリーした後で、利益を伸ばす方法としては目標の利益ラインを反発したら決済、もし超えたらそのライン付近に決済注文を入れて利益をさらに伸ばすことです。

もし運よく目標ラインを超えた場合は損切りを目標ライン付近まで上げて利益を確保するのも良いです。

トローリングと呼ばれる手法ですが、その後も上昇するようなことがあれば、リスクリワードをさらに改善することができます。

また目標ラインまで近づいた時の対応として、分割決済する方法もあります。

例えばポジションの半分の利益は確定して、残り半分のポジションの利益を伸ばせるだけ伸ばすような手法です。

利益確定についても自分のルールをしっかりと決めて淡々とトレードすることが重要です。

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

FX取引高世界第1位

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

-FXを勉強しよう

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.