FXを勉強しよう

FXの移動平均線の種類や使い方を解説!期間は何日に設定すべきか?

投稿日:

ローソク足チャートにラインが入っているものをよく見るのですが、一体あれは何ですか?
おそらく移動平均線のことでしょう。代表的なテクニカル指標です。使い方など基本を詳しく説明しましょう。

〜今回の要点チェック!〜

  • 移動平均線とはチャートの動きを平均化して滑らかにしたもの
  • 移動平均線の傾きやローソク足との位置関係からトレンドや売買サインを読むことができる
  • 移動平均線の種類は3種類あり、過去の値動きを引き継ぎながら直近の値も重視した指数平滑移動平均線(EMA)がよく使われる
  • グランビルの法則とは移動平均線とローソク足の位置関係から8つの売買サインを読み取るもの
  • 期間が異なる移動平均線どうしの位置関係に注目して、ゴールデンクロスやデッドクロスを読み取ると売買サインになる

 

移動平均線とは

移動平均線とは簡単に言うとチャートの動きを平均化して滑らかにしたラインです。

平均化することで動き(トレンド)が分かりやすくなることが一番のポイントです。

例えば次のローソク足チャートを見てみましょう。

細いですが緑線が移動平均線です。

例えばAの期間はローソク足で見ると上昇する期間もあれば下降する期間もありジグザグなのが分かります。

移動平均線を見ると概ね並行を保って動きがない(レンジ相場)だということが分かります。

またBの期間ではローソク足チャートにおいては、日単位で見ると下落している期間もありますが、移動平均線では基本下がることなく上昇トレンドを形成しているのが分かります。

このように移動平均線は上下の動きを平均化して滑らかにすることで、大きな流れとしてチャートを見たときの動きが分かりやすくなります。

それでは移動平均線の計算方法についても簡単に確認しておきましょう。

計算方法を知っておくと移動平均線の性質というものが分かるので、有効に使えるようになります。

移動平均線とは当日からさかのぼった一定期間の終値の平均値を算出して、1日ずつずらして算出していくことで点をライン上に結んだものです。

この一定期間は自分で決めることができるのですが、短期なのか長期なのかでもちろんラインの形状が異なってきます。

詳しくは後で説明しますね。例えば期間を5日間として移動平均線を描くことにしましょう。

まずは当日4/24から4日前の終値5つ分を全て足して5で割ります。

これが当日4/24の移動平均線の値です。

そして1日ずらして4/23から考えて4日前までの終値5つ分を全て足して5で割ります。

これが前日4/23の移動平均線の値です。

このように1日ずつずらして過去5日分の平均値を日ごとに算出した値を結んだ線が5日移動平均線ということです。

 

 

移動平均線の種類

それでは次に移動平均線の種類について説明していきましょう。

まずは最初にどんなものがあるのか伝えておきますね。

移動平均線の種類

  • 単純移動平均線(SMA)
  • 加重移動平均線(WMA)
  • 指数平滑移動平均線(EMA)

単純移動平均線(SMA)

先ほど説明した移動平均線が単純移動平均線(SMA)と呼ばれるものです。

例えば100日単純移動平均なら100日分を均等に割って平均を出すことになりますね。

これは何を意味するかというと例えば90日前の終値も前日の終値も扱いとしては同じということです。

扱いが同じだとどんなことが起きるのでしょうか?
分かりやすくまた5日単純移動平均で説明しましょう。

1/11終値115円で前日1/10終値113円より上昇していますね。

では単純移動平均線も上がるでしょうか?

答えはすでに書いてありますが、移動平均線の値が1/10115.61/11114.8なので移動平均線は下がることになります。

このように当日のレートが上昇しても移動平均線が下がることがあるのです。

理由としては1/6の120円が加味されなくなったからですが、このように過去のレートに影響され、現在のレートを反映せずにズレが生じる場合も出てきます。

売買サインが遅れて点灯したりするのもこのためです。

そこで考えられたのが、現在のレートに重点を置いた加重移動平均線(WMA)です。

 

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線(WMA)の計算方法が理解できると特徴もつかめるでしょう。

例えば、期間5日の場合は当日を5倍、1日前を4倍、2日前を3倍、3日前を2倍、4日前を1倍とすることで直近のレートを重視した移動平均線ができます。

例の場合は期間も短くレートもほぼ同じ値のため先ほどとあまり変わりませんが、この計算式だと直近の動きに対応できることが分かりますね。

ただこの場合はあまりにも直近に重点を置きすぎなので、直近の動きに左右され、上昇したり下降したりしやすくなります。

つまりダマシと呼ばれる動きが多く発生することになります。

そこで考えられたのが、指数平滑移動平均線(EMA)です。

 

指数平滑移動平均線(EMA)

大きな違いは終値のレートをもとにするのではなく、前日のEMA値を基本に考える点です。

例えば5日指数平滑移動平均線を考える場合は前日のEMA値を過去4日分に用いるので4倍します、あとは当日の終値を加えると5日分になりますが、直近の動きを重視するため2倍にして足します。

出た数字を5日分 + 1 = 6で割ると値が出ます。

ちなみに一番最初のEMAの値を算出する時は単純移動平均線(SMA)の計算方法を使います。

この計算方法だと過去の値動き(EMA)を引き継ぎながら、直近の値も重視することができます。

バランスのとれた移動平均線として用いているトレーダーが多いです。

結局どの移動平均線を使えばいいのですか?
基本は単純移動平均線(SMA)指数平滑移動平均線(EMA)を使うのが良いでしょう。

短期売買が多く直近の値も重視したいということであれば指数平滑移動平均線(EMA)が向いているでしょう。

トレードスタイルにも関わってくるということです。

 

 

移動平均線の設定

移動平均線の基本や仕組みは分かりましたが具体的にトレードにおける使い方を教えてください。
それではここからはもう少し具体的に説明していきましょう。

まず移動平均線は一定の期間の値動きを平均化したものでしたが、その期間日数を何日に設定すべきか迷う場合も多いです。

基本は短期足、中期足、長期足と3つの異なる期間の移動平均線を用いて表示させることが多いです。

よく用いられるのは次のような設定です。

移動平均線の設定例

  • 短期足:5日、10日
  • 中期足:20日、25日、75日
  • 長期足:100日、200日

この期間が注目される理由としては、FXは土日は休みとなるため、5日は1週間20日や25日は約1ヶ月200日は約1年と区切りが良い期間になるためです。

計算方法でもわかるように期間が短いほど直近の値動きに左右されやすくなります。

やはりどの期間を使うかは代表的なものの中から選び、あとは自分に合ったものを使うことになるでしょう。

どの期間にするかこだわるのも良いですが、それ以上に選んだ期間を使い続けて、チャート上に現れたトレードに使えるサインを読み取れるようになることが大切です。

コロコロ期間を変えているようでは、そのサインに気づくことが難しいでしょう。

ちなみにチャートに表示させた移動平均線は時間足を変えてもローソク足の本数をもとに自動調整されます。

 

 

グランビルの法則を理解しよう

期間の設定が終われば次は移動平均線とローソク足の関係に注目してみましょう。

移動平均線とローソク足(レート)の位置関係によって売買サインを読み取ることができます。

グランビルの法則というものを説明しましょう。

1960年代にジョセフ・グランビルという米国の証券アナリストが200日移動平均線を利用してラインの傾きにより上昇トレンドか下降トレンドかを知ることができることと、買い時、売り時を見極める8つの法則を唱えました。

まずは買いパターンの4つです。

グランビルの法則(買い時)

  1. 横ばいまたは上昇中の局面で移動平均線をレートが上に抜けた時
  2. 上昇中の局面でレートが移動平均線を下回ったがすぐに上昇に転じた時
  3. 上昇中の移動平均線の上のレートが下がっても割り込むことなく反発上昇した時
  4. 下降中の移動平均線から大きく乖離して下落した時(売られ過ぎの反発を狙う)

次は売りパターンの4つです。

グランビルの法則(売り時)

  1. 横ばいまたは下降中の局面で移動平均線をレートが下に抜けた時
  2. 下降中の局面でレートが移動平均線を上回ったがすぐに下落に転じた時
  3. 下降中の移動平均線の下のレートが上がっても抜けることなく反発下落した時
  4. 上昇中の移動平均線から大きく乖離して上昇した時(買われ過ぎの反発を狙う)
このように移動平均線の傾きはどうか、またローソク足(レート)が移動平均線の上にあるか、下にあるかをまずは読み取り、買い時、売り時の計8つのパターンを身につけましょう。

 

 

ゴールデンクロスとデッドクロスを理解しよう

先程は移動平均線とローソク足(レート)の関係を見て売買サインを読み取るものでした。

ここでは2つ以上の移動平均線どうしの関係を読み取って売買サインを読み取る方法を説明しましょう。

まずはゴールデンクロスです。

ゴールデンクロスとは下落した後に短期の移動平均線が長期の移動平均線を上抜くことです。

次のチャートの赤線が5日移動平均線、緑線が20日移動平均線です。

赤丸の地点で短期線が長期線を上回っているのがわかりますね。

短期的には売りたい人よりも買いたい人の方が増えてきたことが分かります。

急落の直後などはダマシになることもありますが、短期線が長期線を上回るのは買いのサインと見なされます。

もしそれまで売っていた場合は決済のポイントに利用するのもいいでしょう。

次はデッドクロスについて説明しましょう。

デッドクロスとは上昇した後に短期の移動平均線が長期の移動平均線を下抜けることです。

先ほどと同じようにチャートの赤線が5日移動平均線、緑線が20日移動平均線です。

赤丸のところで短期線が長期線を下抜けているのが分かりますね。

短期的には買いたい人よりも売りたい人が増えてきたことを意味しています。

もちろんダマシもありますが、これは売りのサインと見なされます。

もしそれまでに買っていた場合は決済のポイントに利用するのもいいでしょう。

このように2つの移動平均線の位置関係に注目するだけでも売買サインを読み取ることができるのです。

移動平均線を使ってトレードをしている人は、短期、中期、長期の3本の移動平均線を表示させて位置関係からトレンドや売買サインを読み取る場合も多いです。

下のチャートは、上から短期線(赤)、中期線(緑)、長期線(青)の順になっていますね。

これが買いのパーフェクトオーダーとも言われ強い上昇トレンドが発生しているサインとなります。

押し目を狙って買いたいところです。

次のチャートは、今度は上から長期線(青)、中期線(緑)、短期線(赤)の順になっていますね。

これが売りのパーフェクトオーダーとも言われ強い下降トレンドが発生しているサインとなります。

戻りを狙って売りたいところです。

移動平均線の基本がよく分かりました。さっそくトレードに使ってみますね。
ポイントをまとめると、移動平均線の傾き、移動平均線とローソク足の位置関係、移動平均線どうしの位置関係に注目することです。

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

【DMM FX】入金

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

-FXを勉強しよう

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.