FXを勉強しよう

FXのエントリー方法はラインと時間に注目!複数の根拠を探そう!

投稿日:

エントリーするといつも逆方向にチャートが動いてすぐに損切りになってしまいます。エントリーのヒントや方法を教えてもらえませんか?
わかりました。エントリーには根拠とタイミングが大切です。どんなところに注目してエントリーをすればいいのかを詳しく説明していきますね。今回のポイントが分かればエントリーに自信が持てるようになるでしょう。

 

〜今回の要点チェック!〜

  • 水平線を突破した後の流れを狙う場合は戻って反発を確認してからの方が安全
  • 水平線の反発を狙う場合は順張りで、押し目や戻りを狙うのがおすすめ
  • トレンドラインを用いてのエントリーする場合は他の要素と複合させて利用する
  • 移動平均線を利用したエントリー方法にはグランビルの法則やゴールデンクロス、デットクロスがあるが、それだけではエントリー根拠が乏しい
  • チャートのどの時間軸をエントリーの基本にするのかを決めて上位足の相場環境を加味してトレードの戦略を決める
  • 三大市場を理解して、1日のうちのどの時間帯でトレードしているのかを意識する
  • 「エントリーしない」という判断がしっかりとできるようになることが重要

 

水平線に注目しよう

まずはチャートに水平線を引いてエントリーのタイミングをつかむ方法から説明していきます。

水平線には上値を抑えるレジスタンスラインと下値を反発するサポートラインがありましたね。

例えば次のチャートのレジスタンスラインに注目してみましょう。

何度も上昇を跳ね返されているのが分かりますね。

このようなラインは多くのトレーダーに意識されているラインで、ここを上抜けば上昇していく可能性が高いですし、ここで上値を抑えられると下落に転じる可能性が高くなります。

この場合のエントリー方法は大きく分けると2つです。

  1. ラインを上抜けてから「買」エントリーする
  2. ラインに引きつけてから「売」エントリーする

1の場合はラインを突破したのを確認してからさらに大きく伸びることを期待してエントリーする方法でブレイクアウト手法とも言われます。

注意点としてはラインの突破がダマシになることも多く、ラインを突破したからといって飛び乗ってしまうとすぐに戻ってくるということもよくあります。

例えばAで「買」エントリー した場合は一時含み益が発生しますが、その後戻ってきているので、含み損を抱えることになりますね。

相場の勢いが強く、さらには多くの参加者が注目している重要ポイントであれば、この飛び乗りのブレイクアウト手法もうまくいくことがありますが、その判断はラインを超える前の段階では難しいです。

そこでエントリーの優位性をより高めるためにはラインを突破してからそのラインに再び戻って反発したところを狙うことがポイントです。

Bでのエントリーはレジスタンスラインがサポートラインに役割を変えて下値を反発するライン(レジサポライン )に変わるのを確認してからエントリーする方法です。

2についてはレンジ相場の逆張りとしてよく使うエントリー方法です。

レジスタンスラインに近づいたら売りを狙い、サポートラインに近づいたら買いを狙う方法ですね。

反発を狙ったもう一つのエントリー方法はトレンド発生時の押し目や戻りでできたラインの反発を狙ってエントリーする方法です。

つまり順張りで狙うエントリー方法ですが、次のチャートを見て下さい。

上昇トレンドが発生して押し目を作っている箇所がA付近ですね。

ここでサポートラインに注目してこのラインに引きつけて「買」エントリーをする方法です。

トレンドの勢いが強い場合は、ローソク足が何本も停滞せずにすぐに反発してしまうこともありますが、順張りの押し目や戻りを狙ったエントリーを考える時には水平線を意識してエントリーすると損切りの設定もしやすいです。

ここまでで水平線を利用したいくつかのエントリーパターンについて説明しましたが、共通するのは水平線の突破後の流れを狙うか水平線での反発を狙うかのどちらかになります。

この後でも説明しますが、その他の要素を加味しながら優位性の高い方を選択してエントリーのタインミングを狙います。

 

 

トレンドラインに注目しよう

次はトレンドラインに注目してエントリーをする方法です。

上昇相場は上昇トレンドライン、下降相場は下降トレンドラインに注目して、そのラインでの反発や突破を狙ってエントリーする方法です。

トレンドが明確に発生している場合は、エントリーの根拠に使いやすいですが、トレンドラインについてはどこを始点にしてラインを引くか、またどのローソク足を結ぶのかで、ラインが1つに定まらない場合もあります。

またラインを突破してから反発することもよくあり、ラインを突破したからといって反転を狙ってすぐにエントリーするのは失敗することが多いです。

ラインでの反発を狙ったエントリー方法についても、このトレンドラインだけでエントリーを判断するのはおすすめしません。

エントリーの根拠は多いほど優位性が増すのですが、先ほどの水平線とこのトレンドラインを複合させてエントリー判断する方法が一つのエントリー例です。

上のチャートのようにサポートラインと上昇トレンドラインが交差するAで「買」エントリーすると上昇トレンドに乗れる可能性が高いです。

 

 

移動平均線に注目しよう

次は移動平均線に注目してみましょう。

移動平均線を利用したエントリー方法についてはこちらを参照して下さい。

まずはグランビルの法則とも呼ばれるものですが、簡単に言うと移動平均線を突破、反発、乖離したのを根拠にエントリーする方法です。

また2つ以上の移動平均線が交差するのを狙ってエントリーする方法があります。

ゴールデンクロスデットクロスとも呼ばれ、エントリーの判断材料としては用いやすいですが、やはりこれだけでエントリーしても失敗することも多いです。

ではどのように用いれば良いのでしょうか?
先ほどの水平ライン、トレンドラインを合わせて考えたり、この後説明する時間に注目してエントリーを判断することが重要です。

 

 

エントリーに使うチャートの時間足を意識する

ここまでエントリーの根拠となる様々なテクニカルについて説明してきましたが、あくまでエントリーの判断材料の一つとして用いることが大切です。

上でも説明したようにいくつかの根拠が重なる時にエントリーを絞るとより優位性が高まります。

またもう一つ大切なのは、エントリーする際にどの時間足チャートを基本にするかということです。

トレードスタイルにもよりますが、例えば、1時間足チャートでは下落相場だったとしても日足チャートでは上昇中の押し目という場合もよくあります。

複数足のチャートを見るのは大切なことですが、エントリーする際にどの時間軸のどの流れを狙うのかを決めていないと戦略もたてられません。

どの時間足が正解という訳ではありませんが、エントリーの基本となる時間足を固定するようにしましょう。

例えば、先ほどの1時間足は下落相場で、日足は上昇中の押し目の場合はどうでしょうか。

基本は短期足の流れは長期足の流れに支配されることが多いので、この場合は1時間足チャートを軸にしてトレードするのであれば、細かく利益確定をするか、日足の流れと同じになるまで待ってエントリーした方が良いです。

トレードの軸となる時間足チャートはどの方向か、その上位足チャートはどの方向かをしっかりと認識してトレードすることがエントリーの戦略を考え、優位性を上げる上での大きな要素です。

例えば、下のチャートのようなレンジ相場だとしたら上下のラインに引きつけて売りでも買いでも狙うことは可能です。

ただし、このチャートの上位足が上昇トレンドの中にあったらどうでしょうか。

優位性の高いのはサポートラインに引きつけて「買」のエントリーを狙うトレードになりますね。

この売りでも買いでも狙えそうな相場の際にどちらに優位性があるのかを考えるのにチャートの時間足の意識は重要なのです。

 

 

エントリーする時間帯を意識する

次は1日の中でエントリーする時間帯についてです。

1日の中であまりエントリー時間を気にせずに空いている時間にエントリーするようなスタイルでは上手くいかないことが多いです。

FXは平日なら24時間取引が可能ですが、大きく動きやすい時間帯というのがあります。

三大市場とも呼ばれていますが、東京市場、ロンドン市場、NY市場です。

これらの市場が始まる際にトレンドが発生することが多くもし、そのトレンドにうまく乗ることができれば大きく利益を伸ばすことができます。

一旦大きく利益が伸びれば、その分損切りにかかる可能性も少なくなりますし、ある程度利益が伸びれば建値(決済をプラスマイナス0にすること)にすることで、ノーリスクで利益を伸ばすことができます。

それぞれの市場の前は突発的な動きやダマシの動きもよくあるので、簡単にエントリーできるという訳ではありませんが、市場開始を狙ってエントリーするのも一つの方法です。

三大市場の中では東京市場を狙って7~8時台にエントリーするのが比較的狙いやすいです。

ロンドン市場前には上下に大きな動きをすることが多く、動きに慣れるまでは損切りにかかることも多いです。

またNY市場は指標が発表されることも多いので、うまく行けば利益を伸ばせますが、損切りを設定しない場合は大きく損失を抱えてしまう可能性も高いです。

これまでで述べてきた各種ラインを基本にしたエントリー方法と、この時間帯の意識を合わせてエントリーすることができればさらに優位性が増しエントリーの成功率も高まります。

 

 

ポジポジ病に注意

エントリーのタイミングをつかむのは最初難しく、なかなかエントリーのタイミングがつかめないことも多いですが、実際に資金を入れてトレードするのであればエントリー回数は少ない方が安全です。

その反対がポジポジ病とも言われ、常にエントリーしてポジションを持っていないと落ち着かなくなるトレーダーのことを指します。

ルールや根拠もないまま勘や感情に頼ってトレードをするとポジポジ病になってしまう可能性があります。

トレード回数を増やして利益が増えるのはごく一部の腕のあるトレーダーで、多くはトレード回数を増やすほどに損失が膨らんでいきます。

エントリーは多くの根拠を総合して判断して、エントリーポイントを厳選することが重要です。

たとえ大きなチャンスを逃してしまったと思っても、待っていればそのチャンスはその先何度も訪れます。

焦って良くないエントリーポイントで飛び乗ってしまうくらいなら、次のチャンスを待ってより良いエントリーポイントで入った方が、優位性が高いです。

とにかくルールや根拠に基づきエントリーを厳選して、「ここだ!」と思った時のみエントリーすることが重要なのです。

大きく動いたのにエントリーできなくて悔しいという場合でも、たまたま今回はそうなっただけで、反対方向に動いた可能性もあったことを考慮しましょう。

資金を守る一番の方法がエントリーしないことだということを覚えておきましょう。

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

【DMM FX】入金

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

-FXを勉強しよう

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.