FXを勉強しよう

FXの分割決済のやり方を解説!注意点とおすすめの決済方法について

更新日:

決済のタイミングについて勉強していると「分割決済」という言葉を知ったのですが、詳しいことが書いてなかったので教えてもらえますか?
分かりました。分割決済も上手に利用できれば、利益を安定させることができます。詳しく説明していきますね。

 

〜今回の要点チェック!〜

  • 分割決済は含み益と含み損のどちらにおいても可能
  • 分割決済はその後の相場次第でメリットにもデメリットにもなる
  • 分割決済は損失を抑えながらも一定の利益は確保したい場合に向いている
  • 分割決済は、相場や通貨ペアに合わせルールを作ることが重要
  • pipsをもとに分割決済するより、重要ラインを超えるかどうかで分割決済した方が安定する
  • 最小取引単位が小さい方が細かく分割決済できる

 

分割決済とは

それでは分割決済の説明から始めていきますね。

分割決済とはその名の通り、決済を分割して行うことです。

例えば、10万通貨で買いのエントリーをした場合に、通常なら決済は10万通貨の売りという注文になりますが、分割決済では半分ずつ5万通貨に分けて決済したり、2万通貨ごとに5回に分けて決済したりすることを言います。

そもそもどうして分割するのでしょうか?
まなぶ君はトレードをしている時に一時は含み益が出ていたが、結局損切りで終わってしまうことはないですか。
それは本当に頻繁にあります。
含み益になった後で損切りにかかったりすると精神的にも辛いものがありますよね。

そのような場合に分割決済は有効なのです。

トレードがうまくいき含み益が出た時にポジションのいくらかを決済しておくことで最低限の利益を確保する方法です。

分割決済の割合にもよりますが、残りのポジションが損切りにかかってもトータルではプラスマイナスゼロ以上を確保することも可能です。

また残りのポジションが上手く流れに乗ればさらに利を伸ばすことができます。

一方で含み損が発生している時に分割決済する場合もあります。

評価損がある場合の分割決済は、主にスワップ運用などで損切りの幅が大きい時に効果的な方法です。

例えばロスカットラインに近づいて強制決済されそうなところで含み損が出ているポジションを半分決済して損失確定することで、残りのポジションはロスカットラインまでいくらか余裕ができます。

ロスカットラインにかかるまでに、もし相場が反転してくれれば、損失の約半分が助かることになりますね。

このように含み益が発生している場合も含み損が発生している場合も両方分割決済をすることができます。

今回は含み益を分割決済する方法について詳しく説明していきます。

 

 

分割決済のメリットとデメリット

分割決済にはメリットもありますが、デメリットもあります。

理想的な分割決済は、例えば損切り10pips利益50pipsと設定してトレードした場合に目標の50pipsまで含み益を伸ばすことができれば半分決済します。

まだまだ伸びそうだと判断すれば、残り半分の損切りを0pips(建値)に移動させてさらに利益を伸ばします。

建値決済とはエントリーした値と同じ値、つまりプラスマイナスゼロで決済することです。

この場合、損切りになっても目標利益の半分は確保されたことなり、相場次第では目標利益以上を狙うことができますね。

デメリットとなるのは、相場がどのように動いたかにもよるのですが、例えば先ほどの設定で早々に分割決済してしまう場合です。

10pipsの含み益が出たところで半分のポジションを分割決済した場合に、その後目標の50pipsまで利を伸ばすことができたとしたら、一括決済の場合の4割ほど損をしたことになります。

2万ドル通貨の取引の場合(利益確定)
一括決済 分割決済
2万×50pips÷100=10,000円 1万×10pips÷100=1,000円
1万×50pips÷100=5,000円
合計 10,000円 合計 6,000円

もちろん結果論にはなってしまいますが、分割決済をした後で、残りのポジションが大きく利益を伸ばすことができたとしたら、結果的には分割決済はしないほうがよかったということになります。

一方でもし相場が反転した場合で損切りにかかる場合は、一括決済よりも損失額は小さく抑えることができるので、メリットになります。

先ほどと同じ設定で10pipsの含み益が出たところで、半分決済して、相場が反転して残りのポジションが目標まで達することなく-10pipsの損切りになった場合は、一括決済の場合と比べてどうでしょうか。

2万ドル通貨の取引の場合(損失確定)
一括決済 分割決済
2万×-10pips÷100=-2.000円 1万×10pips÷100=1,000円
1万×-10pips÷100=-1,000円
合計 -2,000円 合計 0円

分割決済の場合はたとえ損切りにかかったとしてもプラスマイナスゼロとなりますね。

このように分割決済は相場次第でメリットにもデメリットにもなります。

リスクをとって最大限に利益を狙うのには向いていませんが、損失額を抑えながら一定の利益を狙いたいという場合には分割決済はとても相性が良いです。

分割決済のもう一つのメリットとしては、トレードの精神的負担が少なくなることがあります。

例えば、10pipsの利益が出たら半分決済して、残りの損切りを-10pips以上にすると、その時点でマイナスになることはありません。

運が良ければ、さらに伸ばせますし、運が悪くてもプラスマイナス0です。

分割決済をせずに一括決済をする場合は、一時含み益が出ても、結局損切りで終わることも少なくないので、たとえ一括決済に比べて利益が少なくなることがあっても精神的には負担が減るはずです。

後でも説明しますが、分割決済をするのであれば、相場や自分のトレードスタイルに合わせたルールを作り、そのルールに従って機械式に分割決済するのが望ましいです。

どの程度利益が出たらどの程度決済するのかを全てその時の裁量で決めるのは難しく、結局は結果論ということになってしまうので、最初から自分のルールを決めておくことが重要です。

 

 

分割決済の具体的なやり方

どの程度利益が出たらどのくらい決済するのかということは、トレードスタイルによっても変わってきます。

ただ分割決済をするにしても、一括決済の場合のリスクリワードを基本にして考える必要があります。

例えば損切り10pips利益20pipsの設定(リスクリワード1 : 2)でトレードをしていたとしましょう。

この設定でプラス10pipsの利益で半分決済したとすれば、残り半分は30pipsまで伸ばすことを狙うのが理想です。

そうすれば、分割決済しなかった場合と同じ利益を目指すことができますし損切りにかかってもプラスマイナスゼロです。

ノーリスクなので、利益を伸ばせるだけ伸ばすこともできます。

ただし、このようにpipsをもとに考える場合は、相場や通貨ペア、時間帯などに最適化していないと上手く行かないことも多いです。

例えば、デイトレードで10pips程度は頻繁に取れるけど、30pipsまで利益を伸ばすことはなかなか難しい場合は、先ほどの例で説明したような分割決済の方法は上手くいきません。

相場環境や通貨ペアによっては損小利大にするのが難しいということです。

もちろん相場や通貨ペアの特徴に合わせて最適化すればいいのですが、日々変化する相場環境に合わせるのはなかなか難しいところがあります。

そこでおすすめとしては、基本は分割決済しないで、利益目標のラインを超えた場合に半分決済し、残り半分の損切りラインを利益目標ライン付近に設定することです。

もう少し具体的に説明しますね。

エントリーする場合、理想的なのは損切りライン利益確定ラインをあらかじめ設定することですよね。

その利益確定ラインを水平ラインやトレンドラインをもとに設定する場合に有効なのがこの分割決済方法です。

例えば以下のチャートでは、直近高値の抵抗線を参考にして、利益確定ラインを設定しています。

利益確定ラインに設定する理由についてはトレンドがそこで止まる可能性が高いからです。

ただし、そのラインを超えることができればさらにトレンドが継続していく可能性が高くなります。

このようなことを考えて、もし利益確定ラインまで達したら、反発するかブレイクするかを少し様子見します。

跳ね返されるようであれば、全ポジションを決済すればいいですし、もしブレイクした場合は、半分を決済して、残りのポジションの損切りラインを利益確定ライン付近に再設定します。

もしトレンドが続かずに戻ってきた場合でも利益確定ラインまでの利益は確保できますし、ラインを超えているので、さらに利益を伸ばすこともできます。

このように基本は分割決済なしで損切りライン、利益確定ラインを設定してエントリーして、うまく行った場合にのみ重要ラインを基準に分割決済をした方が、pipsありきで分割決済を考えるよりも、上手くいく可能性が高いです。

この方法がおすすめの取引スタイルは、順張りで利益を狙うトレードスタイルです。

 

 

ダメな分割決済とは

分割決済はデメリットのところでも説明しましたが、必ず上手くいくわけではありません。

一番良くない分割決済はルールがない分割決済です。

裁量によって分割決済するのは、相場に対応してできるのであればいいですが、なかなか難しいです。

ルールがないと大抵は感情がトレードに入ってしまい、利益が少なくなってしまう場合がほとんどです。

例えば、負けが続いた場合は数pips利益が出たくらいで、分割決済してしまうこともあるかもしれません。

その後に大きく伸びたとしたら、分割しなければ取れていただろう利益を失うことになってしまいます。

分割決済すると損失も少なくすることができますが、利益も少なくなる可能性もあるのです。

損小利大のトレードが望ましいですが、損小利小のトレードになってしまい、リスクリワードが崩れてしまう原因にもなってしまいます。

おすすめは上で説明したような重要ラインを超えた時だけ分割決済を考えることですが、もしpips単位で分割決済を考えるのであれば、相場環境や通貨ペアの特徴をしっかりと理解した上でルールを作り、そのルールを遵守してトレードをする必要があります。

 

 

分割決済ってどうやって注文するの

それでは実際にどのように分割決済の注文をするのかを説明していきます。

取引ツールは各会社で違うので、全てのツールで説明することはできませんが、ここではGMOクリック証券FXネオのスマホ版取引ツールでの分割決済の方法について説明しておきます。

注意事項としては、分割決済をしてしまうと、残りの保有ポジションのOCO設定、つまり損切り注文や利益確定の注文がリセットされることです。

なので、残ったポジションに対して新たに決済注文を設定する必要があります。

それではツールの画面を使いながら説明していきます。

エントリーした後に一番下のスピード注文タブをタップしましょう。

で取引数量を決めます。例では40万通貨の買いポジションを持っているので、半分決済するなら20と入力します。

の売りボタンをこの場合は押すと20万通貨分を決済することになります。

注文設定で両建がOFFになっていないと新規注文になるので注意しましょう。

また損切り注文と利益確定注文についてはリセットされるので、残ったポジションについて新たに設定しましょう。

一番下のトレードタブをタップします。

で建玉一覧をタップします。

で設定したいポジションを選択します。

すると注文設定画面になるので、決済注文の変更をします。

でOCO注文を選ぶと損切り設定も利益確定注文も同時に発注できます。

で取引数量を入力して、それぞれのレートを設定すればOKです。

成行のスピード注文でなく、レートを指定して分割決済したい場合もこの画面から設定します。

ただし、レートを指定して分割決済の注文を出した場合は、決済されると残りは損切り設定がないままポジションを保有することになるので注意しましょう。

 

分割決済するには最小取引単位も重要

資金が豊富で2万通貨以上の取引をする場合は特に問題がないですが、例えば最小取引単位が1万通貨の場合は決済も1万通貨単位になります。

この場合、1万通貨でトレードしていた場合は、そもそも分割決済ができません。

もし少額で取引をしているのであれば、100通貨単位での取引ができる「マネーパートナーズ 」がおすすめです。

例えば先ほどの1万通貨での取引の場合なら、極端に言うと100通貨単位で100分割決済が可能です。

そこまで細かく分割して決済することはないでしょうが、1,000通貨の取引であっても最大10分割決済できるということです。

少額で取引をしている場合はこの最小取引単位も加味して分割決済を考える必要があります。

\約定力No.1/

マネーパートナーズ の公式サイト

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

【DMM FX】入金

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

-FXを勉強しよう

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.