FXを勉強しよう

FXのローソク足チャートの見方を解説!隠された心理を読み取ろう!

投稿日:

FXのチャートの見方がよく分かりません。何から勉強すればいいのですか?
まずはローソク足の基本を理解して、チャートから何を読み取ればいいのかを知りましょう。では説明していきますね。

 

〜今回の要点チェック!〜

  • チャートを見るのはトレードの優位性を上げるため
  • ローソク足1つ分の形からも相場を予想することができる
  • 複数の時間足チャートを見るのは大切だが、どの時間軸のどの流れを狙うのかはっきりさせる
  • トレンドラインと水平線をマスターするだけでも優位性の高いトレードができる
  • 相場で売っている人と買っている人の心理を読むとチャートの動きが理解できる

 

FXのチャートの種類と基礎を知ろう

最初のうちはチャートを見ても、そもそも何を意味しているのか、見て何を読み取ればいいのか分からないということもあると思います。

FX初心者はまずチャートを正しく読み取ることから始めて見ましょう。

チャートの裏にある大衆心理を読み取れるかどうかで、トレードの優位性がかなり上がります。

チャートとは常に変動している通貨のレートをグラフに表したものです。

代表的なものはローソク足チャート、ラインチャート、バーチャートの3種類です。

共通するのは全て横軸が時間、縦軸が為替レートを表すことです。

ここでは視覚的にも分かりやすいローソク足チャートについて詳しく説明していきます。

為替レートが知りたいのならレート表示を見るだけでいいんじゃないですか?
チャートは横軸が時間となっているので、これまでの値動きを確認できるのが一番のポイントですね。

これまでにレートが上がっているのか、下がっているのか、しばらく動いていないのかなどがチャートからすぐに読み取れます。

そしてもう一つ重要なのが、チャートは「全てを語る」とも言われるように、単にこれまでの為替レートを示してくれるだけでなく、トレーダーの心理も現れます。

トレーダーの心理とは、「なんか下がってきたから持っているポジションを決済しておこう」、「この値を割ったら損切りをしよう」、「下げ止まったからここら辺で買っておこう」、「ここまで上がったら利益を確定しよう」というような心理です。

後で詳しく説明しますが、このような恐怖や焦りや期待など様々な心理、感情が隠されているのがチャートです。

これらの心理を読み取ることが、これからの値動きを推測するカギとなります。

チャートが理解できるようになると、これから上がるのか下がるのかがはっきりと分かるのでしょうか?
それは半分正解で半分違います。

こらからの相場を完全に当てることはできません。

超一流のプロトレーダーでもこれからの値動きが100%分かっている訳ではありません。

分かっているのは、「この場合は上がる確率が高い」、「この場合は下がる確率が高い」などの相場の優位性です。

FXで利益を上げるにはその優位性が分かるだけで十分なのです。

その優位性を教えてくれるのがチャートということになります。

FXにおいてはこのチャートの分析というものが欠かせません。

 

 

ローソク足の基本を理解しよう

ローソク足の形に似ていることからこの名前がついていますが、その形の意味を理解しておきましょう。

ローソク足1本分の時間は時間足で変わってきます。

チャート上で時間足を切り替えることができますが、主な足としては1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足などがあります。

例えば1時間足のチャートであればローソク1本分で1時間の値動きを表しているのです。

ローソク足の長さが長いほどその1時間で大きな動きがあったことを示しています。

ではローソク足の基本から説明しましょう。

例えば9時の1時間足をイメージしてみましょう。

9:00時点の値が始値(はじめね)です。

9:59時点の値が終値(おわりね)です。

始値よりも終値が高ければ陽線、始値よりも終値が安ければ陰線と呼びます。

高値安値は9:00~9:59の間で一番高い値と一番安い値です。

またローソク足は実体ヒゲと呼ばれる部分に分かれます。

陽線は白や赤で表され、陰線は黒や青で表されることが多いですが、チャートによっては自分で色を変えたりすることもできます。

 

 

ローソク足の形から心理を読み取ろう

次はローソク足の色々な形を見ていきましょう。

また例として9時の1時間足をイメージしてみましょう。

Aはヒゲと呼ばれる部分がなく実体のみですね。

始値安値終値高値が同じだということです。

9:00~9:59の間ずっと上昇していたことを示しています。

このローソク足の形は上昇の強さを表しています。ローソク足の長さが長いほど上昇の力は強いです。

またこの形の陰線は考え方が真逆になります。

Bは9:00から上昇したものの反転下落し、9:59の時点では9:00の値よりも下回ってしまったことを示しています。

上昇局面でこの形が出ると反転下落する可能性が高いです。

Cは9:00から上下に動いたものの結局は9:00とほぼ同じ値で9:59になったことを示しています。

流れが出ていないことを表しています。

DはBの逆で9:00から下落したものの反転上昇して9:00よりも少し高い値で9:59になったことを示しています。

下降局面でこの形が出ると反転上昇する可能性が高いです。

この他にも特徴的なローソク足の形はありますが、上で説明したローソク足の形と意味が分かれば対応できるでしょう。

このようなローソク足1本1本が集まってできたのがローソク足チャートです。

 

 

チャートの足とトレードスタイル

チャートのどの時間の足を見るのかはトレードスタイルによって変わります。

1日何十回もエントリーするようなスキャルピング1分足〜15分足

1日数回のトレードでその日のうちに決済するデイトレード15分足〜日足

長期に渡ってポジションを保有するスイングトレード日足〜月足

特に決まりはありませんが、参考にしてみて下さい。

スイングトレードの人でもエントリーする時は1時間足を見るということもあるでしょう。

とのくらいのエントリー回数でどのくらいの利益を1回のエントリーで狙うのかを決めると自然と見るべき時間足というものが分かってくるでしょう。

複数の足を見るのは相場環境を理解する上でも重要ですが、注意点としてはどの時間足の流れを基本にして狙うのかをはっきりさせることです。

例えば下のチャートは左が日足チャート、右が1時間足チャートですが、見る限りトレンドが反対ですね。

本当ですね。売ったらいいのか買ったらいいのか分からなくなりますね。
ポイントは複数の足のチャートを見るとしても、どの時間軸のどの流れを狙うのかをはっきりさせることです。

 

 

チャートに線を引いてみよう

ローソク足の基本が分かれば今度はチャートを見ながら線を引いてみましょう。

トレンドライン(射線)水平線の2種類を意識します。

トレンドライン

まずはトレンドラインですが、上昇局面では安値に注目して線を結んでいきます。

このトレンドラインがサポートライン(支持線)となりレートがラインまで下がれば反発する可能性があります。

ただ見てもらっても分かるように、トレンドラインはいつかは破られます。

またどこの安値に注目するかで複数のラインを引くことができる場合もあります。

例のように次第にラインの傾斜が緩やかになる場合は、上昇トレンドの力がなくなってきたことも意味しています。

初めのうちは自分がこれだと思うものをどんどん引いてチャート上で実際にトレンドラインとして機能しているかどうか確かめて精度を上げていきましょう。

 

反対に下降局面では高値に注目して線を結んでいきます。

このトレンドラインがレジスタンスライン(抵抗線)として機能し、ラインまでレートが上昇すると抑える働きをします。

このようにトレンドラインを意識するとトレーダーが注目しているレートが分かるようになり、優位性の高いトレードにつながります。

 

水平線

次に水平線にも注目しましょう。

下のチャートは先ほどの下降トレンドラインで用いたチャートと同じものです。

水平線を意識すると2つ引くことができました。

AとBで上値を抑える抵抗線として機能しています。

そして同じラインをそれぞれ過去に遡ると多少ズレてはいますが、ラインとして機能していたことが分かります。

このようにたくさんの反発が過去においてあるほどその水平線は意識されていると言えます。

以上がトレンドラインと水平線の基本中の基本です。

これを知っているだけでも、もしトレンドラインと水平線が混じり合う箇所を見つけることができれば非常に優位性が高いエントリーができます。

先ほどのトレンドラインと水平線を合わせてみました。

赤丸で売りエントリーができればかなり優位性が高いですね。

このようなエントリーポイントをどんどんチャート上で見つけていきましょう。

 

 

チャートに隠された心理を読み取ろう

少しずつローソク足チャートの見方が分かってきたでしょうか。

チャートを見ても自分が何を知ろうとしているのかが分からなければただの記号となってしまいます。

チャートを見て確認したいことはなんでしょうか。

チャートから確認したいこと

  • トレンド(流れ)が出ているか
  • トレンドがなくレンジ相場(上下に行ったり来たり)か
  • エントリーポイントはどこか
  • 利益確定ポイントはどこか
  • 損切りポイントはどこか

チャートを見る理由はとてもシンプルです。

それは損失を少なくして利益を大きく出すためです。

どこで入ってどこで出れば利益を出せる確率が高くなるのかを常に考えましょう。

初心者はまずトレンドに乗ることから考えると良いです。

つまり上昇相場で買いを狙う、下降相場を売りで狙うということです。

そのためにはまずトレンドが出ているのかをチャートから読み取る必要があります。

もし、トレンドがなくレンジ相場だった場合は作戦が違ってきます。

レンジ相場で利益を出すこともできますが、難易度が高いこともあり、初心者のうちはレンジ相場を諦めてトレンドのみを狙った方がいいです。

トレンド発生を確認したら、チャート心理を読み取ってエントリーポイント利益確定ライン損失確定ラインを決めていくことになります。

例としてチャートを用意しました。

Aの期間ではレンジ相場となっています。

ちなみにA以前はチャートが切れていますが、上昇相場でした。

Bの所でそれまでのレンジを下に抜ける動きとなりました。

ここでは次のような人たちがいます。

  • Aやそれ以前で買っていたが下がってきたので、慌ててポジションを決済する(売る)人
  • Aの期間で反転下落を狙って売った人(そのままポジションを保有)
  • レンジを抜けたのを見て新規で売りエントリーする人
以上からも分かるように、この場合は売り要素が強いため大きく下落していますね。

Cの地点では下落の流れが一旦止まりました。

ここでは次のような人たちがいます。

  • 売っていた場合、利益確定の決済(買い)をする人
  • 反転上昇することを狙って買う人
  • 下落の流れに乗り遅れてしまい売り場を狙っている人
売り買いが交錯することになり、流れが止まったり、少し戻ったり(上昇したり)しています。

Dが売りのエントリーポイントです。

下落後の戻り(上昇)が出て一旦止まっている所です。

  • 戻り(上昇)が止まっているということは反転を狙って買う人も少なくなります。
  • また下落に乗り遅れた人たちにとっては絶好の売りポイントになります。

Dで売りエントリーして損失確定ラインは少し前で戻りがあったライン、利益確定ラインは直近安値のラインに設定するとリスクリワード のバランスも取れたいいエントリーとなります。

その後を見てみるとこの場合は直近安値を割ってさらに下落しています。

このようにローソク足チャートには様々な心理が隠されています。

このような心理を考えることで、ローソク足の動きをつかむことができ、トレードの戦略を立てることができると言ってもいいでしょう。

今回はチャートを読む手助けとなるインジケーターとして水平線とトレンドラインしか触れていませんが、トレーダーの心理と合わせて考えることができれば、それだけでも利益を出すことは可能です。

まずはローソク足チャート、トレンドライン、水平線をしっかりとマスターして優位性の高いトレードを目指しましょう。

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

【DMM FX】入金

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

-FXを勉強しよう

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.