FX初心者におすすめの会社

マネーパートナーズのスマホアプリの使い方を初心者向けに徹底解説!

更新日:

マネーパートナーズ で口座開設したので、スマホでトレードを始めてみようと思うんですが、使い方がよく分かりません。
分かりました。それでは初心者が最低限知っておくべき使い方を説明していきますね。

今回はマネーパートナーズのパートナーズFX nanoのアプリ取引ツールを用いて注文方法を中心に説明していきます。

最小取引単位が100通貨なので、1,000円程度から始めることもでき、トレード練習をするのにも向いています。

今回の記事で注文方法など操作方法が分かればどんどん練習してみましょう。

 

マネーパートナーズの基本情報をチェック

まずはマネーパートナーズ のおさらいからです。

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

マネーパートナーズ のメリット

  1. 10年連続約定力No.1
  2. スプレッドは業界最狭水準(パートナーズFX)
  3. ハイスペックな取引ツール
  4. 外貨両替サービスの充実
  5. パートナーズFX(上級者向け)とパートナーズFX nano(初心者向け)を選ぶことができ少額からも始められる

マネーパートナーズ で口座開設をすれば、パートナーズFXとパートナーズFX nanoを同一の口座番号とパスワードで利用できます。

ログイン時にログイン先を選ぶことによって使い分けができます。

では違いを確認していきましょう。

パートナーズFX パートナーズFX nano
取引通貨ペア数 20ペア 18ペア
スプレッド 業界最狭水準 やや広め
取引単位 1万通貨 100通貨
スワップポイント マイナスが大きめ プラスマイナスほぼ同じ
取引ツール 全て利用可能 PCインストール不可
ロスカット水準 証拠金維持率40%以下 証拠金維持率100%以下

 ※2019/3/19時点

項目として載せていないものについては基本的に同じだと考えてください。

一番の違いとしては通貨単位です。

100通貨から始めることができるパートナーズFX nanoは1,000円あれば始めることができるので、初心者がトレードの練習をするのに適しています。

1万通貨以上で取引するならば、スプレッドの点でもパートナーズFXの方がいいです。

その他の項目についても異なる点があるので、パートナーズFX nanoからパートナーズFXに移行する際には注意しましょう。

 

 

アプリをダウンロードして始めてみよう

ではアプリをダウンロードしてみましょう。

仕様は同じですが、パートナーズFXはHyperSpeed Touch、パートナーズFX nanoはHyperSpeed Touch nanoでアプリ自体は別のものになります。

今回は初心者向けにHyperSpeed Touch nanoを使って使い方を詳しく説明していきますが、基本的な使い方は両方変わりません。

ダウンロードは以下からどうぞ。

AppStore iOS版(iPhone用)

Google play Android版(その他端末用)

 

 

基本的な操作を覚えよう

アプリをダウンロードできたら、口座開設時に送られた書類に記載されている「口座番号」と「初期パスワード」を入力してログインしましょう。

それではまずは各画面をざっと見てみましょう。

一番下にある5つの項目をタップすると画面が切り替わります。

項目は「マーケット」「チャート」「トレード」「建玉/決済」「メニュー」の5つです。

まずはこの5つの画面表示をしっかりと覚えておきましょう。

ちなみに入金がまだの場合は項目最後の「メニュー」からクイック入金を利用することもできます。

利用できる金融機関は8行で、各金融機関でインターネットバンキングの手続きが事前に必要です。

詳しくはこちらを参照下さい。

※マネーパートナーズ  スタートアップガイド

クイック入金が利用できない場合は、指定口座にATMや各金融機関窓口にて振込をしましょう。

指定口座は口座開設時に送られた書類に記載されています。

または会員専用サイトにログイン後「入出金振替メニュー」からも確認できます。

 

 

注文方法をマスターしよう

それでは最初に注文方法から詳細をみていきましょう。

注文方法は5通りあります。

注文方法

  • ASストリーミング
  • ストリーミング
  • 指値・逆指値
  • 連続予約注文

注文方法の基本についてはこちら記事を参考にして下さい。

 

ストリーミング注文

まずは2つのストリーミング注文から確認していきましょう。

ストリーミング注文とは成行注文とも呼ばれますが、現在のレートで売買するときの注文方法です。

ASストリーミングは、新規注文、決済注文を自動で判別する注文方法です。

新規注文(買)→決済注文(売)または新規注文(売)→決済注文(買)が1回トレードの流れです。

例えば、事前に新規注文で米ドル円買いのポジションを100通貨持っていたとします。

この状態で、米ドル円100通貨売りのボタンを押すと、買いに対する決済注文として成立します。

ストリーミング注文では同じ状況でボタンを押すと売りの新規エントリーとして成立します。(両建)

このようにASストリーミングは、反対売買として対応する注文がある場合は決済注文、ない場合は新規注文として扱われます。

注文画面はどちらも同じです。

一番下のバーから「トレード」を選びます。

で通貨ペアを選びます。

で注文方法を選びます。ここでは「ASストリーミング」「ストリーミング」のどちらかを選びましょう。

は取引数量です。パートナーズFX nanoの場合は100通貨単位での取引ができます。

は新規注文と同時に決済注文を同時に発注できる機能です。タップすると設定画面に移ります。利食い(利益確定)、損切り(損失確定)までのラインを何pipsに設定するかをそれぞれ決めることができます。

のレート表示の部分を押すと注文が成立します。(許容スリッページ範囲内の時)

許容スリッページの設定は、一番下の右の「メニュー」→「設定」に進むと各種設定画面に移動します。

 

指値・逆指値注文

次は指値・逆指値注文を確認しましょう。

ストリーミング注文は現在のレートでの売買なのですぐに注文が成立しますが、指値・逆指値注文はレートを指定して発注する注文方法です。

発注した後、指定のレートになった時に売買が成立します。

一番上部の項目から通貨ペアと注文方法を選びます。

ここでは「指値・逆指値注文」を選んでおきましょう。

指値現在よりも安く買うまたは現在よりも高いところで売る注文方法です。

簡単に言うと現在よりも有利なレートでの注文方法です。

逆指値現在よりも高く買うまたは現在よりも安いところで売る注文方法です。

簡単に言うと現在よりも不利なレートでの注文方法です。

例えば現在110.5のレートだった場合、110円まで下がった時に買いたいのであれば指値注文になります。

まで入力し、取引数量、有効期限を設定します。

「注文ボタン」をタップして注文終了です。

「IFD/IFO注文」は決済注文を事前に決めておく場合の設定です。利食い(利益確定)、損切り(損失確定)をそれぞれ設定します。

 

連続予約注文

連続予約注文とは、2件から最大20件までの注文を同時発注し、設定した条件が発動すると次の注文が有効となる注文方法です。

の注文方法で「連続予約注文」を選択します。

新規(指値のみ)と決済の注文を入力します。

で「2回目の注文を入力」ボタンを押す

は2回目の注文の発動タイミングです。「利食い決済」を選択すると1回目の注文が損切りで終わった場合は連続予約注文は終了です。

で2回目の新規と決済の注文を入力します。同じようにして最大20件まで好きなだけ注文を設定できます。

 

 

チャート画面を活用しよう

次はチャートを確認していきましょう。

下のバーのチャートを選択して画面を切り替えます。

で通貨ペアと時間足を変更できます。

はチャート画面から発注する機能です。

タッチしてモード切替

  • 発注モードオフ
    →発注できないモード
  • 発注モードST
    →チャート上にレート画面を表示させストリーミング発注モード
  • 発注モード指値(縦画面のみ)
    →画面右のレート部分をタッチしたまま上下に移動させ水平線から発注

発注モードSTの横画面が見やすくおすすめです。

の設定からはチャートのテクニカル指標を選択して表示できます。

オシレーターはチャートの下に2パターン表示できます。

テクニカル指標はPC並に用意されています。

テクニカル指標
トレンド系 オシレーター系
移動平均(単純) MACD
移動平均(指数) ストキャスティックス(スロー)
ボリンジャーバンド(標準) DMI
一目均衡表 RSI
エンベロープ RCI
HighLowチャネル 乖離率
スーパーボリンジャー
スパンモデル

 

 

建玉の決済や注文変更をしよう

エントリーしてポジションを持った後に、すぐに決済したい場合はどうすればいいのでしょうか?

いくらか方法はありますが、一番下の「建玉/決済」タブから決済してみましょう。

上部に「サマリ」と「一覧」タブがありますが、サマリは通貨ペアごとの合計の表示です。

一覧は建玉ごとの表示です。

今保有している全てのポジションを成行決済したい場合はをタップします。

通貨ペアごとに成行決済したい場合はをタップします。

建玉ごとに決済したい場合は「一覧」タブから任意の建玉をタップします。

ただし、既に決済注文を設定している場合はここからは変更できません。

設定した決済注文を変更したい場合はどうすればいいのですか?
それは右下のメニューから変更可能です。

メニューから「取引照会」「注文照会」と進み、決済を変更したい建玉をタップします。

「注文変更」「注文取消」が選択できます。

 

 

マーケット情報を確認しよう

では次に左下の「マーケット」タブを簡単に確認してみましょう。

中央上の「レート」「ニュース」「経済指標」を切り替えることで3パターンの表示があります。

いづれも上部にレート画面が表示されるので、ニュースを読みながらレートチェックもできます。

レート画面で通貨ペアを減らしたり、順番を変えたりしたい場合は右上の設定から簡単にできます。

 

 

まとめ

以上がマネーパートナーズ のスマホアプリ、HyperSpeed  Touch nanoの基本的な使い方です。

他にない特徴としては連続予約注文が利用できることです。

上手く使いこなすことができれば、システムトレードが手数料なしで利用できることになります。

またテクニカルが豊富なのも特徴の一つです。

チャートから注文できたり、決済同時注文も設定しやすいのもいいですね。

\約定力No.1/

マネーパートナーズ の公式サイト

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

【DMM FX】入金

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

-FX初心者におすすめの会社

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.