FX初心者におすすめの会社

みんなのFXの評判・口コミは?メリットとデメリットを徹底解説!

更新日:

みんなのFXの評判を友達から聞いて気になっているのですが、実際はどうなのですか?
比較的、新しい会社ですが、トレーダーが求めているポイントがよく分かっている会社ですね。それでは説明していきましょう。

みんなのFXの評判・口コミを見てみよう!

まずは最初に評判・口コミから見ていきます。

みんなのFXでは口座開設をすると3つのサービスを利用できます。

  1. 「みんなのFX」→基本のFX取引
  2. 「みんなのシストレ」→自動売買(システムトレード)
  3. 「みんなのオプション」→バイナリーオプション
今回は1についてのみ説明していきますね。

40代 男性 

トルコリラのスワップポイントが高いので利用しています。最近中国元も取引できるようになりスワップポイントも高く動きも安定しているので、取引してみようと思っています。

40代 男性 

スプレッドは以前から狭かったのですが、久しぶりにトレードしてみるとスワップがとても良くなっています。取引条件は他会社と比べても良いです。システムトレードがもう少し改善されればと思います。

50代 男性 

取引ツールはPC、スマホともに使いやすいです。スプレッドも極端に広がることもないので安心です。スプレッドは他のFX会社と比較して最も小さい水準だと思います。それに加えてスワップも高い方なので、ユーザーに良心的です。

40代 男性 

複数の会社の口コミなどを比べてみんなのFXで始めてみました。チャートがとても見やすいです。アプリをスマホに入れて取引していますが、とてもわかりやすいです。取引コストもとても良心的なので、初心者にとってはありがたいです。

40代 男性 

様々な会社を使ってきましたが、総合的に一番いいです。テクニカルがもっと充実すると良いですが、その他の点では満足です。特にスマホのアプリは使いやすく、スマホ中心の人には合っています。一方PCの取引システムは分かりにくいところがあり、最初は使いにくいです。トータルではとても良いです。

50代 男性 

メキシコペソ/円のスプレッドがだんだんと広がってきました。スプレッドは手数料なので、あげるなら事前に伝えて欲しいです。スワップポイントの高さに釣られた感じです。

30代 女性 

ドル円のスプレッドは0.3銭固定で小さいです。約定についても問題ないですが、指標時は大きく変動します。ツールはシンプルで見やすいので良いです。

20代 男性 

ドル円やユーロドルなどの通過ペアは他の会社に比べても狭い方ですが、その他の通貨についてはスプレッドは広い場合もあり、取引スタイルがスキャルピングの場合はおすすめできないです。取引通貨ペアも少なめです。

30代 男性 

最初は画面の見方や操作に慣れずに使いにくかったですが、使っているうちに慣れました。スプレッドは他者とあまり変わらず不満はないですが、約定のスピードが遅いような気がします。何度もエラーになってうまく取引ができませんでした。

40代 男性 

トルコリラが急落時にスプレッドが広がり、1円程度下で約定してしまった。他の会社と比べてもこれはひどい。

良い評判としては主要通貨のスプレッドと高金利通貨のスワップポイントについてが多いですね。Twitterの口コミも確認してみましょう。

一方でスワップポイントが変動することを嘆いている人もいますね。

また高金利通貨のスプレッドについても不満を持っている人がいますね。スプレッドについては後で詳しく解説します。

以上みんなのFXの評判・口コミをまとめてみました。実際のところはどうなのか各項目を次で見ていきましょう。

\スプレッド・スワップともに業界最高水準!/

みんなのFXの公式サイト

 

 

みんなのFXのメリットとは?

先程の評判・口コミの内容も含めてメリットについてまとめてみましょう。

みんなのFXを選ぶメリット

  • スワップポイントがとにかく高い
  • スプレッドについても業界最狭水準
  • 1,000通貨からの取引が可能で少額から始められる
  • 初心者にも使いやすい取引ツール
  • 24時間対応のコールセンターなどのサポート体制
まずはみんなのFXのメリットに注目して、各項目を次で詳しく説明していきます。

デメリットについては最後の方で確認します。

 

 

業界最高水準のスワップポイント

それではまずスワップポイントから確認していきましょう。

スワップ運用というのは通貨ペア間の金利差から利益を狙うものです。

低金利の通貨で高金利通貨を買った時に金利差分のスワップポイントというものが発生し、ポジションを保有している間は毎日付与されます。

反対に高金利通貨を売りでエントリーして保有するとマイナスのスワップポイントが発生することになるので注意が必要です。

スワップポイントは各国の政策金利をもとに決められるのですが、各社の裁量で自由に決めることができるため、同じ通貨ペアでも各社で異なります。

スワップ運用を目的とするのであれば、このスワップポイントは重要な項目となります。

スワップ運用を考えていない場合は気にしなくてもいいのですか?
そうです。例えば、短期売買を繰り返す、特にその日のうちにポジションを決済してしまうデイトレードの場合にはスワップポイントについては関係なくなります。

下の表は主要FX会社のスワップ運用に人気の通貨ペアのスワップポイントの平均とみんなのFXのスワップポイントを比べたものです。

米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 ランド円 トルコリラ円
みんなのFX 80円 -5 25円 30円 30 150 100
会社平均 58.2円 -16.6円 24円 24.8円 27.5円 121.7円 914.円

※1万通貨あたりの「買い」スワップポイント
※ランド円は10万通貨
※トルコリラ円以外は2019/6/27時点での主要12社平均
※トルコリラ円は2019/6/27時点での主要10社平均

上の比較表を見ると総じて平均よりも高いのが分かります。

特に米ドル円 / ランド円 / トルコリラ円のスワップポイントが高い数字となっていますね。

比較表には載せていませんが、メキシコペソも扱うことができ、スワップポイントも高い水準です。

また、マイナスのスワップポイントはプラスよりも多くなっている会社が多いのですが、みんなのFXでは基本的にプラスと同じ数字です。

売りでエントリーした場合は助かりますね。

\スプレッド・スワップともに業界最高水準!/

みんなのFXの公式サイト

 

 

スプレッドについても業界最狭水準

先ほどはスワップ運用に重要なスワップポイントについての説明ですが、今度はスプレッドについて確認していきましょう。

スプレッドは「買」と「売」のレート差のことでトレードごとに発生する取引コスト、つまり実質の手数料です。

スプレッドの値が重要になるトレードスタイルは何だか分かりますか?
スキャルピングなどでしょうか。
その通りです。短期売買を繰り返し取引回数が多くなるようであれば、スプレッドは重要な項目となります。

実際にシミュレーションしてみましょう。

ある通貨ペアのスプレッドが0.5銭(pips)だったとします。

10万通貨で取引した場合の1回のトレードの取引コストは500円です。

10万通貨で1日に3回トレードした場合にかかる1ヶ月の取引コストの合計はいくらでしょうか?
500円 × 3回 × 20日(土日除く) = 30,000円となります。

それでは次に主要通貨ペアにおいての13社平均、13社最小との比較表を見てみましょう。

みんなのFX 各社平均 各社最小
米ドル/円 0.3 pips 0.38 pips 0.27 pips
ユーロ/円 0.4 pips 0.64 pips 0.39 pips
英ポンド/円 0.9pips 1.19 pips 0.89pips
豪ドル/円 0.6 pips 1.00 pips 0.59 pips
NZドル/円 1.0pips 2.06 pips 0.99 pips
ユーロ/米ドル 0.3 pips 0.61 pips 0.3 pips

※1万通貨のスプレッドの比較
※2019/6/27時点

主要通貨全てにおいて13社平均よりも小さい値となっています。

また13社中で最小の通貨ペアもあります。

みんなのFXのように、スワップとスプレッドの両方の水準が高いというのはあまりないです。

 

 

1,000通貨からの少額で始められる

次は取引単位について確認していきます。

以前は1万通貨からの取引が基本でしたが、最近では1,000通貨から取引できるところも増えてきました。

ただ、今でも人気の会社においては1万通貨からの取引となっている場合があります。

みんなのFXは主要項目において高い水準であるだけでなく取引単位も1,000通貨なので、初心者が少額で始めるのに適しています。

実際はどのくらいの資金から始めることができるのですか?
最低資金と目安の資金があるので表にまとめてみました。

ドル円のレート110円として算出しています。

通貨単位 1pipsの損益 必要証拠金 目安の資金
1,000通貨 10円 4,400円 1万円
1万通貨 100円 44,000円 10万円
10万通貨 1,000円 44万円 100万円

必要証拠金が最低資金なのですが、みんなのFXは証拠金維持率100%を割るとロスカットになるので、現実的な資金とは言えません。

最低でも実効レバレッジ10倍程度の1万円を資金として始めるのが良いでしょう。

FXは以前から少額で始めやすいと言われていましたが、1万円から始めることができるのは初心者にはありがたいですね。

失ってもいいくらいの少額で始められるのは嬉しいですが、利益もその分小さくなります。

大きく利益を狙うとなると1万通貨以上は必要です。

トレードの経験を積んだら少しずつ取引数量を上げていきましょう。

\スプレッド・スワップともに業界最高水準!/

みんなのFXの公式サイト

 

 

初心者にも使いやすい取引ツール

評判をみていると取引ツールの使いやすさを述べているものも多くありました。

みんなのFXで使うことができる取引ツールを確認してみましょう。

みんなのFX取引ツール

  1. Webトレーダー
    →PCツール、ダウンロード必要なし、初心者向け
  2. FXトレーダー
    →PCツール、ダウンロード必要なし、上級者向け
  3. FXトレーダー アプリ版
    →スマホツール、アプリダウンロード必要、初心者から上級者まで

Webトレーダー

これはみんなのFXの取引ツール全てに言えることですが、デザインがとてもよく洗練されていてとにかく見やすいです。

Webトレーダーは、レイアウトの変更は限られていますが、もちろん全ての機能を使うことができます。

基本は上部にあるタブをクリックして下半分の表示を切り替えることができます。

レイアウト変更は限られますが、チャートを上半分に表示させたり、別画面で大きく表示させたりすることができます。

テクニカルも以下のものが用意されています。

これだけあれば十分でしょう。

トレンド系 オシレーター系
単純移動平均線 MACD
指数平滑移動平均線 RSI
加重移動平均線 RCI
一目均衡表 スローストキャスティクス
ボリンジャーバンド ヒストリカル・ボラティリティ
ピボットポイント 移動平均乖離率
エンベロープ モメンタム
パラボリックSAR ATR
スパンモデル DMI
スーパーボリンジャー ADX

下半分の表示を切り替えて、「売買比率」や「価格分布」を表示させることができるので便利です。

 

FXトレーダー

基本的な機能はWebトレーダーとほとんど同じなのですが、一番の違いはレイアウトを自在にカスタマイズできることです。

ウィンドウの大きさを変えたりすることで、1画面にあらゆる情報を表示させることができます。

たくさんの情報を見ながらトレードする場合はこちらがおすすめです。

とても使いやすいですが、他社のツールと差別化するような特別な機能があるというわけではありません。

ほとんど同じ機能が基本使えることからも初心者はより使いやすいWebトレーダーを利用するのがいいでしょう。

 

FXトレーダー(アプリ版)

アプリツールも操作性に優れ、とても使いやすいです。

各種ラインをチャート上に引くことができます。

時間足を変えると表示されませんが、同じ時間足なら消えることはありません。

チャート画面を見ながらのトレードもできます。

注意点としては、複数画面表示はできないのと、チャート上からラインを利用しての注文はできません。

注文画面もシンプルで見やすいので誤発注が少なくなりそうですね。

スマホアプリについても特別な機能はないですが、チャートを見て注文するという基本的なことがスムーズにできるのはいいですね。

デザイン、操作性共に大変優れています。

\スプレッド・スワップともに業界最高水準!/

みんなのFXの公式サイト

 

 

顧客第一主義のサポート体制

サポート体制についてはどうですか?
24時間コールセンターが対応していることもあり手厚いです。

今では24時間のサポート体制がある会社も増えてきたので時間の点では大差がないかもしれませんが、他の会社と異なる点として、みんなのFXは「顧客第一主義」を公式サイトに明記しています。

実際、公式サイトから「初めての方へ」をクリックすると初心者に必要な情報がわかりやすく提供されています。

さらに、ネット上で、どの通貨のキャンペーンを行って欲しいかなど顧客のアンケートをとり実際に反映しています。

スプレッドが狭い通貨ペア、スワップポイントが高い通貨ペアを見ても分かるように、顧客の声を大事にして、顧客のニーズをしっかりと把握しています。

 

 

その他の押さえておきたいポイントは

高い約定率

約定率についても公式サイトに記載されており、みんなのFXの自社調調査で「99.9%の約定率」との結果が出ました。

約定率とは注文が拒否されることなく成立する割合のことです。

約定率については確かに強みかもしれませんが、気になる点が1つあります。

この調査にはスリッページ設定がなされていないことです。

つまりレートが滑って約定したものも含まれているということです。

またスプレッドが広がった上での約定ということもありえます。

確かに約定率は高いかもしれませんが、公表されているスプレッドの値で常に約定する訳ではないことを頭に入れておきましょう。

 

ロスカットについて

みんなのFXではロスカット水準が「証拠金維持率100%以下」と比較的早い段階でロスカットされます。

FX会社の中には、証拠金維持率50%までロスカットされなかったり、さらにもっとロスカットラインが下の場合もあります。

ただし、ロスカットラインが低い会社でも証拠金維持率100%以下になると追加入金が必要です。

証拠金維持率は基本的に常に100%を維持する必要があるので、トレードスタイルによっては問題にならないでしょう。

逆に早いうちにロスカットになることで多くの資金を守ることができるとも考えられます。

スワップ運用をする場合には長期保有してロスカットに合わないことがポイントになるので、その場合はマイナスのポイントになるでしょう。

 

ダイレクト入金

入金方法はダイレクト入金振込入金の2通りあります。

ダイレクト入金は手数料がかからず、口座に反映されるまで時間がかからないのでおすすめです。

事前に提携金融機関のインターネットバンキングの手続きが必要ですが、みんなのFXは提携金融機関が340行と多いので、大変便利です。

ちなみに振込入金は手数料がかかるのと口座反映までに時間がかかります。

\スプレッド・スワップともに業界最高水準!/

みんなのFXの公式サイト

 

 

みんなのFXのデメリットとは?

ここまでで主にメリットについて詳しく説明してきましたが、デメリットについても確認していきましょう。

口コミや評判で多かった良くない項目をまとめてみました。

良くない評判

  1. スプレッドの原則固定時間がAM8:00から翌日AM5:00となっていて、スプレッドが大きく広がる時がある
  2. PC取引ツールが使いにくい
  3. 主要通貨以外のスプレッドも小さくして欲しい
  4. 自己資本規制比率が心配

から確認すると、スプレッドについてはどの会社も多かれ少なかれ広がります。

特に流動性が低い早朝や、重要指標発表時においてはスプレッドは広がるものです。

口コミの中にはスプレッドの広がりについては好意的なものもあり、みんなのFXが極端に広がっているという訳ではありません。

スプレッドが広がる時間を避けてトレードをすることで回避できるでしょう。

についてですが、取引ツールについてはやはりそれぞれの会社で使い方が異なり、合う合わないがあるかと思います。

個人的な感想としてはPCツールについては、特別なことができる訳ではありませんが、シンプルで使いやすい印象です。

この点については口座開設も無料でできるので、実際に使ってみて確かめるのが一番でしょう。

についてですが、確かに主要通貨に比べるとその他の通貨ペアのスプレッドは高く設定されています。

これはみんなのFXに限らず全てのFX会社に言えることで、主に通貨ペアの流通量が関係しています。

その他の通貨ペアについても他者と比べるととても狭い水準であることが分かります。

また、初心者の場合ならまずはリスク管理の点からも取引量が多い主要通貨、ドル円やユーロドルなどの通貨ペアから始めるべきなので、あえて他の通貨を選ぶこともないと思います。

ユーロドルであれば、国内会社の中で一番スプレッドが狭いと言ってもいいでしょう。

についてはおそらく過去のことだと考えられます。自己資本規制比率とは会社の経営状況を測る指標で、どのくらいリスクに対応できるのかを表したものです。

金融商品取引法で120%以上を保つことが義務付けられています。

以前は100%台ということもあったようですが、2019年3月末現在では376.6%となっているので心配する必要はないでしょう。

 

 

キャンペーン情報

みんなのFXでは定期的にキャンペーンを行っています。

新規口座開設キャンペーンについては特にキャッシュバックの金額が他の会社と比べてもとても高いです。

ただ注意して欲しいのはキャッシュバックを狙って取引数量を増やしてトレードの回数が増えるとそれだけ資金を失うリスクも高まります。

キャッシュバックを狙うはずだったのにそれ以上の損失が出てしまうようではもったいないですよね。

まずは取引数量に左右されないキャッシュバックを狙っていきましょう。

\スプレッド・スワップともに業界最高水準!/

みんなのFXの公式サイト

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

FX取引高世界第1位

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

-FX初心者におすすめの会社

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.