FX初心者におすすめの会社

GMOクリック証券FXネオはいくらから取引できる?最低入金額は?

投稿日:

まもる先生、あるFX会社では最低入金額が5万円のところもあるって聞いたのですが、GMOクリック証券FXネオに最低入金額はありますか?
自分で調べることも大切ですが、今回はいくらから取引できるのかも含めて私から説明しましょうか。

 

今回の要点チェック!

  • GMOクリック証券FXネオは最低入金額を設定していないが最低取引単位は1万通貨
  • 米ドル/円を1万通貨取引する場合の必要証拠金(最低必要なお金)は4~5万円
  • 余裕を持ってトレードするためには、必要証拠金に加えて余剰金が必要
  • 余剰金をいくら入金するかで実効レバレッジが変わる
  • 自分の取引スタイルと資金をもとに実効レバレッジを考える

最低入金額ってあるの?

端的に言うと、GMOクリック証券FXネオに最低入金額はありません。

なので、口座を開設して入金しなくても何の問題もありません。

ただトレードをしようと思ったら、そもそも資金を入金しなければできませんよね。

最低入金額が決まっている会社も、「最低取引単位で必要な資金をまずは入金しましょう」と決めているだけにすぎません。

その口座でトレードをするつもりがあるのなら最低入金額があるかないかは、あまり気にしなくてもいいのです。

そうなんですね。それを聞いて少し安心しました。

 

 

GMOクリック証券FXネオの最低取引単位は?

ではその最低取引単位というものが、最低必要な資金に関わっているのですね。
その通りです。だいぶん分かってきましたね。
GMOクリック証券FXネオの最低取引単位はいくらですか?
1万通貨単位です。最近では1通貨から取引できるFX会社もあるのでこの設定は高めと言えるでしょう。

ただし、かつては1万通貨単位の取引が当たり前でした。

よく1万通貨を1ロットと表現することもあるくらい基本の取引単位でした。

ただ、最近は1,000通貨単位で取引できる会社も増えてきて、さらには1通貨から取引できる会社もでてきました。

よく分かりました。では例えば1万通貨で取引する場合、資金はどのくらい必要なのですか?
今日はとても勉強熱心ですね。少し難しい話になりますが、よく聞いてくださいね。

 

 

1万通貨で取引するにはいくら必要なの?

必要証拠金って何?

それでは、1万通貨で取引するときに必要な資金を考えてみましょう。

計算しやすいように最初は1ドル100円として米ドル/円を取引するのをイメージしてみましょうね。

1万通貨ということはこの場合1万ドル通貨ということになります。

例えば1万ドル通貨を買う場合を考えてみましょう。

円に換算すると、

1万ドル × 100円 = 100万円

となり、必要な資金は100万円になります。

えっ!!そんなに必要なんですか?
まあ、待ってください。話は終わっていませんよ。

これはレバレッジがない場合の話です。

FXは国内なら最大25倍のレバレッジが利用できるので、言いかえると25分の1の資金で同じだけの取引ができます。

なので、先ほどの資金100万円の25分の1 つまり4万円となりますね。

1ドル100円の時、1万ドル通貨を取引する場合、最低4万円が必要になるということですね。

この最低必要な資金を必要証拠金といいます。

その時の米ドル/円のレートにより異なりますが、1ドル110円を中心に考えると必要証拠金はおよそ4万円から5万円です。

 

 

レバレッジの変更の仕方は?

では1万通貨を取引するには1ドル110円の今なら44,000円くらいあればいいんですね。
ちょっと待ってください。

必要証拠金というのはレバレッジMAXの本当にギリギリの資金を意味します。

トレードして少しでも予想と反対にレートが動けば、マイナス分を追加で入金しなければいけません。

追証システムについては別で説明しますが、必要証拠金は100%を維持するようにしなければいけないのです。

余裕を持って取引しなければいけないのですね。
そうです。そこで大事になってくるのがレバレッジです。

国内のほとんどがそうですが、GMOクリック証券FXネオはレバレッジ25倍で固定されています。

レバレッジの変更は、必要証拠金に対して資金をどれくらい入金するかで調整することになります。

この投入資金によって調節できるレバレッジを「実効レバレッジ」と呼んでいます。

例えば、さっきの例で、1ドル110円なら1万ドル通貨を買うのに必要証拠金が44,000円ですね。

資金として最低額の44,000円を入金すると実効レバレッジは最大の25倍になります。

この場合は余剰金がありませんね。

もしその2倍の88,000円の資金を入金すると実効レバレッジは2分の1になって12.5倍になります。

この場合は余剰金が44,000円になりますね。

このように必要証拠金に対してより多くの資金を入金することで実効レバレッジは下がります。

 

 

1万通貨の取引をシミュレーションしてみよう

では実際に取引を実効レバレッジごとにシミュレーションしてみましょう。

米ドル/円のレートを1ドル110円として1万ドル通貨の取引をイメージしましょう。

必要証拠金(1万通貨) 入金額(資金) 実効レバレッジ
44,000円 44,000円 25倍
44,000円 55,000円 20倍
44,000円 73,334円 15倍
44,000円 88,000円 12.5倍
44,000円 100,000円(10万円) 11倍
44,000円 110,000円(11万円) 10倍
44,000円 220,000円(22万円) 5倍
44,000円 1,100,000円(110万円)  1倍

 

実効レバレッジ5倍のとき

上の表から実効レバレッジを5倍にするなら資金を22万円投入する必要があります。

もし損失が重なり、資金が必要証拠金の44,000円を割り込むと「追証」というものが発生し、証拠金額を回復するまで追加入金を求められます。

さらにGMOクリック証券FXネオの場合は、必要証拠金が半分を割るとロスカットになります。

詳しくは別にて説明しますが、とにかく必要証拠金は少なくとも100%を維持しなければいけません

常に資金が44,000円以上必要なことを前提とすると、

22万円 - 44,000円 = 17万6千円

の損失まで耐えることができます。

値幅で言うと、17.6円つまり1,760pipsの損失まで耐えることができます。

1回の損切りを10pipsと設定すると176回負けるまで耐えることができます。

利益についても教えてください。

利益も同様に、1万ドル通貨の取引なので、1円(100pips)動いたら1万円の利益が発生します。

10銭(10pips)なら1,000円の利益です。

例えば勝率5割で、1日2回トレードをすると仮定しましょう。

つまり1勝1敗ですね。

利益20pips、損失10pipsで決めてトレードすれば1勝1敗でも1,000円の利益ですね。

これを1ヶ月間つまり平日20日続ければ、2万円の利益となります。

簡単なようで、継続するのは難しいですが、取引の例としてイメージできたでしょうか。

 

実効レバレッジ10倍のとき

実効レバレッジを10倍に設定するためには、表から分かるように資金が11万円必要です。

先ほどと同じように考えると、

11万円 - 44,000円 = 6万6千円

の損失まで耐えることができます。

値幅で言うと、6.6円つまり660pips分の損失まで耐えることができます。

1回の損切りを10pipsと設定すると66回負けるまで耐えることができます。

利益の計算としては、同じ1万通貨なので先ほどの例と同じです。

 

実効レバレッジ20倍のとき

実効レバレッジ20倍の取引に必要な資金は55,000円です。

先ほどと同じように考えると、

55,000円 - 44,000円 = 11,000円

の損失まで耐えることができます。

値幅で言うと、1.1円つまり110pips分の損失まで耐えることができます。

1回の損切りを10pipsと設定すると11回負けるまで耐えることができます。

利益の計算としては、同じ1万通貨なので先ほどの例と同じです。

 

 

できるだけ少ない資金で始めるには?

もし最低取引単位の1万通貨で考えると、資金は44,000円以上あればトレードは可能です。

ただその場合はすぐに必要証拠金をすぐに割り込むことになり、上で述べたようなリスクを伴い、現実的ではありません。

現実的に考えてなるべく少額で始めたいということであれば、実効レバレッジ20倍程度が限界でしょう。

つまり必要証拠金が55,000円程度です。

例えば実効レバレッジ20倍で取引する場合は、110pips分の余裕はあるので、利益20pips、損失10pipsだとすると1勝2敗以上の結果を継続して出すことができるのであれば、資金は減ることなく増えていくでしょう。

これも簡単なようで難しいので、まずはトレードの練習が必要です。

また長期間ポジションを保有して損切り幅も広めに設定したい場合はもう少し資金に余裕があった方がいいです。

 

 

資金は多ければいいという訳でもない

つまり証拠金損失リスクは高いけど55,000円程度あれば1万通貨から始められるということですね。
その通りです。必要証拠金の維持率100%を切るまでの値幅は狭いので、正しい損切りをマスターする必要があります。
逆に資金に余裕があれば、どのくらいの実効レバレッジが良いのですか?
実効レバレッジは10倍程度あると余裕を持ってトレードできるでしょう。

ただし、シミュレーションした通りロスカットまでには余裕がありそうですが、損失リスクは減った訳ではありません。

今回は1万ドル通貨に取引量を固定して説明しているので、同じトレードをしたならば、損失額または利益額は実効レバレッジがどうであろうと全く同じです。

つまり実効レバレッジによって値幅と損益の関係が変わることはありません。

例えば、資金がギリギリの時、余裕がある時にかかわらず、10pipsの損益はどちらも同じ1,000円です。

さらにはロスカットまでの値幅があるというのは、場合によっては逆にリスクになります。

それはどういうことですか?

例えば、損切りができない初心者トレーダーがいると考えてみましょう。

損失を確定できずに損を膨らませていくと、行き着く先はロスカットですよね。

繰り返しますが、GMOクリック証券FXネオの場合は証拠金が50%を割り込むとロスカットになり強制決済されるので、上の例の場合だと資金が22,000円を割り込むとロスカット執行となります。

実効レバレッジ10倍の時は、必要資金が22万円だったので、失う金額は

22万円 - 22,000円 = 19万8千円ですね。

実効レバレッジ20倍の時のロスカットはどうでしょう。

実効レバレッジ20倍の時は、必要資金が5万5千円だったので、失う金額は

55,000円 - 22,000円 = 32,000円ですね。

口座に資金があるほど、多くのお金を失うリスクもあるので、初心者のうちは実効レバレッジを下げたからといって必ずしも安全ではないことを頭に入れておきましょうね。

まとめると、同じ取引数量(1万通貨)で考えるならば、実効レバレッジがどうであれ損失リスクは変わりません。

まずはしっかりとトレードの練習をして自信をつけてから、自分の資金や取引スタイルと相談して自分に合った実効レバレッジを考えてみましょう。

 

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

FX取引高世界第1位

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

-FX初心者におすすめの会社

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.