FX初心者におすすめの会社

FXプライムbyGMOのアプリツールの使い方を分かりやすく解説!

更新日:

FXプライムbyGMOをiPhoneで始めてみようと思うのですが、使い方などを詳しく教えてもらえますか?
さすがですね。FXプライムbyGMOは特にアプリのツールの評判が良いです。それでは使い方、注文の仕方などを説明しますね。

FXプライムbyGMOの基本情報をチェック

それではまずは簡単に基本情報の確認からしましょう。

FXプライムbyGMO

女性デザイン

まずはFXのプロトレーダーが認める高い約定力があります。GMOインターネットグループの強みを生かして強靭なシステムとサーバーを備えています。1,000通貨からの取引ができ、充実したマーケット情報が豊富に用意されており、オンラインセミナーなども充実しているので、初心者にもおすすめしたい会社です。また取引ツール、特にスマホアプリは使いやすいと評判です。

FXプライムbyGMO 基本情報
取引単位 通貨ペア数
1,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.6 銭 0.6 pips 0.9 銭 1.8 銭

詳細ページへ

公式サイトへ

FXプライムbyGMOのメリット

  1. FXのプロトレーダーも認める高い約定力
  2. 1,000通貨からの取引で少額から始められる
  3. 売買の判断をサポートする取引ツールが充実
  4. 鉄壁の取引システムと強靭なサーバー
  5. 豊富なマーケット情報と充実したオンラインセミナー
それでは、FXプライムbyGMOで使える取引ツールを確認してみましょう。

取引ツールについては以下のものが用意されています。

取引ツール

  • PC取引ツール(ブラウザ型)
  • iPhone / Androidアプリツール
  • iPadアプリツール
  • スマホ・タブレット取引ツール(ブラウザ型)

今回はiPhone / AndroidのアプリツールとiPadのアプリツールの使い方をメリット、デメリットも確認しながら詳しく見ていきましょう。

アプリ名は「PRIMEアプリS」です。

iOSはApp Storeから、AndroidはGoogle Playからダウンロードできます。

検索に「FXプライム」と入力すると出てきます。

 

 

ホーム画面をチェック

それではまずはスマホアプリのホーム画面をチェックしましょう。

iPhoneのアプリを使って説明しますが、Androidの操作方法もほとんど同じです。

一番下のメニューバーの左の「ホーム」をタップしましょう。

からハイスピード注文画面に移動できます。どの画面表示の時もこの位置に用意されているので、即座に注文することができます。詳しくは注文方法の説明の時にします。

の3つのタブを選択することで画面表示を変更することができます。上の画面ではチャート画面を表示させています。

下半分をニュース画面に変更したり、「ぱっと見テクニカル」を利用することができます。

「ぱっと見テクニカル」とは通貨ペアと時間足を選択すると、現在のチャートの形を確認して、過去のデータから最も近いチャートを探し出し、これからの値動きを予想するものです。

はレート画面です。上下にスワイプすることで一覧を表示させることができます。また任意の通貨ペアをタップすることで、すぐに注文画面に移動できます。並びなどの設定は「レート一覧」タブから行うことができます。

のチャート画面はタップすると大きなチャートに移動します。チャートの設定についても「チャート」タブから行います。後で詳しく説明します。

ホーム画面は複数の画面を一度にチェックするのに便利ですね。

 

 

レート一覧画面をチェック

次は下のメニューバーからレート一覧タブを選択してみましょう。

でレート表示の大きさを小・中・大に変更できます。上の例では中の大きさです。各通貨ペアをタップすることで注文画面に切り替わります。

でレート表示の設定画面に移動します。

で通貨ペアごとに表示するかしないかを選択します。必要な通貨ペアのみ表示させるようにしましょう。

を長押しした後に上下させることで通貨ペアの並び順を自分の好きなようにカスタマイズできます。よく使う通貨ペアを上位に持ってきましょう。

ちなみに下のメニューバーの真ん中3つは自分の好きな項目に変更できます。

メニューバーから右のメニュー項目を選んだあとで、右上の編集ボタンをタップします。

配置変更画面に切り替わるので、必要な項目を長押しした後、ドラッグしてメニューバーの真ん中3つと入れ替えましょう。

色々試してみるといいですが、デフォルトも使いやすい設定になっています。

 

 

保有ポジション画面をチェック

次は下のメニューバーから真ん中の保有ボジションタブを選択しましょう。

「ポジション状況」タブをタップすると現在保有しているポジション一覧が出ます。

操作したい注文をタップすることで、決済注文を設定したり、決済注文が設定されている場合は注文訂正や取消をすることができます。

決済注文の設定の仕方については注文方法の際に説明します。

「注文状況」タブでは注文中でまだ約定されていないものを確認することができます。

「新規タブ」「決済タブ」を選択して注文状況を確認してみましょう。

操作したい注文をタップすることで、注文訂正や取消をすることができます。

 

「口座照会」タブでは現在の証拠金維持率の確認や、評価損益、使用中の証拠金と使用可能な証拠金などが参照できます。

 

 

チャート画面をチェック

それでは下のメニューバーからチャートタブを選択してみましょう。

で通貨ペアと時間足を選択します。時間足はティックも合わせると13種類の中から選択することができます。通常用意されている足種より多いですね。

で設定したチャートAからチャートDまでの4パターンのチャートを設定できます。

はチャート上の高値、安値などの表示をON / OFFするボタンです。

で縦向き、横向きを切り替えることができます。

のエリアをタップし続けて上下にスライドさせることで水平線を移動させることができます。

のエリアをタップし続けて左右にスライドさせることで垂直線を移動させることができます。個人的にはこの水平線と垂直線の使い勝手が重要なのですが、とても操作しやすいです。

からラインをチャート上に描画できます。時間足を変えてもそのまま表示されますが、ラインを引くのに少し慣れが必要です。

から各種設定をしていきましょう。上部のタブからチャートAからチャートDまでを個別に設定できます。すぐ下の表示をONにすることで、チャート画面に表示できます。チャートAからチャートDまで全てONにすると4分割表示にすることもできます。

 

トレンド系のテクニカルは7種類の中から2つオシレーター系のテクニカルは8種類の中から1つ表示できます。

 

チャートのカラーパターンも6種類の中から選択することができます。左上からパターン1で右下がパターン6です。背景の色も変えることができるのはいいですね。

全ての設定が終わったら右下の実行ボタンを押しましょう。

 

注文方法をチェック

それでは注文方法をチェックしていきましょう。

まずは注文方法の種類の確認です。

注文方法の種類

  • ハイスピード注文
  • 成行
  • 指値・逆指値
  • イフダン

ハイスピード注文

まずはハイスピード注文画面への行き方を確認しましょう。

どのタブにも左上にハイスピード注文のアイコンがあるのでそこをタップすることで移動できます。

またメニューバー右の「メニュー」→「ハイスピード注文」から移動することもできます。

それでは上のハイスピード注文画面の説明をしていきましょう。

で通貨ペアと取引量を選びます。

のどちらかをタップするだけですぐに発注となります。

はポジションを保有したあとで、全決済する時のボタンです。

は注文と同時に逆指値(損切り)の設定確認と両建ての設定確認です。

設定については「メニュー」「各種設定」「基本設定」と進んでいきます。

基本設定画面で逆指値の設定と、両建ての設定をしておきましょう。

逆指値の設定をどのくらいにするかはトレードスタイルにもよって変わってきますが、リスクリワード、損失と利益の比率が1 : 3以上になるように心がけましょう。

両建てONにすると全ての発注が新規注文として扱われることになります。

OFFにした場合は、同じ通貨ペアで対応する売買があった時には決済注文、ない場合は新規注文として扱われます。

決済注文として扱われる場合にどのポジションから決済していくのかを決済順の項目で設定できます。

他社によくある「スリッページの設定」がないですが、スリッページなし、約定率100%を強みにしているので、設定する必要がないということでしょう。

ただし、逆指値(損切り)については注文の性質上スリッページが発生する可能性があります。

設定が終われば、右下の実行ボタンを押しましょう。

おすすめは横画面にしてレートを見ながらワンタップでハイスピード注文を利用する方法です。

評価損益もリアルタイムに変動するので、決済のタイミングも逃しません。

 

成行

その他の注文画面にはレート一覧画面の各通貨ペアをタップすることで移動できます。

上部のタブを「成行」に設定すると成行注文画面になります。

成行つまり現在のレートで注文する場合は基本は先ほどのハイスピード注文を利用するのが良いです。

注文の種類としては同じですが、違いとしてはスピードとリアルタイムにより対応しているのがハイスピード注文です。

例えば、リアルタイムに変動する損益を確認しながら決済注文を出すことができます。

また横画面にするとレートを見ながら発注することも可能です。

タップ数が少ないのもメリットです。

例えば買いのポジションを10万通貨持っていて、レートが112円になったら決済して今度は売りで新規エントリーしたいという場合はどうでしょう。

ハイスピード注文なら112円になった時に20万通貨売りをワンタップするだけで、買いのポジション10万通貨の決済と売りで10万通貨新規エントリーが同時にできます。

これは利益確定の例ですが、予想に反してレートが動いた場合は損失確定と新規エントリーを同時に発注することもできます。

 

指値・逆指値

指値・逆指値はレートを指定して注文する方法です。

現在よりも安いレートで買う、または現在よりも高いレートで売るのが指値です。

現在よりも高いレートで買う、または現在よりも安いレートで売るのが逆指値です。

現在よりも有利なレートでエントリーするのが指値、不利なレートでエントリーするのが逆指値です。

 

イフダン

イフダン注文とはレートを指定して新規注文決済注文を同時に発注する方法です。

決済注文については、利益確定注文なら指値、損失確定注文なら逆指値、両方同時に注文するならOCOとなります。

OCOはどちらかが成立するともう一つは失効します。

で先ほどの指値・逆指値エントリーと同じ要領で新規注文を設定します。

指値(利益確定注文)逆指値(損失確定注文)OCO(両方を同時注文)を選択して値を入力します。

 

プッシュ通知機能をチェック

便利な機能であるプッシュ通知機能をチェックしていきます。

「メニュー」「プッシュ通知」と進んでいきましょう。

3種類の通知を選択することができます。

まずはレート通知です。これは他社でもよくありますが、レートを設定してそのレートに達したらアラームで伝えてくれます。

そしてレート変動幅通知です。急騰急落するような場合にチャンスを見逃さない、またはリスク回避をするためのものです。あらかじめ変動幅と時間を設定しておきます。

経済指標通知は国と重要度、何分前に通知するかを設定することができます。

通知は電源を切っていてもプッシュ通知で知らせてくれます。またそこからすぐに注文画面にも移ることができます。

3種類もの通知を提供してくれるのはあまり他社ではないですね。

 

 

iPad版のアプリをチェック

FXプライムbyGMOの「PRIMEアプリS」はiPad版もあります。

他社の中にはスマホアプリをそのまま拡大してiPadアプリとしている場合もありますが、このアプリはiPadに最適化されているだけでなく、iPad独自の機能も追加されており、iPadを持っているなら間違いなくこちらを使った方がトレードが捗るでしょう。

まずはレイアウトのカスタマイズが自在です。

メイン画面の表示を2分割、3分割、4分割から選ぶことができます。

そして分割の項目については左のメニューからドラッグで好きなものを選ぶことができます。

もちろんハイスピード注文もすぐに呼び出すことができます。

そしてiPadだけの機能として水平線からの注文があります。

チャート画面での注文をタップします。のエリアを押しながら上下に移動させると水平線を調節できます。自分の注文したいレートに合わせて指を話すとの注文画面が出てきます。

チャート常に線を引くのもスマホアプリに比べて格段に引きやすいです。

レイアウトが非常によく考えられていて見やすく、また自在にカスタマイズできるのもいいですね。
スマホ版に比べてもパワーアップしている箇所もあり、ぜひ利用したいですね。

\高い約定力と豊富な情報力!/

FXプライムbyGMOの公式サイト

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

【DMM FX】入金

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

-FX初心者におすすめの会社

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.