FX初心者におすすめの会社

DMM FXはスマホアプリだけで大丈夫?始め方、使い方をレビュー

投稿日:

DMM FXをスマホだけで始めようと思うのですが、できるでしょうか?
今はスマホアプリもPCツール並みの機能も備わっています。では一番最初のアプリダウンロードから取引まで詳しく解説しましょう。

 

〜今回の要点チェック!〜

  • スマートフォンがあれば、口座開設から、入金、取引まで問題なく行える
  • PCとの大きな違いはチャート表示機能
  • 本格的に過去検証したり、テクニカル分析をしていくということであればPCも併用するのがおすすめ

 

スマホアプリをダウンロードしよう

それではスマートフォンのみを使っていざFXを始めてみましょう!

DMM FXのスマートフォンアプリについてはもちろんiOS版もAndroid版も対応していますが、ここではiOSバージョンで説明していきます。

使い方としては基本的に同じなので、Android端末で取引する場合も参考にしてみて下さい。

それではさっそくアプリをダウンロードしてみましょう。

iPhoneでiOS版をダウンロードする場合はApp Storeからその他の端末でAndroid版をダウンロードする場合はGoogle Playからダウンロードすることになります。

アプリ名である「DMM FX」を入力して検索し、ダウンロードします。バーチャルタイプもあるので、間違えないように注意しましょう。

 

 

 

 

口座開設をしてみよう

アプリがダウンロードできたら次はアプリから口座開設をしてみましょう。

流れとしてはPCからの口座開設と同じです。

全体の流れや注意点についての詳細はこちらを参照してください。

まずはアプリを開いて、左上のメニューボタンを押します。

メニュー項目の下の方に「口座開設」とあるのでタップして「本取引口座開設」を選択します。

※別の方法として、ログイン画面に入って下の方にある「口座開設」ボタンを押すこともできます

すると次のような口座開設申し込みフォーム画面に切り替わるので、必要事項を入力していきます。

以上が口座開設の申し込みフォームの記入事項です。

5分程度あれば全ての項目が入力できます。

注意点ですが、金融資産、自己資産の入力です。

この額があまりにも少ないようであれば、審査に通らない場合もあります。

FX取引に用いるかどうかは別として、全ての金融資産、自己資産を入力するようにしましょう。

ちなみにこの金融資産も含めて入力事項は基本的に自己申告で、DMMが項目内容について調査することはありません。

ここまでを入力、確認をして「申し込む」ボタンを押すと次は本人確認書、マイナンバー確認書送付ページに移動します。

一番簡単なのはスマホで確認書類の写真を撮りそのままアップロードすることです。

顔写真つきの番号通知カードがある場合は、表裏をアップロードするだけで完了です。

その他の確認書類の提出パターンとその他の送付方法を確認したい場合はこちらを参照して下さい。

スマホからでも簡単に口座開設の申し込みができるんですね。

 

 

ログインして入金してみよう

無事に審査に通るとログインIDとパスワードが記載された書類が簡易書留郵便で届きます。

あとは入金をするだけで取引可能になります。

最低資金としてはどのくらい必要ですか?
最低取引単位が1万通貨なので、米ドル円110円だとしたら、入金の最低ラインとしては必要証拠金の44,000円が必要です。

ただこの資金では追証やロスカットにあう可能性が高いので、必要証拠金の2倍程度は欲しいです。

具体的にどのくらいの資金で始めるのかはこちらを参照下さい。

入金方法はクイック入金振込入金の2通りの 方法があります。

クイック入金とは自分の口座から24時間リアルタイムに資金が移動し、取引口座に入金が反映される入金方法です。

土日祝日にも対応しているので大変便利です。

対応銀行も380行と他の会社と比べてもかなり多いです。

※各金融機関の取引可能時間については確認しておきましょう。

各金融機関のインターネットバンキングの契約が必要になりますが、振込手数料は無料です。

通常の振込入金は、ATMや金融機関窓口で振込みますが、口座に入金が反映されるまでに一定の時間がかかります。

また、振込手数料がかかります。

クイック入金の方法

クイック入金はログイン後のアプリから利用できます

アプリに送られた書類に記載されたログインIDとパスワードを入力しログインします。

「ログイン」→「入出金」→「クイック入金」と進んでいき金融期間と金額を指定すると各金融機関のページに移動します。

 

振込入金の方法

振込入金の場合の指定口座の確認方法です。

画面左上のメニューから「マイページ」→「お客様情報確認・変更」を選びFX振込先口座情報を確認します。

振込入金した場合の取引画面に反映されるまでの時間ですが、金融機関営業時間内であれば、入金手続き後、2~3時間程度で反映されます。

金融期間営業時間外であれば、翌営業日の9時以降に入金データが確認され、1~2時間程度で反映されます。

 

 

アプリの使い方の基本を知ろう

まずはホーム画面を確認しましょう。

少し見にくいですが、左上にメニューボタンがあり、ここから全ての項目に飛ぶことができます。

また画面中央をの項目をタップすると基本画面に切り替わります。

基本画面では下の6つのタブをタップすることで素早く表示を切り替えることができます。

 

 

アプリでの注文方法を知ろう

注文方法については以下のものが利用できます。

注文方法

  • ストリーミング注文(成行) ※表示レートで約定
  • スピード注文(成行) ※表示レートで約定
  • 指値/逆指値注文 ※値を指定して注文
  • IFD注文 ※値を指定して注文
  • OCO注文 ※値を指定して注文
  • IFO注文 ※値を指定して注文

各注文方法の違いや詳細についてはこちらを参照して下さい。

ここではおすすめの注文方法を2つ説明します。

上で説明した注文方法を大きく2つに分けると表示レートで約定する注文方法と、値を指定して注文する方法があるのが分かりますね。

表示レートで約定する注文方法が、ストリーミング注文スピード注文の2つありますが、違いは何ですか?

基本は同じですが、スピード注文の方が操作数が少ない方がいいので、おすすめです。

現在の表示レートで新規エントリーしたい、または決済したいという場合の注文方法です。

まずはホーム画面からトレードを選択し、下の項目からスピード注文をタップします。

は注文設定です。損切りについてはON/OFFをタップで切り替えることができますが、基本はから設定を行います。

FIFO注文とはONにした場合は新規/決済の区別がない注文となります。

例えば事前に新規で買エントリーしていた場合は、売りボタンを押すだけで決済となります。

OFFにしていた場合は同じ状況で、売りボタンを押したら新規売りエントリーとなります。

スリッページとはどのくらい表示レートからズレても約定させるかの設定です。

ズレは手数料になるので、少ない方がコストも少なくていいのですが、あまり少なくしすぎると注文が通らなくなります。

スリッページをどのくらいの設定にするのかはこちらを参照して下さい。

損切りについては注文設定の決済同時発注設定で損切りスイッチをONにして任意のpips(幅)を入力します。

トレードスタイルによっても変わりますが、デイトレードなら10pips程度が参考でしょう。

ちなみにスピード注文については利食い(利益確定)の設定はできません。

は取引通貨量です。1Lotというのはこの場合1万通貨と同じ意味です。

つまり1と入力すれば、1Lot=1万通貨ということです。

で通貨ペアを選択します。

の売りか買いのボタンを1度押すだけで、約定するので誤操作しないように注意が必要です。

このスピード注文が、現在の表示レートで入りたいという場合のおすすめ注文方法です。

決済注文を変更したり付け足したりする場合は下のトレードメニューポジションサマリまたはポジション照会で注文中の建玉をタップしてから設定・変更をしましょう。

ポジションサマリは通貨ペアごと、ポジション照会はポジションごとに並んでいます。

ポイントは決済同時発注設定で、必ず損切り幅を設定しておくことです。

 

次は値を指定して注文する方法のおすすめです。

ホーム画面のトレードボタンからまたは基本画面の下のトレードボタンからトレード画面に移動します。

基本はポジション照会や約定履歴の画面になっています。

レート画面をタップして注文画面に移動します。

で注文方法を指値/逆指値にしましょう。

指値注文とは現在よりも有利なレートで売買する方法、「現在よりも安いレートで買う」 or「 現在よりも高いレートで売る」場合です。

逆指値注文とは現在よりも不利なレートで売買する方法、「現在よりも高いレートで買う」 or 「現在よりも安いレートで売る」場合です。

の項目を入力していきましょう。

迷うのは指値か逆指値だと思いますが、先ほどの例を参考に入力していきましょう。

については決済同時発注機能の利益と損失のまでの値幅が設定されたものが表示されています。

それぞれタップすることでON/OFFを切り替えることができます。

から損失と利益までの値幅の注文設定を行います。

これは結局のところはIFO注文と同じになるのですが、一度設定したらエントリー時の手順が少ないのはこちらの方なので、こちらをおすすめします。

エントリーの際に損切りはもちろん、利益確定での幅も決めておくのはリスクリワード改善にもつながります。

 

 

チャート機能を最大限に活用しよう

それでは次にチャート機能の使い方を確認していきましょう。

の箇所をタッチしながら上下移動すると水平線(レート)が出てきます。

の箇所をタッチしながら左右移動すると縦軸(時間)が出てきます。

をタップして通貨ペアを切り替えます。

をタップして時間足を切り替えます。

をタップしてチャート設定からテクニカル表示設定を選ぶと次の画面に移動します。

チャートに表示させるテクニカル指標です。

トレンド系6つ、テクニカル系5つの中から好きな物を選択して最後に右下の設定ボタンを押しましょう。

はスピード注文画面を表示させる機能です。

チャートを見ながらの注文も可能です。

はチャートを4分割表示する機能です。

右上の設定アイコンを押すと設定画面に移動します。

ここでは通貨ペアを固定するか、時間足を固定するかしなくてはならず、通貨ペアも時間足もバラバラという設定はできません。

また4分割表示の時はチャートを動かしたり、水平線を表示させたりすることはできません。

 

 

PCを用いる場合との違いはどうなの?

ここまでスマホだけで口座開設から取引までできるかということに焦点を絞り説明してきました。

現在はスマホでFXの取引をする人も増えてきました。

家にパソコンがないという場合もあるでしょう。

PCを用いたトレードとスマホのトレードの違いは何でしょうか。また、スマホだけでFXをすることのデメリットがあるのでしょうか?
注文の点については、PCと同じ注文方法を利用できることもあり大差はないです。ただ一番のデメリットとしてはチャート表示の画面が小さいことです。

大きなチャートを見ながら、描写ツールを使ってトレンドラインを書いたりして過去検証をしたりするのにはスマホは向いていません。

また、持ち運べるメリットはあるのですが、どこに行くにもスマホを手にしてトレードをするようでは集中できない場合もあるでしょう。

スマホだけでFX取引するのは可能ですが、チャート検証したり、テクニカル分析をしっかりしようと思えばプレミアチャートなどのPCツールも併用した方が良いです。

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

FX取引高世界第1位

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

-FX初心者におすすめの会社

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.