FXコラム

FXはパソコンがなくてもスマホでOK?メリットとデメリットを解説

投稿日:

まなぶ
スマホ中心でFXをしたいのですが、FXの全てをスマホですることはできますか?
FXをするという点では問題なくできますが、もちろんメリットデメリットがあります。詳しく説明しましょう。
まもる

 

FXのツールの種類を確認しよう

FX会社で口座を開設すると各会社の取引ツールを利用できます。

主に用意されている取引ツールは以下のものが多いです。

取引ツールの種類と利用タイプ

・PC版取引ツール インストールタイプ / ブラウザタイプ
・iPad(タブレッド)版取引ツール アプリダウンロードタイプ / ブラウザタイプ
・スマホ版取引ツール アプリダウンロードタイプ

PC版取引ツールは会社によってはブラウザタイプしかない場合もありますが、インストールタイプがある場合はそちらの方が機能が充実しています。

ただインストールタイプはOSがWindowsに限られる場合もあり注意が必要です。

iPad版取引ツールはアプリをダウンロードするタイプはスマホ版と同じアプリの場合とiPad用に機能を追加しているタイプとあります。

またPC版と同じようにブラウザタイプが利用できる場合もあります。

そしてスマホ取引ツールですが、取引ツールとしては基本的にアプリダウンロードとなります。

トレーダーの中にはメタトレーダー(MT4)と呼ばれる世界的にも有名なツールをダウンロードする人もいますが、MT4からの注文は会社が対応していないとできません。

対応している会社は国内ではわずかなので、チャートを見たり、検証したりするためだけにダウンロードしている人も多いです。

これだけ取引ツールの選択肢がある中で、今回はスマホでもFXができるかということですが、最初でも伝えた通り、基本的なことはほとんど全てできます。
まもる
  • 口座開設
  • 入金(インターネットバンキングを利用)
  • 注文/注文変更/注文取消
  • レート表示
  • チャート表示
  • マーケット情報閲覧
  • 出金 など

これら全てをスマホから操作できます。

アプリの中にはアプリからは出金ができない場合もありますが、インターネットブラウザからは出金可能なのでスマホだけでも大丈夫です。

 

 

スマホトレードのメリットとは

専業のトレーダーならば、1日中パソコンに張り付いていることも可能かもしれませんが、それでも食事をしたり、トイレに行ったりは最低限するのでパソコンから離れる場合もあります。

さらには副業として仕事をしながらトレードをしている場合は、仕事中はもちろんパソコンを見ることはできませんよね。

そのような場合にどこでも持ち運びができるスマホで全ての操作ができるのは心強いです。

専業トレーダーであれば外食をしたい場合はスマホを持っていけばいいですし、副業トレーダーであれば、会社の休憩中にレートをチェックして決済するかどうかの判断をすることもできます。

どこでも持ち運びができるのが最大のメリットです。

スマホでの取引が中心になるかは別として、スマホ版取引ツールを利用しているトレーダーは多いと思います。

相場は自分の時間に合わせてはくれないので、いつ急変するか分かりません。

スマホはさっと取り出してすぐに起動でき、いつでも即座に対応できるというのは安心できますね。

またトレードスタイルによっては一旦エントリーしたらあとは放置して結果を確認するだけというスタイルもあります。
まもる

決済注文が執行されたり、レートが設定した値になったらメール通知してくれる機能も会社によっては利用できます。

そのような場合は特にエントリー後はチャートに張り付いている必要はありませんね。

 

 

スマホトレードのデメリットとは

それではスマホトレードのデメリットについて説明していきます。

一番のデメリットは画面が小さいことです。

パソコン画面と比べるとどうしてもスマホの画面は小さく、パソコン画面なら1画面で様々な情報を同時に見ることができるのですが、スマホではフリックして切り替えないと見ることはできません。

例えば複数のチャートを同時表示したいときもありますが、スマホではできる会社とできない会社があります。

複数表示できる場合も4分割画面までとなり、チャートはさらに小さく表示されることになります。

このデメリットについては、iPadなどのタブレットであれば多少解決されます。

持ち運びも比較的容易にできますし、画面もある程度大きいので、iPadなどのタブレットを持っている場合はバランスのとれた取引ツールとして利用できます。

もう一つのデメリットとしては、「いつでもトレードできる」ことです。
まもる

これはメリットでもあるのですが、いつでもチャートをチェックできるので、ついついトレード回数が多くなってしまいポジポジ病になるようではデメリットになります。

特にスマホを外に持ち出している場合は、集中できない環境の場合も多く、さらにはチャート画面が小さいことからトレードの売買ポイントを厳密に確認せずにエントリーしてしまうこともあります。

しっかりとチャートを検証して優位性の高いポンイトに絞ってエントリーする必要があるのですが、外出先で他のことをしながらの取引スタイルはそれが難しい場合もあります。

もちろん、適当なトレードをして勝てるほどFXは甘くないので、トレード回数が増えるほど損失が膨らんでいくことになります。

スマホでの取引は集中できる環境で行うように気をつける必要があります。

まなぶ
PCではできてスマホではできないことはありますか?
いくらかありますが、主にチャートに関わる機能ですね。
まもる

各会社のスマホ取引ツールにもよりますが、まずテクニカルはPC版に比べると少なめです。

基本的なものは搭載している場合がほとんどですが、様々なテクニカルを利用したい場合はPC版がいいですね。

チャート上への描画機能もPCに比べると劣ります。

そもそもラインを引くことができない場合もありますし、引くことができても使いづらかったりすることもあります。

チャート検証ソフトもPCでしか使えないこともあり、チャートをとにかく徹底的に検証して利用したい場合はスマホではできないことも多いです。

作業効率を考えてもチャート機能はPCに軍配が上がります。

そして会社によって異なりますが、約定スピードについてもPC版の方が優れている場合が多いです。
まもる

そもそもスマホは外出先では電波状況が悪くなる場合もあるため、回線が繋がらない場合は取引すらできなくなります。

ただこれらの点以外はスマホ版もPC版と同じように利用できます。

特に重要な注文方法についてもPC版と同じ注文方法を利用できます。

 

 

オススメのスマホ版取引ツール

スマホ取引ツールについては実際のところは各会社で機能性、操作性に大きな差があります。

もしスマホ中心の取引スタイルを考えているようであれば、会社選びが重要になります。

まなぶ
どこの会社のスマホ版取引ツールがいいのですか?
機能性、操作性ともに優れ、PC版取引ツールに匹敵するのはGMOクリック証券FXネオ」のスマホ版取引ツールです。
まもる

GMOクリック証券は取引ツールだけでなく、その他の項目においても水準が高くオールラウンダーの会社と言えます。

取引高が7年連続世界1位となっているので、多くのトレーダーに支持されているのも分かりますね。

それではオススメのポイントをいくつか紹介しましょう。
まもる

まずはチャート表示ですが、1~4分割表示を4パターン設定することができます。

以下の参考画像は2パターンまでとなっていますが、このようなチャート画面をあと2つ設定できるのです。

フリックするだけで別パターンのチャート表示に移動できるので、たくさんのチャートを一瞬で確認することができます。

4分割表示ができる会社は他にもありますが、時間足と通貨ペアを任意に設定でき、さらに4パターンも保存できるところはありません。

一度に多くを表示できないスマホの弱点を見事に解決していますね。

またトレンドラインや水平線をチャート上に引きたい時の描画機能も他の会社と比べて圧倒的に描きやすいです。

引いたラインは以前のアプリでは時間足を変更すると削除されていましたが、今のアプリは他の時間足チャートに切り替えても削除されなくなりました。

画面が小さいので、タップするときにズレたりすることも多く修正が何度も必要になったりする会社もありますが、GMOクリック証券FXネオの場合は操作性にとても優れています。

またチャートのローソク足を見ながら水平ラインをもとに簡単に発注できる機能も備わっています。

まなぶ
スマホ取引ツールを使う上で大変重要なチャート表示注文機能が特に優れているのですね。

 

 

まとめ

ここまで説明してきたことをまとめるとスマホのみでもFXの取引自体は十分可能です。
まもる

トレード回数がそんなに多くないデイトレードやスイングトレードなら、特に問題はありません。

ただしPCは、さらに高機能なチャートを利用できることもあり、利用できるのであれば利用した方がいいです。

家では主にPCを利用して、できるだけチャート検証を行い、エントリーする時や外出時にはスマホに切り替えてトレードするというスタイルが本来は望ましいですね。

もしどうしてもPCが利用できないというのであれば、「GMOクリック証券FXネオ」のスマホ版取引ツールであれば、PC版に匹敵する機能をスマホ版で利用することができるので、オススメです。
まもる

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

FX取引高世界第1位

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

-FXコラム

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.