FXコラム

FXを始めたけど資金を溶かした時に読んでほしい記事【体験談あり】

更新日:

資金を入れてFXを始めてみたのですが、とうとう資金を溶かしてしまいました。
やってしまいましたか。みんなとは言いませんが、ほとんどのトレーダーが通る道です。私も実際に多くの資金を溶かしたことがあります。今回はその辺りの話も含めて解決策について話していきましょう。

 

資金を溶かした原因を探ろう

私も経験がありますが、資金を溶かしてしまうとしばらくは信じられず、現実を受け入れることが難しいですよね。

特にFXはたとえ資金が増えていたとしても基本的に口座に資金があるので実際にお金を目にすることはなく、口座の数字が変わるだけであまり実感がありません。

それは資金を溶かした時も同様で、あまりに多額の資金を失うと最初は本当に資金を失ったのか、なかなか信じられないような気持ちになってしまいます。

ただ時間が経つにつれ、本当に失ってしまったのだということを実感すると何も手につかなくなったり、ひどく落ち込んだりするようになります。

ただ、私がそうであったように人間は辛いことは忘れるようにできているので、時間が経てば今のどうしようもなく辛い気持ちも薄められていきます。

辛いとは思いますが、まずはどうして資金を溶かしてしまったのかの原因を落ち着いて考える必要があります。

多くのトレーダーが一度は通る道です。

失敗を糧にしてさらに経験を積んだトレーダーになるために立ち上がりましょう。

 

 

資金を溶かした人たちの声

同じように資金を失った人たちの声をTwitterで調べてみたらたくさん出てきました。

仲間という訳ではないですが、同じようにロスカットにあったり資金を失ったりした人たちはたくさんいるようですね。

ではこの人たちに共通するパターンとはどのようなものかを次で考えてみましょう。

 

 

資金を溶かすパターンとは

実際に私も多額の資金を溶かしたことがあるので、私の体験談から話していきますね。

私はFXの始めたての頃はあまり知識もなく今から考えるととてもリスクの高い運用をしていました。

2012年ごろからFXを始めたのですが、最初の1~2年は主に豪ドル円のスワップ運用を中心としていて、最初は100万円の資金で始めたのですが、スワップ運用なので、ロスカットにならないように余剰金を入金していました。

気づくと合計400万円の資金を運用していました。

2014年頃からは、米ドル円を中心に為替差益を狙った取引も始めましたが、これも今から考えるととても怖いトレードをしていました。

損切りをせずに自分の勘に頼ったトレードで逆方向に行けば塩漬けで含み損を抱えながら保有するというものです。

ただそこまでレバレッジを上げていなかったのと、運も良かったこともあり、3年ほどかけて400万円を600万円に増やしました。

ロスカットになっていたら資金は増えるどころかなくなっていたはずなので、今から考えると非常に運が良かったとしか思えません。

2015年からは米ドル円ユーロ米ドルを中心に為替差益を狙った取引を中心にしていきます。

取引スタイルとしては東京市場の始まる9時前後、ロンドン市場が始まる16時前後にエントリーしてその日の流れに乗るデイトレードを基本にしていました。

損切りもできるようになり、10pips以内で設定するようにしていました。

あまり利益は伸ばすことができずに10~30pipsで決済することが多かったです。

ただ、トレード回数がスキャルピング並みに増えていき1日に数十回するような日もありました。

取引数量は最大で100万通貨で取引する場合もありハイリスクハイリターンなトレードです。

2015年のうち2ヶ月はマイナスの月もありましたが、月平均で月利5%程度と、比較的安定した取引をすることができていました。

なので、600万円あった資金は1年でさらに800万円程度まで増えます。

継続して資金が増えていますね。資金が倍になっています。
ここまでは自慢話ですが、順調な流れが変わったのがその翌年です。

2016年からは資金も増えたので、取引数量も増やして取引をしていきました。

もちろんリスクもありますが、リターンも大きいです。

相変わらず取引スタイルはスキャルピングに近く1日に何十回もトレードを繰り返します。

この時から少しずつ兆候はあったのですが、1日のトレードをなんとかプラスにさせようとする感情に任せたトレードが増えてきました。

また取引数量が多いので、精神的プレッシャーに耐えられず、損切り、利益確定ともに幅が狭くなってきました。

ただ、運が良かったのか最初の3ヶ月で順調に1,200万円まで増やすことができましたが、次の月にとんでもないことがおきました。

きっかけはトレードがうまく行かずに損切りが10回程度続いた時ですが、損失を取り返そうと思ってトレード回数が多くなります。

いつもならプラマイゼロくらいなら取り戻すことができるのですが、なぜか上昇局面を逆張りの売りで狙い続けて損切りをさらに連発してしまいます。

ここで止めることができれば、いくらマイナスになったからと言っても全く問題ないのですが、頭に血がのぼった状態で取り付かれたようにトレードを繰り返してしまいます。

しかし、感情に任せたトレードなので勝てるはずはありません。

損切りは必ず設定していましたが、損小利大にしていたためすぐにロスカットにあいます。

数日連続でマイナスの日が続き、それまでの損失を取り戻そうと、1日に何十回もトレードを繰り返します。

もちろん自分の都合で相場は動いてくれないので、レンジ相場で上下するだけでトレンドがありません。

その時はレンジ相場になっていることさえも頭に血が上っているので気づかないのです。

エントリーしては損切りされるのを繰り返し、上手くいかないので、一番してはいけないことをしてします。

それは一体何でしょうか?
損切りの設定を外してしまうことです。

損切りにさえ合わなければいつかは大きく利益が伸びることを狙って損切りをなくしてしまいます。

すると運が悪く思惑と逆の方向に相場が動き、含み損がとても大きくなり、耐えきれなくなったところでしょうがなく損失確定の決済です。

その時は最大では80万通貨を3回に分けて発注していたので、合計240万通貨を取引していました。

240万通貨ということはほんの10pipsの変動で24万円の損益です。

資金が100万円単位で日々どんどん減っていきます。

挙げ句の果てには、雇用統計の発表時に波に乗って大きく稼ごうとして発表後にエントリーをしてしまいます。

当然ながらこれもまた上手くいかずに、100pips程度の損失となって、さらに大きく資金を減らしていきます。

この段階では資金が大分減っているので、取引数量も小さくなってきます。

取引数量が小さくなるということは、リターンも少ないので失った資金を取り戻すというのはかなり難しいです。

資金を増やすのには時間がかかりますが、資金を失うのは一瞬です。

結局その月で1,200万円まであった資金があっと言う間になんと120万円です。

つまり10分の1まで資金を溶かしてしまったのです。

4年間積み上げてきた資金がなんと1週間で溶けたことになります。

その時までは、取り戻せると信じて取り付かれたようにトレードしていたのですが、資金が100万円程度になった時にようやく無理だということに気づいたのです。

その悪夢の1週間ほどが終わった時には、なかなか現実を受け入れることができませんでした。

本当に資金を失ったのか何度も口座を確認しましたが、何回見ても同じです。

現実だとわかった瞬間にどうしようもない気持ちになり、涙が溢れてきました。

その後はしばらく食事も喉を通らずに、何をするにもうわの空の状態でした。

幸いに余剰資金でFXをしていたため生活に支障が出るということはありませんでしたが、その当時はとても辛かったです。

今でもどうしてそんなことをしてしまったのか分かりませんが、きっとそれまで大きな損失もなく順調に資金を積み重ねてきたので、取り返せると勘違いしてしまったのでしょう。

しばらくトレードを休み、資金を溶かした原因がようやく分かるようになってきました。

そこからは本格的にトレードの勉強を始め、特にリクス管理を身につけようと様々な情報を入手して勉強しました。

2018年からは、リスクを徹底的に抑え、リターンは少ないが資金は徹底的に守るスタイルに変えて取引をしています。

当時の辛かった経験をもとに、少しでも初心者トレーダーの力になれればとこのサイトも立ち上げました。

まもる先生にもそんな時があったのですね。
そうなんです。あの時の自分に声をかけるなら、「トレード回数を増やしても資金は取り戻せない」ということです。

相場は自分の都合では動いてくれません。

本来は相場に合わせたトレードが重要なのですが、損失が続くとどうしても自分本位のトレードになってしまいます。

当時は頭に血が上って冷静に考えることができませんでしたが、今冷静になって振り返ると資金を溶かした原因がはっきりと分かります。

  • 損切りを設定しない
  • ハイレバレッジでの取引
  • トレード回数を増やして資金を取り戻そうとする
  • 指標発表時などのリスクが高い時にエントリーする
  • 取引数量が上ったことでの精神的負担

他にも考えられる要素はありますが、主には以上のことが原因となって多くの資金を溶かしてしまったのです。

まなぶ君の場合はどうだったのですか?
僕は資金はそこまで入れてなかったのですが、やはり損切りを外してしまい、結局はロスカットになるまで何もできませんでした。
そうですか。まもる君のようにロスカットになって資金を大きく溶かす場合もありますし、私のようにロスカットにはならずとも無茶なトレードを繰り返して多くの資金を溶かすこともあるのです。

共通するのは損切りを適切に設定しなかったことですかね。

資金を溶かしてしまうパターンをまとめておきますね。

資金を溶かすパターン

  • ロスカットになるまで損切りできない
  • 損切り幅を変更して大きな損失を出す
  • ハイレバレッジでの取引
  • 感情に任せたトレードをしてしまう
  • 指標発表などのリスクの高い時にエントリーする

これは相場に問題があるというよりも自分自身に問題がある場合ですね。

相場によってはスイスフランショックのように例えば損切りを設定していても注文が通らずロスカットラインをはるかにこえて決済されたりするような場合もあるので、注意が必要です。

そのような場合は通貨ペアを見直したり、取引時間帯を考えたり、ポジションを週末持ちこさなかったりという対策が必要です。

 

 

資金を溶かした後に考えるべきこと

資金を溶かした後に大切なことは何でしょうか。
まずは先ほど話したように原因を考えることです。

まなぶ君の場合は損切り設定を外してしまいロスカットになるまで損失確定ができなかったことが原因でしたね。

まず今後は損切りを必ず設定することと、一度設定したら変更しないことをルールに入れるべきです。

今回はまだ少額の資金だということで、早いうちに資金を溶かしてしまう経験ができて良かったと思うことです。

もし、これがもっと資金が増えて大きくなってからならショックも計り知れません。

また大きく資金を失うことがあれば取り戻そうとせずに一旦市場から退場して客観的に自分を見ることも大切です。

これもなかなか難しいのですが、資金の10%を失ったらしばらく取引を休むなどのルールを作るのもいいですね。

 

 

まとめ

FXは9割の人が負けると言われるほどとても厳しい世界です。

負ける理由は実は簡単で、必要な知識を身につけていないことであったり、欲に任せたルールのない取引をしてしまったりするのが大きな原因です。

逆に言えば必要な知識をしっかりと身につけて決めたルールに沿ってトレードすることができれば資金を増やすのは思うより簡単です。

ただし、もし決めたルールを何度も破ってしまうようであればFXはやめておいた方がいいです。

いつかは資金を失うことになります。

多くの資金を溶かしてしまった時は絶望で何も考えられない状態になることもありますが、まずは原因をしっかりと追求して、徹底したルール作りをするように心がけましょう。

今大きく稼いでいるプロトレーダー達も多くは初心者の頃に資金を溶かしたり、借金をしたりして苦しい時期を乗り越えている経験談をよく聞きます。

自分の糧になると信じて今を乗り切りましょう。

そして一番大切なことは万が一のためにもFXは必ず余剰資金で行うことです。

またこのサイトのFXリスク管理講座の記事も参考になるはずなので、何度も読んでしっかりと身につけましょう。

〜FXリスク管理講座〜

FXのリスク管理講座

FXのリスク分散のポイントは?初心者ならまずは少額で始めること!

株式などは複数の銘柄を保有してリスク分散することも多いですが、FXについてはどうなのでしょうか? FXにおいても運用する資金が大きくなればリスク分散も大切です。色々な形でのリスク分散があるので詳しく説明しますね。   〜今回の要点チェック!〜 リスク分散には利益が分散されてしまうというデメリットもあるが、資金が増えた時には特に重要になる 株式などの他の金融商品とリスク分散すると相場との関連性もあるので、知識が増してトレードに優位に働くメリットがある 複数の通貨ペアを取引してリスク分散する場合は、 ...

ReadMore

FXのリスク管理講座

FXの資金管理の方法とは?まずは損失額を決めることから始めよう!

FXは資金管理が大切だと聞いたのですが、具体的にはどのようなことをすればいいのでしょうか。 資金管理はFXの根幹になるところなのでしっかりと理解して実践できるようにしましょう。それでは説明していきますね。   〜今回の要点チェック!〜 FXはスキルが身に付くまでは少額で始め、資金を増やすにしても必ず余剰資金で行う 資金の1~2%を1回のトレードの損失額に設定する 損失額と損切り幅が決まれば適切なポジションサイズが分かる ポジションの持ち方にはナンピンやピラミッティングなどの方法があるが、資金管理 ...

ReadMore

FXのリスク管理講座

FXは低レバレッジにもリスクあり!レバレッジを正しく理解しよう!

高いレバレッジで取引するとリスクがあることは何となく理解できたのですが、低レバレッジでもリスクがあるのですか? そうですね。レバレッジに関係なく損失リスクはあります。それでは詳しく説明していきますね。   〜今回の要点チェック!〜 高レバレッジの場合は、ロスカットまでの値幅が小さく、また1pipsあたりの損失額も大きくなるので損失リスクが高い 低レバレッジの場合は、ロスカットまでの値幅は大きいが、実際にロスカットになった場合は高レバレッジの場合よりも損失が大きくなる 損失リスクを抑えるには低レバ ...

ReadMore

FXのリスク管理講座

【損切り講座】FX初心者がまず最初に身につけるべきスキルを解説!

損切りを設定するとすぐに損切りにあってしまい、損失が続くと損切りしないこともあるのですが、やはりダメですか。 絶対ダメです!もし損切りの嵐になってしまい、資金が減っていくようなら、まだ資金を入れてトレードすべきではありません。初心者こそ、まずは損切りをマスターしましょう。 損切りについては以下の記事も参考にしてください。 参考 損切りとは?どうしても損切りできないならFXはしない方がいい FXの損切りの目安は何pips?ポイントを理解してルールを作ろう 今回は損切りが上手くできない初心者向けに、より具体的 ...

ReadMore

FXのリスク管理講座

FXのデメリットとは?事前に知っておくことがリスク対策になる!

FXのメリットはよく分かったのですが、始める前にデメリットについても詳しく知っておきたいです。 分かりました。確かにFXのメリットの情報はよく入ってきますが、デメリットはあまりないですね。リスク回避のためにもデメリットをよく理解しましょう。   〜今回の要点チェック!〜 FXのデメリットは「ハイリスクハイリターン」であること レバレッジを上げすぎると損失リスクが高まる 為替変動リスクには最悪の場合は借金もあり得る いつでも取引できることから取引回数が多くなりがちでその分損失リスクも高まる FXは ...

ReadMore

分かりました。少し気持ちが楽になった気がします。少し取引を休んでチャート検証とルール作りを徹底します。

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

【DMM FX】入金

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

-FXコラム

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.