FXコラム

FXって土日休みじゃないの?トレードできない時間の注意点と使い方

投稿日:

FXは土日が休みだと思っていたのですが、レートは動いているのですか?
そうですね。トレードをすることはできませんが、レート自体は動いているのです。今回は取引時間などについて詳しく説明していきますね。

 

〜今回の要点チェック!〜

  • FX市場は土日も一部の国では開かれておりレートも動くが市場規模も小さく通常はあまり値動きがない
  • 取引時間帯は各会社によって少し異なり、取引ができない早朝の時間帯もあるので注意
  • 土日以外でFX市場が休みになるのはクリスマスと元旦(クリスマスは東京市場の時間帯のみ取引可能)
  • 土日にレートが大きく動くリスクがあるので、金曜日にポジションを持ち越す時は注意する。
  • 祝日は通常通り取引可能だが、参加者が少なくいつもと違った値動きをする可能性がある。
  • 土日のスワップポイントは平日のどこかでまとめて3日文付与される
  • 土日は気分を切り替え、トレード履歴や過去チャートを検証して次週に備えることが大切

 

正確な取引時間は何時から何時までなの?

土日もレートが動いていることは今始めて知ったのですが、なぜトレードができないのですか。
土日は世界中で金融機関が休みになるので、国内国外問わずに基本的にトレードはできません。

ただ、中東の一部の地域では、日曜日の代わりに金曜日が休みの国もあり、そのような国では土日でも市場が開いてトレードすることができます。

日本人でもトレードすることができますか?
基本的にはできません。

以前は土日でも取引サービスを行なっていた会社が1社あったようですが、現在は調べる限りなさそうです。

たとえ土日にトレードができたとしても中東の一部の市場しか開いていないので、市場規模も小さく大抵は値動きがほとんどありません。

なので、あえて土日にトレードをするメリットもないのです。

トレードできる取引時間というのは国ごとに決まっているのですか。
いいえ。国ごとではなく、会社ごとに決まっていますが、およその取引時間は各会社ほとんど同じです。
取引開始時刻
月曜
取引終了時刻
土曜
取引できない時間帯
GMOクリック証券FXネオ 7:00 7:00
(夏時間6:00)
なし
マネーパートナーズ  7:00 6:50
(夏時間5:50)
火〜金6:55~7:10
(夏時間5:55~6:10)
DMM FX 7:00 6:50
(夏時間5:50)
火〜金6:50~7:00
(夏時間5:50~6:00)
FXプライムbyGMO 7:00 6:50
(夏時間5:50)
火〜金6:57から10~15分程度
(夏時間5:57から10~15分程度)
みんなのFX 7:00 6:40
(夏時間5:40)
火〜金6:40~7:00
(夏時間5:40~6:00)
外為ジャパンFX 7:00 6:50
(夏時間5:50)
火〜金6:50~7:00
(夏時間5:50~6:00)
SBI FXトレード 7:00 6:30
(夏時間5:30)
火〜金6:30~7:00
(夏時間5:30~6:00)

取引できない時間帯があるのは、毎日のNYクローズの切替やメンテナンスによるものです。

ここには載せていませんが、中には早朝3時からの取引ができる会社(サクソバンク証券)もあります。

市場は土日も開いているけど、会社によって決められている取引時間しかトレードはできないということですね。
そうです。取引時間外は市場規模も小さいのでそもそもする必要もないのです。

もし土日にトレードの練習がしたい場合は、「Forex Tester3(フォレックステスター3)」、「MT4裁量トレード練習君プレミアム」、「Trade Interceptor」などのFX練習ソフトを使うことができます。

 

 

FX市場の休日は土日だけなの?

FXは土日が休みだということは分かったのですが、祝日についてはどうなのでしょうか。
勘違いしがちですが、祝日については通常通り取引できます。

国内の祝日だけでなく、各国にそれぞれ決められた祝日がありますが、基本的に祝日かどうかに関係なく、取引可能です。

では土日以外は取引できるのですか?
いいえ。土日以外で取引ができなくなる日が1年で2日ほどあります。

クリスマスと元旦です。

クリスマスについては実は世界で日本だけが市場が開くのですが、取引量も少なく通常は値動きがありません。

取引時間も通常の時間と異なり、ほとんどの会社で7時〜15時までとなっており、東京市場が終わった段階で取引停止となります。

そして1月1日の元旦も市場は休みとなります。

時差の関係で、年末最後のNY市場が終わるのが、日本では年明け1月1日の早朝となるので、その時まではトレードできます。

そして平日であれば1月2日からFX市場が再開します。

このクリスマス元旦だけは平日でも休みになりますが、この2日間を除けば土日以外は常に取引可能だということです。

 

 

土日や休場日に注意すべきこと

まず土日や休場日に注意すべきことですが、市場規模は小さいながらも市場自体は開いていたり、月曜日に取引開始となり東京市場が開く前にすでにオセアニア市場は開いたりしています。

何が言いたいかというと、為替レートを動かすような出来事が起きれば、土日や休場日に大きくレートが変動する可能性があります。

取引量も少なく流動性が低いので、通常なら値動きはほとんどないのですが、いざ何か大きくレートを動かす出来事が起きれば急騰急落することになります。

つまり金曜日にポジションを保有したまま月曜日を迎えたり、年末にポジションを保有して新年を迎えたりするのはリスクが高いと言えます。

そして祝日についてもトレードするなら注意が必要です。

祝日については上で説明したように取引することはできます。

ただ、参加者が減ることもあり通常ならあまりレートが動かなくなることが多いのですが、日によっては仕掛けを狙うような突発的な動きをすることもあるのでトレードする際には注意が必要です。

よほどチャンスでない限りは取引をやめて休むというのも一つの選択肢です。

 

 

スワップポイントはどうなるの?

次は、通貨ペア間の金利差から発生するスワップポイントを狙ったスワップ運用についてです。

スワップポイントは基本毎日もらえるはずですが、取引ができなくなる土日のスワップポイントはどうなっているのでしょうか。

参考に下記のGMOクリック証券FXネオのスワップカレンダーを見てみましょう。


土日に関してもスワップポイントはもらえますが、付与される日は平日となっています。

GMOクリック証券FXネオの場合は水曜日に土日分も合わせて計3日分もらえるシステムになっています。

プラススワップの場合は嬉しいですが、マイナススワップも同様に毎日発生しているので、マイナススワップが出るポジションを保有している場合は早めに決済するなどの対策が必要です。

 

 

トレーダーは土日何しているの?

トレードできない日や注意すべき点についてはよく分かりましたが、土日の取引できない時間はトレーダーの人達は何をしているのでしょうか。
知識や経験がある程度身についた勝ちトレーダーはゆっくり休んでいることも多いです。

平日は24時間相場が動き続けているので、ポジションを持っている場合やエントリーを狙い続けているような場合はやはり神経がすり減ることが多いです。

土日は強制的にトレードをストップされるので、まずは一旦休んで英気を養うトレーダーもいます。

落ち着いてチャートの過去検証をしたり、知識がまだ身についていない場合はその勉強をする時間を確保できたりできるのは、やはり相場が止まっている土日が適しています。

もし初心者トレーダーでまだまだスキルが身についていないという場合は、主に次のことを時間がある土日にすると良いです。

  • トレード履歴の検証
  • 過去チャートの検証
  • 基礎知識やテクニカルの勉強
  • 次週の狙い方

まず1週間分の自分のトレード履歴を振り返って検証→改善を意識しましょう。

勝ちトレードは何が良かったのか、負けトレードは何がダメだったのか検証します。

ローソク足チャートの複数の時間足を検証したり、取引時間帯に注目したりすると良いです。

また水平線トレンドライン移動平均線などのテクニカルもチャートに表示しながら売買サインのヒントになるものがないか探します。

過去のチャートを見ると、「ここからここまで取れたら良かった」というポイントは分かるはずです。

その取りたいポイントが分かれば、その時にエントリーを判断できた売買サインがチャート上にあるかどうか探します。

例えば、「水平線にぶつかって動きが止まっている」や、「ボリンジャーバンドの2σにタッチしている」などエントリーの根拠になりそうなサインを探します。

その売買サインが見つかればそのサインがさらに過去のチャートで出現して機能しているのかを見ていきます。

そしてその売買サインの優位性が過去チャートから確かにあると判断できれば一つの手法として実際に試してみることになります。

このようにPDCAサイクルを回しながら検証するのはとても時間もかかり集中力もいるので、相場が止まっている土日にまとめてするのが理想です。

ただし検証をするには、まずFXの基礎知識やテクニカルの知識が必要になってきます。

もしまだ知識が足りないようであればまずはその知識を吸収することから始めると良いです。

また、土日の間に次週の狙い方の作戦を考えることも必要です。

これまでのチャートの動きを判断して次週は積極的にトレードするのか、しばらくは様子見するのか判断しておきます。

トレードするなら買いと売りにどちらに優位性があるか、どの流れを狙って取引したいかなどのイメージを膨らませておくと良いでしょう。

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

FX取引高世界第1位

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

-FXコラム

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.