FXコラム

FXを始めるならまずはデモトレードで!やり方を分かりやすく解説!

投稿日:

まずはデモトレードを始めてみようと思いますが、やり方を詳しく教えてもらえませんか?
分かりました。デモトレードはトレードを体験するのにはとてもいいです。では詳しく説明していきますね。

 

〜今回の要点チェック!〜

  • デモトレードは面倒な手続きなしですぐに始めることができ、取引ツールのお試しとしても利用できる
  • 最小取引単位が小さい会社はデモトレードを用意していない場合が多い
  • デモトレードは主にチャート機能、注文方法、ポジションサイズなどを確認するために利用する
  • デモトレードで基本事項を確認できたら稼ぐためのトレード練習に移る
  • 稼ぐためのトレード練習はリアル口座で少額で行うのがおすすめ
  • トレード練習におけるポイントは、並行して勉強することと、多くの失敗をしておくこと

 

デモトレードでFXを始めるメリット

FXを始める際にまずはデモトレードからと考えるのはとても良いですね。

FX会社の選び方は様々ありますが、取引ツールの使いやすさは重要なポイントになります。

始め方については後で詳しく説明しますが、口座開設する前の段階でデモトレードを利用することができるので、実際に試してみてから口座開設するのもいいですね。

口座資金はもちろん必要ないですが、利用料などその他の手数料も一切かからないので、ノーリスクでFXを始めることができます。

FXを始めるならもちろん基礎知識を身につける必要はありますが、ノーリスクでできるので、いきなりデモトレードを始めてまずFXを体感してみるのもいいと思います。

 

 

デモトレードが利用できるおすすめの会社

デモトレードについてはどの会社でも利用できる訳ではありません。

傾向としては最小取引単位が小さく少額でトレードを始めることができる会社はデモトレードを用意していない場合が多いです。

おすすめのFX会社においてデモトレードが利用できるのかを表にしました。

FX会社 デモトレード
(PC)
 デモトレード
(スマホ)
最小取引単位
GMOクリック証券FXネオ 1万通貨
DMM FX 1万通貨
FXプライムbyGMO × 1,000通貨
みんなのFX × × 1,000通貨
外為ジャパンFX × × 1,000通貨
マネーパートナーズ × × 100通貨
SBI FXトレード × × 1通貨

GMOクリック証券FXネオやDMM FXについては最小取引単位が1万通貨ということもあり、余裕を持って実際に取引を始めるには10万円程度必要です。

デモトレードであれば、そこまで資金がないという場合でも利用可能です。

資金が十分にあるという場合でも、トレードに慣れないうちは資金を失ってしまう可能性も高いので、まずはデモトレードを利用しましょう。

ちなみに、これらの会社は総合的にどの項目も水準が高いので、1万通貨以上で取引をするようになったらメイン口座として持っておいて損はない会社です。

後に口座開設をすることも考慮してもデモトレードをしてみる価値はありますね。

1つ選んでデモトレードを始めるのもいいですが、せっかくなら複数試して比較することで自分にあった口座を選ぶことができます。

 

 

デモトレードの始め方

それでは今回は「GMOクリック証券FXネオ」を例に始め方を解説していきます。

まずはデモ取引口座の開設から始めます。

デモ取引口座の開設には本人確認書類などは必要なく、メールアドレスとニックネームを登録するだけですぐにトレードすることができます。

さらにスマホアプリの取引ツールであれば、ダウンロードするだけで各種情報を入力することなく利用できます。

GMOクリック証券FXネオのデモトレードの申し込みの流れについては下記の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

「DMM FX」でデモトレードを始める場合は「DMM FXデモ取引」からデモ取引口座を開設しましょう。

「FXプライムbyGMO」でデモトレードを始める場合は「FXプライムbyGMOデモトレード」からデモ取引口座を開設しましょう。

 

 

デモトレードのやり方

無事にデモトレードの口座開設が完了したら、ログインして取引ツールを使ってみましょう。

最初にデモトレードで確認すべき項目をまとめてみました。

  • 機能、操作の確認
  • チャート表示の確認
  • 注文方法の確認
  • 変動幅と損益の確認
  • 実効レバレッジや証拠金維持率を確認

上記の項目の中で、「注文方法」と「実効レバレッジや証拠金維持率」については以下の記事で詳しく説明しています。

機能、操作の確認

まずは一通りツールを操作してみて、どこにどのような機能があるのか確認してみましょう。

まだよく分からないところがあってもいいので、操作感を確かめながら確認していきます。

取り扱いマニュアルを各会社のサイトで見ることができるので、詳しく知りたい箇所があれば調べてみましょう。

チャート表示の確認

一通り機能を把握できたら、チャート表示を確認してみましょう。

基本的なところでは、通貨ペア、時間足、分割表示、などを素早く切り替えられるようになるまで操作を繰り返します。

知識が必要になりますが、各種テクニカルをチャートに表示させると売買判断やトレンドを判断しやすくなります。

移動平均線ボリンジャーバンドについては初心者でも扱いやすいので、テクニカルをチャートに表示させてみたいという場合はおすすめです。

注文方法の確認

そして注文方法にも慣れておきましょう。

ある通貨を買→売、または売→買が1回のトレードの流れです。

先の注文を新規注文、後の注文を決済注文と呼びます。

注文方法としては、その時のレートで注文を出す成行注文(スピード注文/クイック注文)や指定したレートで注文を出す指値/逆指値注文などがあります。

新規注文と決済注文を同時に発注することもでき、複雑なところもあるので、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

まずは様々な注文方法を理解して、実際にデモトレードで練習してみると良いです。

FXは注文を出さないことには何も始まりませんので、まずは注文方法をマスターして瞬時に発注できるようにすることが大切です。

変動幅と損益の確認

発注して実際にトレードをすると評価損益が表示されます。

どのくらいレートが動いたらどのくらいの損益になるのかをしっかりと理解しましょう。

同じ値幅でも取引数量によって損益は異なります。

指定した取引数量であれば、1銭(1pips)動いたら、または1円(100pips)動いたらどのくらいの損益になるのか実際に確認してみましょう

値幅と損益の関係

取引数量 1銭(1pips) 10銭(10pips) 1円(100pips)
1通貨 0.01円 0.1円 1円
100通貨 1円 10円 100円
1,000通貨 10円 100円 1,000円
1万通貨 100円 1,000円 1万円

実効レバレッジや証拠金維持率を確認

少し難しいところもありますが、実効レバレッジ証拠金維持率の理解もできるようにしましょう。

この2つには相関性があり、両方とも資金に対してどのくらいの取引数量のトレードをするかの指標に使います。

FXにおいてはポジションサイズとも言われますが、資金に対してポジションサイズが大きすぎると実効レバレッジが上がり、証拠金維持率は下がります。

ちなみにポジションサイズが大きすぎるとロスカットにかかりやすくなります。

反対に資金に対してポジションサイズを小さくすると実効レバレッジは下がり、証拠金維持率は上がります。

ロスカットにかかるまで余裕がもてますが、ポジションサイズが小さくなるとリターンも少なくなります。

目安としては、実効レバレッジは10倍以下、証拠金維持率は250%以上になるようにポジションサイズを調節するのがおすすめです。

どのくらいのポジションを持ったらどのくらいの実効レバレッジや証拠金維持率になるのかは、実際に資金を入れている場合は「試しにしてみる」ということが難しいですが、デモトレードであれば実際にポジションを持ってみて確認することができます。

 

以上がデモトレードをする際に特に試してほしい項目です。

まずは利益を出すというよりも、取引ツールの使い方に慣れたり、知識を実際に経験して吸収したりするためにデモトレードを利用すると良いです。

 

 

デモトレードはいつまですればいい

デモトレードの使い方に慣れて、上記の確認すべき項目も理解できるようになったらどうすればいいのですか。
その次の段階は利益を狙うことになりますが、そのままデモトレードを使う場合と、実際に口座開設をして少額で始めてみる方法があります。

デモトレードを続けるメリットとしてはノーリスクでトレードの練習を続けることができることです。

デメリットとしては、実際の取引ツールと少し異なる点もあることです。

マーケット情報が見られなかったり、レート表示が少し違ったり、一部の取引ツールが使えなかったりする場合もあります。

さらには始めから多額のバーチャル資金が用意されているためゲーム感覚になったり、金銭感覚が麻痺したりする場合もあります。

実際に口座を開設して少額でトレードの練習をするメリットとしては、たとえ少額であっても自分の資金を入金することでトレードの緊張感が全く異なることです。

トレードする際の精神的プレッシャーもリアルに感じることができるので、メンタル面の練習にもなります。

本気になってトレードに取り組むほど知識やスキルもすぐに身につきます。

デメリットとしては資金を失う可能性が高いことですが、失ってもいいくらいの少額で始める場合は特に気になりません。

例えばGMOクリック証券FXネオの場合、最小取引単位の1万通貨で始めるには10万円程度必要なので、失うには痛い金額です。
そうですね。その場合はGMOクリック証券FXネオのデモトレードを利用した後で、少額で取引できる会社で口座開設するといいです。

マネーパートナーズ100通貨からの取引が可能で、1,000円あればトレードできます。

取引ツールは別のものになりますが、基本的な機能は同じなので、慣れるのに時間はそれほどかかりません。

いずれは取引数量をあげてトレードすることになるので、取引ツールが使いやすかったのならGMOクリック証券FXネオでも口座開設するといいですね。

個人的にはデモトレードでは上で説明したような「デモトレードでやるべきこと」を行い、利益を出すための練習に移ったのなら、リアル口座を開設して少額でトレードを始めるのがおすすめです。

デモトレードを続けるにせよ、少額でリアル口座でのトレードを始めるにせよ、安定して利益を出せるまではそのままトレード練習を続けて、多くの資金を入金しないようにしましょう。

どのくらいトレード練習をすればいいのかは、「安定して稼げるようになるまで」としか言えません。

人によっては数ヶ月かもしれませんし、数年かかることもあるかもしれません。

 

 

トレード練習のコツとは

なかなか難しそうですが、トレード練習をする際のポイントは何でしょうか?
ポイントは色々ありますが、特に大切な2つを説明しますね。

まずはFXの勉強をしっかりすることです。

知識を身につけないままトレードを繰り返していてもあまり上達することはありません。

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

もう1つのトレード練習のコツとしては「多くの失敗をすること」です。

FXで失敗してしまう人の特徴として、知識やスキルが身についていない状態で本番トレードしてしまい多くの資金を失ってしまうことがよくあります。

トレード練習をしている間にできる限りの失敗をして経験を積むことが大切です。

例えば、損切りを設定せずに多額の損失を抱えたり、ポジションサイズが大きすぎてロスカットにかかったりなどを実際に経験しておくことが大切です。

多くの資金を投入した時にこのような失敗をしてしまうと相場から退場することになってしまいます。

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

【DMM FX】入金

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

-FXコラム

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.