FXコラム

FXの塩漬けはあり?なし?やめた方がいい理由と解消方法を解説!

更新日:

塩漬けについては肯定派と反対派といるようですが、本当のところはどうなんでしょうか?
私は塩漬け反対派ですね。もちろん塩漬けしながら利益を出しているトレーダーもいますがデメリットが多いように思います。詳しく説明しますね。

今回の記事では塩漬けにはどのようなデメリットがあるのか、塩漬けしてしまった時の対処法、損切りができずにどうしても塩漬けになってしまう場合の対策を説明します。

〜今回の要点チェック!〜

  • 塩漬けには、ロスカットリスクが常に伴い強いメンタルも求められる。
  • 長期間含み損を抱えることは機会損失にもなりおすすめしない。
  • 塩漬け肯定派の意見としては含み損は決済しなければ、必ず勝てるというものだが、1度でもロスカットになれば多くの資金を失ってしまう
  • 塩漬けの解消方法としての両建、ナンピンはリスクも高く、分割決済、放置の方がまだおすすめできる
  • どうしても塩漬けをするならスワップ運用の要素を取り入れ、低レバレッジで行う

 

塩漬けとは

まず塩漬けの確認からですが、決して漬物の話をしているのではありません。

FXにおいてはエントリーしてポジションを持った後に思惑と反対方向に相場が動くと含み損が発生しますね。

塩漬けとは基本は損切りをせずにその含み損を抱えて相場が戻り含み益になるのを待つトレードのことを言います。

苦しい時を耐えてプラスに転換するのを待つスタイルですが、冒頭にも書いたように塩漬け肯定派もいて、実際に損切りを設定せずに利益を出すトレーダーがいるのも事実です。

今回はそのあたりも詳しく解説しながら、個人的にはどうして反対するのか、また塩漬けしてしまった場合の解消方法まで詳しく伝えていきます。

 

 

塩漬けをやめた方がいい理由

ではまず塩漬けをやめた方がいい理由から説明していきますね。

ロスカットにあう可能性がある

まず塩漬けをするということは損切りを設定しません。

一番のリスクは当然ロスカットリスクになります。

レバレッジを下げることにより、ロスカットになるまでの許容変動幅は大きくすることができますが、それでもロスカットのリスクはなくならないです。

またリスクを考えて低レバレッジにこだわりすぎると資金効率が悪くなってしまいます。

 

強いメンタルが必要

塩漬けになると含み損を抱えていることになります。

レートの変動により日々その含み損が変動しますが、運悪く逆方向に相場が動くと大きな含み損が発生することになります。

上で述べたようなロスカットラインを意識しなければならないほど含み損を抱える時もあります。

日ごとに含み損が膨らんでいくような場合は、その状況に耐えることができるでしょうか。

私も経験がありますが、含み損を抱えて相場が戻ることを祈りながら乱高下するチャートを見ていると胃が痛くなります。

その状況をなんとも思わないくらいのメンタルの強さが塩漬けには必要なのです。

また含み損を大きく抱えていた場合、相場が好転して評価損益がプラスマイナス0に戻った場合や、少し含み益が出たりした場合は、すぐに決済してしまいがちです。

それはやはり含み損を抱える精神的プレッシャーから早く逃げ出したいという気持ちが強く働くからです。

そのようなトレードを繰り返しても利益を出すことは難しいです。

含み損が含み益になってもしばらく保有して利益を伸ばすことができるくらいのメンタルの強さが必要です。

 

機会損失になる

塩漬けをして含み損を抱えているということは、資金はすでにそのポジション保有に使っている状態なので、もし絶好のトレードチャンスが訪れてもエントリーができません。

例えばですが塩漬けが1年かかっても解消しないとしましょう。

余剰資金があれば話は別ですが、ない場合は資金を1年間無駄に使ったことになります。

その間に訪れたチャンスは一体どのくらいでしょうか?

1年間という長い期間を考えると分かりやすいエントリーポイントに絞っても数多くあるはずです。

このような場合はせっかくの資金を寝かせ続けた状態で非効率ですし、トレードチャンスの機会損失になりますね。

このように塩漬けはデメリットの方が大きいです。

 

 

塩漬け肯定派の意見とは

それでは反対に塩漬け肯定派の意見にも耳を傾けてみましょう。

塩漬け肯定派の意見としては「勝率が上がる」というメリットを主張している場合が多いです。

塩漬けは評価損ですので、まだ確定はしていません。

いくらマイナスになっても相場が戻ってきてプラス決済になれば勝ちです。

「塩漬けは勝率100%だ」というトレーダーさえいるくらいです。

初心者のうちは損切りを上手く設定できずに、すぐに損切りになって資金を減らしていくこともよくあります。

そのような場合は損切りをしないトレードというのは、相場によっては運よく利益を伸ばすことができるかもしれません。

ただ毎回予想した方向に相場が動くことはありません。

一旦思惑と反対方向に相場が動いてしまうと塩漬けが解消されるまでトレードすることはできません。

場合によっては塩漬けも上手くいくこともありますが、毎回上手くいく訳ではありません。

多少の損失に耐えることができるくらいの資金があればいいのですが、そうでない場合は、急落急騰すると一気にロスカットという事態にもなりかねません。

よくいわれているコツコツドカンになる可能性が高いです。

先ほど説明した塩漬けのデメリットをよく考えてみてもリスクは高いと言えます。

もし塩漬けがやめられないとしたら、過去の成功体験が関係しているかもしれません。

成功体験がいくつか積み重なると、塩漬けトレードをして含み損が発生してもいつかはプラスに転じると思い込んでしまいます。

成功体験が多ければ多いほどなかなか塩漬けトレードをやめることは難しいです。

 

 

塩漬け解消方法

それでは塩漬けになってしまった場合の解消方法についても説明しておきますね。

両建て

まずは両建が追加証拠金なしで可能な場合は対応策の一つとなります。

例えば1万通貨110円の買いポジションが105円まで下がってしまい含み損がマイナス5万円になったとしましょう。

もし105円で両建てとして売りエントリーした場合、評価損がマイナス5万円でロックされます。

つまり、買いポジションの評価損益と売りポジションの評価損益を通算するとレートが上がっても下がっても常にマイナス5万円で固定されることになります。

ここからの理想的なパターンの一つとしては、さらに下がったところで、売りポジションをプラス決済して、反転上昇したところで、買いポジションの決済をすることですが、その通りに相場が動き、計画通りに取引できるかは難しい所があります。

運が悪ければ、買いポジションも売りポジションも両方ともマイナス決済になる可能性も十分あります。

急騰急落時に、一旦損失額をロックして様子を見る場合は、いいかもしれませんが、安易な両建はさらなる損失を招きます。

十分注意して慎重にトレードしましょう。

 

ナンピン

ナンピンは例えば買いポジションを保有して含み損が発生した時に、さらに下がったところで買い増しする事です。

相場が反転した時には、より少ない値幅で、プラマイゼロにできます。

そこからさらに上昇することがあれば、買い増した分、利益も大きくなります。

ただ、余剰資金があることが前提で、もちろん相場が反転しなければ、更なる損失につながります。

ナンピンするなら反転材料が多々ある時に絞り、ポジションサイズが大きくなりすぎないように資金管理をする必要があります。

 

分割決済

割決済はその名の通り、少しずつ損失確定の決済をしていくことです。

例えば10万通貨の塩漬けがあった場合は、相場が反転するのをまちながら、1万通貨ごとに決済していくような方法です。

この分割決済は、上の2つの対策と比べると、守りの対応策となりますが、これ以上損失を膨らませたくないという場合におすすめです。

一発逆転を狙う訳ではなく、損失リスクを大きくしたくない時に有効な解消方法です。

 

ロスカットになるまで放置

この説明は必要ないかもしれませんが、一度塩漬けしてしまったのであれば、何もしないという選択肢は、傷をさらに広げることなく、かつ相場が戻った時の形成逆転も狙えるため場合によっては一番良い選択肢かもしれません。

ロスカットラインが近づいてきたら余剰資金を入金して、ロスカットリスクを減らすこともできますが、その分資金を失ってしまうリスクもあることを頭に入れておきましょう。

様々な解消方法がありますが、個人的におすすめするのは、分割決済か、放置です。

両建ナンピンはとても難しくスキルが必要です。

特に初心者であれば、損失を膨らませるリスクが高いのでおすすめしません。

 

 

塩漬けがやめれないならスワップと資金管理を意識する

もし、塩漬けをやめることができずに、そのスタイルをどうしても貫きたい場合は、スワップ運用の要素をいくらか取り入れることです。

言ってみればスワップ運用も塩漬けのように含み損を長期間抱えることもよくあります。

大きな違いとしては、スワップポイントを狙ったトレードをしているかどうかということです。

つまり、塩漬けトレードをするのであれば、まずプラスのスワップポイントが発生するように通貨ペアと売買を決めます。

そして、次に大切なのは、資金管理です。

レバレッジはスワップ運用なら1〜3倍程度に設定しますが、塩漬けトレードとして行うならもう少しリスクをとってもいいかもしれません。

ポイントとなる最安値、最高値付近まで耐えられるようなポジションサイズにすることが重要です。

そして、長期足チャートに注目して下げ止まったところで買うか、上がり切った所で売りを狙います。

スワップ運用の要素をいくらか取り入れることで、いくらか損失リスクを抑えることができますし、上手く行けば為替差益と、スワップポイントの両方を得られます。

ただしこれは、塩漬けを勧めている訳ではありません。

もしどうして損切りができずに塩漬けスタイルで望むのであれば、スワップ運用の要素を取り入れて、ロスカットリスクを減らすことが重要なことを覚えておきましょう。

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

【DMM FX】入金

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

-FXコラム

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.