FXコラム

初心者が資金1万円でFXを始めるのに必要な知識を分かりやすく解説

更新日:

まずは、1万円でFXを始めたいのですが、どのように始めればいいのでしょうか?
まずは「少額」と考えている人は多いですね。それでは少額トレードをする際に必要な知識を詳しく説明していきますね。

 

〜今回の要点チェック!〜

  • 会社ごとに設定されている最小取引単位と実効レバレッジをどのくらいにするのかで必要な資金が決まる
  • FXは少額から始めることができるのがメリットだが、少額で始めて利益を大きく狙うのは難しい
  • 少額から始めることのメリットは、トレードの練習に実際の口座を利用できるところ
  • 初心者は資金1,000円で100通貨から始めるのがおすすめ
  • 月に1円(100pips)程度の値幅を目標にしてトレードを始めてみよう

 

FXはいくらから始められるの?

そもそもいくらからFXは始めることができるのでしょうか。1万円では少ないですか?
実は会社によって異なります。確かに1万円では始めるのが難しい場合もあります。

最小取引単位に注目しよう

会社ごとに最小取引単位というものが決まっています。

この単位が小さいほど少額から始めることができます。

最も小さい単位を設定している会社では1通貨単位からの取引が可能な会社もあります。

反対に大きな単位としては1万通貨単位の取引となっています。

以前はこの1万通貨単位の取引が基本でしたが、最近では小さな取引単位で始めることができる会社が増えてきました。

では初心者におすすめの主要FX会社の最小取引単位を確認してみましょう。

FX会社  最小取引単位
GMOクリック証券(FXネオ) 1万通貨
DMM.com証券(DMM FX) 1万通貨
FXプライム byGMO 1,000通貨
外為ジャパンFX 1,000通貨
みんなのFX 1,000通貨
マネーパートナーズ(パートナーズFX nano) 100通貨
SBI FXトレード 1通貨

必要証拠金を理解しよう

そして次はレバレッジの話とも関係しているのですが、FXでは取引したい金額のおよそ25分の1(4%)を必要証拠金として入金すれば取引可能となります。

この必要証拠金が取引を継続する上での最低資金になります。

例えば、4万円で25倍の100万円分の取引をすることが可能なのです。

ただし、必要証拠金は必ず100%以上を維持するようにしないと、そのレバレッジでの取引ができなくなったり、ロスカットにかかったりするので、余裕を持って取引することが必須です。

そのためには必要証拠金に加えて余剰金を増やすことで実効レバレッジを調節します。

1万ドル通貨(100万円分)の資金と実効レバレッジ

資金 実効レバレッジ
4万円 25
5万円 20
10万円 10
20万円 5
100万円 1
余剰金(資金)を増やすことで実効レバレッジを抑えることができるのですね。
実効レバレッジをどの程度にして始めるのかは、意見が分かれるところですが、実効レバレッジ10倍以下が初心者の一つの目安です。

1万ドル通貨の取引であれば、10万円以上は必要だということです。

そして今回のまなぶ君のように、もっと少ない資金で始めたいということであれば、最小取引単位が小さい会社を選んで、取引数量を小さくすることで、もっと少額から始めることもできます。

実効レバレッジ10倍で取引を始める時の必要な資金

取引数量 目安の資金
1通貨 10円
100通貨 1,000円
1,000通貨 1万円
1万通貨 10万円
資金がどのくらい必要かは最小取引単位実効レバレッジが関係しているのですね。
その通りです。会社の選び方によって本当に少額から始めることができるのもFXの魅力の1つですね。

 

 

資金1万円でどれくらい稼げるの?

資金1万円でも始めることができるのは分かったのですが、どのくらいの利益を狙うことができるのでしょうか。
少額から始めると、やはり利益も少ないのですが、その辺りを詳しく説明していきます。

例えば米ドル円を例にとって、値幅と損益の関係を確認してみましょう。

取引数量 1銭(1pips) 10銭(10pips) 1円(100pips)
1通貨 0.01円 0.1円 1円
100通貨 1円 10円 100円
1,000通貨 10円 100円 1,000円
1万通貨 100円 1,000円 1万円

取引数量と1円(100pips)の値幅の損益が同じ数字なので、覚えやすいですね。

当然ですが、取引数量が増えるほど同じ1円の変動でも損益は大きくなります。

例えば資金1万円で始めたいという場合は、実効レバレッジ10倍程度なら1,000通貨での取引になりましたね。

1,000通貨の取引ということは1円(100pips)動いて1,000円ですが、1日に、または1ヶ月にどの程度の利益を狙うことができるのでしょうか?
まず1日に1円(100pips)をコンスタントに狙うのは、無理です。

日によっては取れる日もありますが、それでも1ヶ月に数回程度です。

そもそも米ドル円であれば1日に動く値幅は最近ではおよそ60銭(pips)程度です。

動かない時は30~40銭(pips)の日もあります。

もちろんレンジ相場の上下の動きを狙うことで、1日の値幅以上を獲得することもできますが、それにはかなりのスキルも必要になりますし、トレード回数が増えることで損失リスクも高まります。

例えばデイトレードであれば、利益を30銭(pips)、損失を10銭(pips)程度に設定して、1週間の成績が2勝3敗だとしてシミュレーションしてみましょう。

1週間では30銭(pips)、1ヶ月では約1円20銭(120pips)を獲得することができます。

もちろんトレードスキルがあればこれ以上も狙うことができますが、初心者であれば、これが現実的なシミュレーションです。

それどころか、初心者にとってはこの成績は理想的で、始めたばかりであれば月の損益がマイナスになる可能性の方が高いです。

1,000通貨の取引を資金1万円で始めた場合、ひと月で1,000円程度の利益が現実的なイメージです。

なかなか現実は厳しいのですね。1万円が1ヶ月で10万円になるというのは無理な話なのですね。
そうですね。海外の会社で数百倍のレバレッジを利用すれば不可能ではないですが、その分資金を失うリスクも高くなります。

まずは1万円でFXを始めることの目的をはっきりさせた方がいいです。

つまりは本気で利益を狙いたいのか、トレードの練習としての位置付けなのかということです。

上で説明したように1万円の資金で大きな利益を狙おうとしても、やはり難しいと言えます。

多くても数千円程度なので、資金1万円で大きな利益を狙うのであれば、海外のFX会社となります。

ただしハイリスクハイリターンでギャンブル要素が強くなります。

国内のFX会社で月に数万円かそれ以上稼ぎたい場合は、やはり取引数量を上げるしかありません。

取引数量を上げるということは必要な資金も増えることになりますが、FXの魅力は、同じ労力でも資金が増えることによってリターンが大きくなるところです。

例えば上の例で説明したような1ヶ月に1円(100pips)程度を確実に狙えるのであれば、10万通貨の取引をするとしたら、資金は100万円必要ですが、毎月10万円を狙えることになります。

もし資金が増えて100万通貨の取引であれば、資金は1千万円必要ですが、毎月100万円稼げるのです。

資金が増えるのに比例して収入が増えるのがFXの魅力なのです。

ギャンブルではなく投資としてFXを考えたいのであればそれなりに資金は必要になります。

それでは練習として1万円から始めるならいいのでしょうか?
もちろんそれならいいと思います。そのあたりについて次で詳しく説明していきましょう。

 

 

少額で始めるメリットとは?

上で説明したようにFXは会社を選べば本当に少額から始めることができます。

少額から始めることができる一番のメリットはFX初心者がトレードの練習として実際の口座を使えることです。

デモトレードが利用できる会社もありますが、大きな違いは、少額だとしても自分の資金を入れて取引することで緊張感が全く違うことです。

また会社によってはデモトレードでは実際の機能を十分に使うことができなかったり、実際に配信されているレートと少しずれたりする場合もあります。

本格的にFXを始めようと思っているのなら、実際の口座で少額で始めるのがおすすめです。

どのくらいの資金で始めるといいのですか?
もちろん1万円で始めるのもいいと思います。

ただ、最初は資金をほとんど失ってしまう可能性が高いので、1万円のほとんどを失ってしまうのが痛いのであれば、もっと少額で始めてもいいですね。

失っても構わないくらいの額で始めるといいのですが、個人的には100通貨で1,000円程度で始めるのがおすすめです。

1,000円程度であれば、たとえ失ったとしても納得できる額だと思いますし、多少の緊張感も持てます。

さらに、100通貨なら1銭(1pips)動いて1円の損益というのも分かりやすくていいです。

まずはこれくらいの少額で安定して利益が出せるまでトレードの練習に励みましょう。

100通貨から始めることができる会社でおすすめなのが、マネーパートナーズです。

約定力も高くスプレッドも業界最狭水準なので、取引コストの点でも優れています。

まずトレードの練習をしようと思っている初心者にはぴったりの会社と言えます。

 

 

まとめ

初心者が資金1万円でFXを始めるにあたって知っておいて欲しい現実を説明してきました。

利益を大きく狙うには資金1万円では厳しいところがあるので、まずは少額でトレードの練習を重ねてスキルを上げ、安定して利益を出せるようになってから資金量を増やすことが重要です。

上でトレードの一例として、1ヶ月で資金1万円で1,000円程度の利益をシミュレーションしましたが、月利10%です。

もし月利10%を複利で回すことができれば、資金は雪だるま式に増えていきます。

まずはこの数字を目標に少額でトレード経験を積んでいきましょう!

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

【DMM FX】入金

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

-FXコラム

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.