FX基礎知識講座

【初心者向けに解説】FXの1ロットの利益や証拠金はいくらなの?

投稿日:

まなぶ
トレードで注文を出すときに1ロットというのが何を表しているのかよく分かりません。
そうですね。知らないと勘違いしてしまうこともよくありますね。では詳しく説明していきますね。
まもる

 

〜今回の要点チェック!〜

  • 基本は1ロットは1万通貨を表すことが多いが、10万通貨や1,000通貨を1ロットと言う場合もある
  • ロットよりも各会社の最小取引単位に注目する
  • 注文時の入力がロット単位なのか通貨量単位なのかをチェックする
  • 最小取引単位が小さいと少額でトレードを始めたり分割決済したりする場合に向いている
  • 1ロット=1万通貨とすると、必要証拠金は米ドル円であれば44,000円程度
  • 1ロット=1万通貨とすると、1銭(1pips)で100円の損益、1円(100pips)で1万円の損益

 

1ロットとはいくらなの?

それでは1ロットが何を表しているのかから説明していきますね。

ロット(lot)とはどのくらいの単位の通貨量(取引数量)で取引するのかのまとまりを表すものです。

例えばスーパーで卵を売るときにあまり1個ずつというのはないですよね。

大抵は12個を1パックとして売っていることが多いと思います。

FXでいうロットもパックと同じ扱いでイメージすると分かりやすいです。
まもる

国内のFX会社であれば基本は1ロット=1万通貨です。

なぜこのような別の言い方があるのかは、取引を簡潔に間違いなくするためです。

注文を出すときに10,000通貨と入力するよりも1ロットと入力する方が速く、間違いもないですよね。

ただ、中には1ロット=10万通貨としている会社もあったり、1ロット=1,000通貨としている会社もあったりします。

ロットがよくわからなくなる理由がそこにあります。

先ほどの卵の例を続けて説明すると、6個で1パックとなっている容器も見たことがあると思います。

子供がお使いで「卵1パック買ってきてね」と言われても6個入りか12個入りかどちらのパックを買っていいのか分からなくなるのと同じですね。

自分が使っている口座でロットを使って表示されている場合は、いくらの通貨量(取引数量)を示しているのかをまずは確認しましょう。

 

 

ロットよりも最小取引単位に注目する

ここまでで、国内では基本的に1ロット=1万通貨ですが例外もあるという話をしました。

ちなみに1万通貨というのは1万円という訳ではないので注意しましょう。

例えば米ドル円の通貨ペアで1万通貨というのは1万ドル通貨を意味します。円にすると約100万円ですね。
まもる

話が少しそれましたが、ロットよりも注目すべきものが、各社で決められているトレードできる最小の通貨量(取引数量)、つまり最小取引単位です。

例えば最小取引単位が1万通貨であれば、1万通貨単位での取引しかできませんが、最小取引単位が1,000通貨であれば、1,000通貨単位での取引ができます。

国内FX会社であれば、基本は1ロット=1万通貨と考えておき、各会社で決められている最小取引単位をしっかりと把握しておくことで、注文時の勘違いなどを防ぐことができます。

では初心者におすすめの主要FX会社の最小取引単位を確認してみましょう。

FX会社  最小取引単位
GMOクリック証券(FXネオ) 1万通貨
DMM.com証券(DMM FX) 1万通貨
FXプライム byGMO 1,000通貨
外為ジャパンFX 1,000通貨
みんなのFX 1,000通貨
マネーパートナーズ(パートナーズFX nano) 100通貨
SBI FXトレード 1通貨

 

注文時の通貨量(取引数量)に注意

ロットや通貨量(取引数量)に関わる注意点としては、注文時に取引したい通貨量を入力するときに、単位がロットなのか、そのままの通貨量の数字なのかをチェックするのがポイントです。

例として主要な国内FX会社の表記の仕方を確認してみましょう。
まもる

GMOクリック証券FXネオ

取引数量と記されているのでそのままの通貨量を表しています。

ただし右に「×10,000」となっているので、1と入力して1万通貨、10と入力して10万通貨の取引です。

最小取引単位は1万通貨なので、整数しか入力できません。

 

DMM FX

左の方に「注文数量(Lot)」と記されているので、ロット単位で入力します。

1ロット=1万通貨なので、例えば10と入力すると10万通貨の取引です。

最小取引単位は1万通貨なので、整数しか入力できません。

 

みんなのFX

「Lot」の表示が見えるので、ロット単位での入力です。

1ロット=1万通貨なのですが、「みんなのFX」は最小取引単位が1,000通貨なので、0.1ロットからの注文が可能です。

例えば1.5と入力すると1万5千通貨を表します。

 

FXプライムbyGMO

取引数量と記されており、右に「万通貨」と書かれているので、1と入力して1万通貨となります。

最小取引単位が1,000通貨なので、0.1から入力することができます。

外為ジャパンFX

左に「Lot」と記されており、1Lot=1万通貨なので、1と入力して1万通貨の取引です。

最小取引単位が1,000通貨なので、0.1から入力することができます。

マネーパートナーズ (パートナーズFXnano)

取引数量と記されているので通貨量を入力します。

ただし最小取引単位が100通貨なので、100通貨単位でしか入力できません。

マネーパートナーズ (パートナーズFX)

取引数量と記されているので通貨量を入力します。

右に「万」と記されているので1と入力して1万通貨の取引です。

最小取引単位が1万通貨なので整数しか入力できません。

だいぶん分かってきたでしょうか?
まもる

会社の中にはロットを用いないところもありましたが、ロットを使っている会社は全て1ロット=1万通貨となっていますね。

 

 

最小取引単位の違いは何に関係するの?

まなぶ
最小取引単位が小さいと何かメリットがあるのでしょうか。
そうですね大きくてもメリットはありませんが、小さければメリットがありますね。
まもる

例えばですが、最小取引単位が100通貨の会社と1万通貨の会社を比べたときに少額の資金で始めることができるのはどちらか分かりますね。

最小取引単位が小さいほど、少ない資金でFXを始めることができるのが最大のメリットです。

反対に多くの資金を用いてトレードしたいという場合には最小取引単位については、あまり関係なくなります。

例えば5万通貨の取引がしたい場合は最小取引単位が100通貨だろうと、1万通貨だろうと大きな違いはありません。

そして保有ポジションを分割決済したい場合にも最小取引単位が小さい方が向いています。

例えば1万通貨のポジションを保有していて少しずつ決済したい場合に最小取引単位が100通貨なら100回に分けて決済することもできます。

ただ最小取引単位が1万通貨であれば、分割決済はできず、一括で決済するしかありません。

少額でトレードをする際にはこの最小取引単位が小さい会社を選んで取引すると良いです。
まもる

 

 

1ロットに必要な証拠金はいくら

次に1ロットの取引をするのに最低必要な資金、必要証拠金を確認しましょう。

必要証拠金 = レート × 通貨量(取引数量) ÷ 25

国内では1ロット=1万通貨と考える場合が多いので、その場合の必要証拠金の計算方法は以下のようになります。

1ロットの必要証拠金=110円 × 10,000 ÷ 25 = 44,000円
※1ドル110円と設定

国内では最大レバレッジ25倍の設定になっているので、実際に必要な資金の25分の1が必要証拠金となります。

ただ上で説明したようにロットについての解釈は各会社で異なるので、通貨量(取引数量)をもとに必要証拠金を確認するようにしましょう。

取引通貨単位ごとの必要証拠金、目安の入金額をまとめて見ました。

ドル円のレート110円として算出しています。

通貨単位 必要証拠金 目安の資金
1通貨 4.4円 10円
100通貨 440円 1,000円
1,000通貨 4,400円 1万円
1万通貨 44,000円 10万円
10万通貨 44万円 100万円

 

 

 

1ロットの利益はいくらになるの

次に1ロットで取引した場合の損益を考えてみましょう。

1ロット=1万通貨として考えた場合で話を進めていきます。

米ドル円1万通貨を110円で買って110.55円で売った場合の利益はいくらでしょうか。
まもる

110.55円-110円=0.55円(55銭)

0.55円×10,000通貨=5,500円

このように損益 = 為替差 × 通貨量(取引数量)で算出することができます。

損益 = 為替差 × 通貨量(取引数量)

例えば米ドル円を例にとって、値幅と損益の関係を確認してみましょう。

取引数量 1銭(1pips) 10銭(10pips) 1円(100pips)
1通貨 0.01円 0.1円 1円
100通貨 1円 10円 100円
1,000通貨 10円 100円 1,000円
1万通貨 100円 1,000円 1万円

取引数量と1円(100pips)の値幅の損益が同じ数字なので、覚えやすいですね。

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

FX取引高世界第1位

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

-FX基礎知識講座

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.