FX基礎知識講座

スプレッドとは?初心者にもわかりやすく基本の意味から徹底解説!

更新日:

FXをするのに、手数料は基本無料と聞いたのですが、本当ですか?
そうですね。口座開設や口座維持に手数料はいりませんし、取引手数料については基本的に無料の会社がほとんどですね。
やっぱりそうなんですね。安心しました。
ただ、実質の手数料とも言えるものが「スプレッド」です。今日はこのスプレッドについてわかりやすく説明しましょう。

 

スプレッドを一からわかりやすく説明

スプレッドと手数料を理解しよう

スプレッドとは英語にするとspreadで「幅、広さ」などの意味を表します。

FXにおいては売値と買値のレートの差を表します。

例えば下の米ドル/円のレート画面では、中央にある0.3という数字が売値と買値の差を表すスプレッドの値です。

まずこのスプレッドの単位ですが、円を含む通貨ペアの場合は銭(せん)またはpipsで表します。

どちらも同じ単位でしたね。

詳しくはFXのpipsの意味とは?正しく理解して損益を計算してみよう!を参考にして下さい。

その他の通貨ペアについてはスプレッドをpipsで表すことになります。

なので基本的にスプレッドはpipsという単位で表記されると覚えておきましょう。

上の例の場合はスプレッドが0.3pips(銭)ということになりますね。

ではなぜ同時刻のレートなのに売値と買値に差があるのでしょうか?

極端な例を出すと、仮にある会社の米ドル/円のレートの売値が110円、買値が111円だとします。

えっ!!スプレッドが100pipsということですか?
ありえない数字ですが、わかりやすいのでこのまま進めますね。

買いでエントリーした場合は、111円で約定されます。

111円よりも高いところで売れば(決済すれば)利益が出ますが、仮にエントリーの直後に売ったとすると(決済すると)、110円で決済されてしまいます。

つまりマイナス100pipsですね。

この損失分はどこに行くかと言えば、FX会社です。

このスプレッドが広いほど1回のトレードにかかる費用(手数料)が多くなります。

言い方を変えれば、この場合トレードは必ずマイナス100pipsからのスタートということになりますね。

このスプレッドの値は各会社が自由に決めることができるので、スプレッドは実質手数料と考えられているのです。

ポイント

  • スプレッドとは買値と売値のレートの差をpipsまたは銭で表したもの
  • トレードごとにスプレッド分の金額を手数料として支払うことになる
  • スプレッド分だけマイナスの状態からトレードを始めることになる

 

スプレッドをシミュレーションしてみよう

スプレッドは実質の手数料ということは良くわかりました。でも実際どのくらいのコストがトレードごとにかかるのかまだイメージできません。
わかりました。では実際にシミュレーションしながら見ていきましょうか。

まずは、国内の主なFX会社のスプレッドと取引手数料を確認しましょう。

2019年2月12日現在各社ホームページより

FX会社 米ドル/円のスプレッド 取引手数料
GMOクリック証券  0.3銭 無料
DMM FX 0.3銭 無料
SBI FXトレード ※0.27銭 無料
マネーパートナーズ 0.4銭 無料
FXプライム byGMO 0.6銭 1,000通貨単位は30円
外為ジャパンFX 0.3銭 無料
みんなのFX 0.3銭 無料

※取引数量によって変化

上の表に載せていない会社も含めると、概ね米ドル/円のスプレッドは0.3銭〜1銭で取引手数料は無料の会社が多いです。

ここでは米ドル/円のスプレッド0.3銭、取引手数料無料としてシミュレーションしていきます。

ええと、まだ良く分かってないのですが0.3銭なら1円の100分の1にも満たないし、気にする必要ないんじゃないですか?
まなぶ君、スプレッドのコストというのは取引数量によって変わるのです。表を見た方がわかりやすいですね。

スプレッド0.3銭の場合の取引コスト表

取引数量 トレード1回のコスト トレード10回のコスト トレード100回のコスト
1通貨 0.3銭 3銭 0.3円
100通貨 0.3円 3円 30円
1,000通貨 3円 30円 300円
1万通貨 30円 300円 3,000円
10万通貨 300円 3,000円 30,000円

左列が取引数量ですが、SBI FXトレードなどは1通貨からの取引ができるので書いておきました。初心者のうちは少額から始める場合が多いので、取引量が少ないうちは、コストをそこまで気にする必要はないでしょう。

ただし、ある程度の利益を狙うなら10万通貨以上扱うことになるでしょう。

その場合はトレード1回につき300円の手数料がかかります。

トレード回数ですが、これはトレードスタイルによります。1日に10回以上トレードをするスタイルもありますし、月に10回程度という場合もあるでしょう。

1万通貨で1日3回トレードをした場合

30円 × 3回 × 20日(土日を除く)= 1,800円(1ヶ月の取引コスト)

自分の取引数量、取引回数をイメージして例えば1ヶ月でどのくらいの手数料がかかるのかを計算してみましょう。

今回シミュレーションしたスプレッド0.3pipsというのは比較的小さい値です。

会社によっては同じ通貨でも、この2倍または3倍以上のコストになることを注意して下さい。

 

 

スプレッドと通貨ペアの関係

スプレッドの意味が良くわかりました。同じ通貨ペアでも会社によってスプレッドが違うんですね。
そうです。さらには通貨ペアによってもスプレッドは異なります。先ほどは米ドル/円を中心に説明しましたが、ここでは他の通貨ペアを見てみましょう。

通貨ごとにスプレッドが異なる主な理由としては流通量があります。

米ドル/円やユーロ/米ドルなどは流通量が多いためレートの変動が比較的小さいです。そのためスプレッドも小さくなる傾向があります。一方で、発展途上国の通貨などは流通量が少ないためレートの変動が大きくなりその分スプレッドも広くなる傾向があります。

つまりスプレッドが大きい通貨ペアは値動きも激しい傾向にあり、チャンスも多いですがその分リスクも大きくなります。

また英ポンド/円などのクロス円は、一度米ドルを介して取引することもあり、取引コスト=スプレッドが大きくなる傾向があります。

例としてGMOクリック証券の取り扱い通貨ペアのスプレッドを見てみましょう。

「GMOクリック証券 FXネオ スプレッド・取引手数料」より引用

GMOクリック証券はスプレッドが小さいことでも人気がある会社ですが、トルコリラ/円はスプレッドが1.9銭になっていますね。

米ドル/円の6倍以上です。

このように通貨ペアによってスプレッドは大きく異なります。

ポイント

  • 通貨ペアごとにスプレッドが異なるのは流通量が関係している
  • スプレッドが大きい通貨ペアはレートの変動が大きい傾向がある

 

 

さらに詳しくスプレッドを理解しよう

スプレッドの種類を知ろう

 

スプレッドの基本についてはこれまで説明した通りです。ここからはもう少し深くスプレッドを理解することにしましょう。

スプレッドの種類というのはあまり聞いたことがないかも知れませんね。

基本的には次の3種類です。

スプレッドの種類

  • 完全固定
  • 原則固定
  • 変動
順番に説明しますね。

完全固定
・スプレッドは常に固定され変わることがない。
・現在は完全固定のスプレッドの会社はない。

原則固定
・スプレッドは原則固定されているが、指標発表時や相場の急落急騰の場合などに変動する。
・現在ほとんどのFX会社が原則固定を採用。

変動
・主に流動性に相関してスプレッドが常に変動する。

上のGMOクリック証券のスプレッド表を見ると原則固定となっていますが、トルコリラ/円には注釈がついており、原則固定ではなく変動することが分かりますね。

 

スプレッドの広がりを知ろう

現在ほとんどのFX会社が原則固定のスプレッドを採用しています。

ではスプレッドが変動する時、つまり広がる時というのはどのような場合でしょうか。

大きく分けると、市場の流動性が低下している時と、市場の急変時においてスプレッドが広がる傾向があります。

市場の流動性が低下している時

早朝、午前6時〜7時ごろ
年末年始
クリスマス
お盆の期間 など
※このような時は流動性が低く対応する売買が成立しにくいこともありスプレッドが広がります。

市場の急変時

震災などの天変地異や戦争が起きた時
各国中央銀行の市場介入時
重要指標発表時
リーマンショックなどの世界的経済危機の時
※このような時はFX会社も全ての注文に対応できないこともありスプレッドが広がる傾向にあります。

スプレッドの広がりを実際に経験するには、早朝の時間帯や毎月1週目の金曜日に発表される米雇用統計時にレート画面を見てみると良いでしょう。

このような時にトレードをするのは大きなリスクを伴うことを知っておきましょう。

 

今回のポイント

  • トレードごとにスプレッド分の金額を手数料として支払うことになる
  • スプレッドはpipsや銭で表し、会社や通貨ペアによって異なる
  • 原則固定のスプレッドを採用している会社がほとんどだが、市場の流動性や急変により広がることがある

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

FX取引高世界第1位

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

-FX基礎知識講座

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.