FX基礎知識講座

初心者必見!FXは勝率2分の1だと考えている人は絶対に勝てない?

更新日:

FXの口座開設の手続きをして、今は基礎知識を身につけているところですが、「FXはある通貨が上昇するのか下落するのかを予想するだけで簡単」という記事を読みました。勝つか負けるかは、実際に2分の1の確率だと考えていいのでしょうか。
よく勉強していますね。でも少し取り違えているところがあります。取引の仕方は上がるか下がるかを推測する二択(買うか売るか)であるという言い方が正しいかもしれませんね。勝率はまた別の話で、様々な要因が絡み合いそんな単純なものではないのです。
そうなんですね。二択がそのまま2分の1の勝率にはならないということですね。
その通りです。今日は少し難しい話になるかもしれませんが、FXの根本を知るいい機会です。よく理解できれば、勝てるトレーダーに近づけるでしょう。丁寧に説明していきますのでよく聞いていてくださいね。

勝率2分の1という考えは間違ってるの?

初心者がしてしまいがちなトレードとは

まなぶ君と同じように「FXは勝率50%程度になるはずだから大きく負けることはない」と考えている初心者は多いです。

ところが実際にトレードをしてみると、利益を出せたトレード回数の方が損失を出したトレード回数よりも多いのに、合計するとマイナスになってしまう場合がほとんどです。

実際に私も初心者のうちは同じでした。

なぜ負けてしまうのかは少し考えてみれば分かります。

勝ったトレードの利益額が平均数百円で、負けたトレードの損失額が平均1万円だとしたら、いくら勝っても合計はマイナスになるのはイメージできますよね。

           

                    

 

上は極端な例かもしれませんが、よくありがちなトレード結果です。

勝率は70%を超えていますが、損益をトータルすると大きく負けていますね。

ついつい1回のトレードがプラスに終わったかどうかに意識が向きがちですが、勝ち負けの勝率よりも、どのくらいの利益を狙い、どのくらいの損失を許容するのかを決めることの方が大切なのです。

ポイント

利益と損失の値を決めていないと勝率は意味をなさない

 

損切りがすぐにできないのはなぜ?

先ほどのトレード結果の例を見ても分かりますが、初心者のうちはなかなか損失を認めることができませんよね。

私もそうでしたが、自分の資金が減ってしまうというリスクをあまり考えずに、お金を稼ごうと思ってFXを始めているので、いざ現実に直面するとすぐに損失を受け入れることは難しいです。

FXでは損失を確定して決済することを「損切り」と言いますが、この損切りが正しくできるかが、勝てるトレーダーになる近道です。

損切りができなくなるもう一つの要因は「成功体験」にあります。先ほどの例では「もうダメだ〜!!!!」で損失を決済しましたが、「神様お願い!!!」の時に本当に願いが叶い戻って来ることもよくあるのです。

その後上昇するようなことがあれば、マイナスだったはずのトレードをプラスにできるのです。

そのような成功経験をしたら、次に同じような状況になった時に今回も大丈夫だと思ってしまい、さらに損切りをすることが難しくなってしまいます。

 

損切りをしないトレードをしているとどうなる?

損切りができない場合のトレードにはどのような特徴があるのでしょうか。

先ほどの例を思い出しながら聞いて下さいね。

例えばある通貨を買ってエントリーした後、そのままずっと上昇して一度もマイナスにならないというトレードが理想ですよね。

もちろんプロのトレーダーもそのようなエントリーポイントを狙ってトレードするのですが、なかなか難しいです。

なのでエントリーと同時に損切りを入れるようにします。

勝っているトレーダーのほとんどはこのようにエントリー時に全てを決定しています。

一方で、最初の段階で損切りを入れなければ、おそらく負けた時の損失は大きくなるでしょう。

なぜならどの程度の損失まで許容するのかあらかじめ決めていないと膨らむほど損失を確定するのに勇気がいるからです。

まだ大丈夫、絶対に戻ってくると信じて放置している状態です。

運が悪ければ最終的に資金がなくなるまで(ロスカットにあうまで)損失を確定できないことも多いです。

ところが一方で、運よくプラスに転じると、人間は目の前の利益に飛びついてしまう傾向があります。

精神的に楽になりたいという思いもあり、少しの利益で決済してしまうのです。

たとえ勝率が5割以上だとしても、このようなトレードでは勝てません。

損が大きく、利が小さいトレードスタイルです。

稼いでいるトレーダーはこれと真逆の損小利大でトレードしています。

勝率が5割に達していなくても利益を出すことができるのです。

記事タイトルの意味が少し分かってきたでしょうか。

ポイント

損切りをマスターしないと損失が大きく利益が小さくなってしまう

 

プロスペクト理論を理解しよう

プロスペクト理論とは

ここまで勝率よりも損失と利益のバランスが大切だという話をしてきました。

損小利大にできない人間心理はプロスペクト理論というもので説明できます。

何やら難しそうな名前ですが、簡単に説明すると利益や損失に対しての人間の行動心理を説明したものです。

例で説明しましょう。

例1

[A] 10万円が無条件でもらえる。

[B] サイコロを投げ、偶数なら20万円もらえるが、奇数なら何ももらえない。

この場合はAを選ぶ人が多いのです。

期待値はどちらも10万円で同じはずなのにです。

例2

あなたに20万円の借金があった場合です。

[A] 無条件で10万円借金が減る。

[B] サイコロを投げ、偶数が出たら借金がなくなるが、奇数が出たら借金はそのまま。

この場合はBを選ぶ人が多いのです。

この場合も期待値はどちらも変わりません。

例1は利益に対する心理で、例2は損失に対する心理を読み取るものです。

まとめると、人は利益に対しては堅実だが、損失に対しては投機的=ギャンブル思考になる傾向があります。

FXにおいての例はもう必要ありませんね。

どうしても利益は小さく、損失は大きくなってしまいますよね。

つまりほとんどの人は何も考えずにFXをしてしまうと面白いほど負けてしまうのです。

 

プロスペクト理論に打ち勝つためには

このプロスペクト理論を克服するにはどうすれば良いのでしょうか。

一番大切なのは感情に任せてトレードをしないことです。

この理論は人間の行動心理からのものなので、感情を排除することが大切なのです。

では感情を排除したトレードをするために必要なことは何でしょうか。

それは徹底したルール作りと検証です。

検証とは過去のチャートで自分のルールを試してみることです。

この2つを徹底的に行えば機械式に感情に惑わされないトレードができるようになります。

具体的にどんなルールを作ってどのように検証していくのかは、今後説明していきますので楽しみにしておいて下さいね。

ポイント

プロスペクト理論を克服するにはトレードのルール作りと検証が必要

 

勝率とリスクリワードの関係に注目しよう

最初にFXは勝率2分の1ではないということをお伝えし、勝率が全てではないという話もしましたが、最後に具体的にイメージをしてみましょう。

例1

  • 利益を5,000円、損失を1,000円に設定した場合
  • 5回のトレードのうち1回以上勝てばトータルでプラス
  • 勝率20%だとしても利益を出すことができる

例2

  • 利益を1,000円、損失を5,000円に設定した場合
  • 6回のトレードのうち1回でも負ければプラマイゼロ
  • 勝率は83.3%以上にしないとトータルでプラスにすることはできない

FXを勉強してチャートが分かるようになってくると圧倒的に例1の方が、利益を出しやすくなります。

FXは勝率も大切ですが、それ以上に損失と利益のバランス=リスクリワードが大切だということが分かりましたか?

例1の場合は勝率をほんの少し上げるだけで、さらに利益が大きくなります。

 

バイナリーオプションって何

バイナリーオプションとは

最後に補足としてバイナリーオプションというものについて話しておきます。

今回のタイトルにも関係している内容です。

バイナリーオプションとはFXのオプション取引で、一定の時間(2時間程度)が過ぎた後に為替レートがどうなっているのか(例えばある基準よりもレートが上か下かなど)を予測します。

勝つと最高で資金が2倍になりますが、負けると全てを失います。

FXよりも投機的な要素が強いですね。

 

バイナリーオプションなら勝率は2分の1なの?

さて、今回のテーマの勝率2分の1ですが、この場合はどうなのでしょうか。

勝った場合でも参加のタイミングによっては資金が1.2倍程度にしかならないことや手数料も含めて考えると上がるか下がるかの2分の1だとしても回数を重ねるごとに資金が減ります。

継続して勝ち続けることは難しいです。

勝率を上げるべくFXの勉強をしたとしても取引時間が短いためチャートの予測が難しいです。

 

初心者に向いているの?

よくバイナリーオプションは初心者でも始めやすいと言われています。

確かに一旦エントリーしてしまえば終了時間が来るまですることはないので、取引自体は簡単だと言えます。

ただし、簡単なことと勝てるかどうかは別です。

様々な為替情報をしっかりと把握したり、チャート検証を重ね、この形が出たから上がるなどチャートの動きに熟知していないと稼ぐことは難しいです。

まだFXの方が最低限の勉強をすれば結果が出やすいと思います。

初心者こそリスク管理を学んだ上でFXを始めましょう!

ポイント

初心者にはバイナリーオプションは難しい

 

今回のポイント

  • 勝率にこだわるよりもリスクリワード(損と利のバランス)にこだわる
  • 損と利のバランスが悪くなるのはプロスペクト理論が関係している
  • プロスペクト理論に打ち勝つためにルール作り、検証は欠かせない
  • バイナリーオプションはFXより投機要素が強く初心者にはオススメしない

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

FX取引高世界第1位

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

-FX基礎知識講座

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.