FX基礎知識講座

FXに必要な資金は初心者の場合いくら?レバレッジも頭に入れよう!

投稿日:

FXを少額で実際に始めてみようと思うのですが、資金はいくらあればいいんですか?
資金を入れてFXを始めることにしたのですね。ではどのくらいの資金が必要なのかレバレッジも含めてしっかりと考えましょうね。

 

〜今回の要点チェック!〜

  • FXの仕組み上での最低資金ではリスクが大きすぎるので現実的ではない
  • レバレッジ25倍でのトレードは追証やロスカットのリスクと隣り合わせ
  • レバレッジを2~10倍程度に設定した時の最低資金を知っておく
  • 資金額が決まっている場合の取引数量をレバレッジをもとに考える

 

少額でFXを始めたい場合の最低資金はいくらから?

それでは、少額でFXを始める場合の最低必要な資金を確認しましょう。

FX会社によって最低取引単位というものが決まっています。

では初心者におすすめの主要FX会社の最低取引単位と目安になる最低資金を確認してみましょう。

FX会社 最低取引単位 最低資金
GMOクリック証券(FXネオ) 1万通貨 4万円
DMM.com証券(DMM FX) 1万通貨 4万円
FXプライム byGMO 1,000通貨 4,000円
外為ジャパンFX 1,000通貨 4,000円
みんなのFX 1,000通貨 4,000円
マネーパートナーズ(パートナーズFX nano) 100通貨  400円
SBI FXトレード 1通貨 4円

※最低資金は米ドル円のレートが100円の場合の例

もっとも小さな取引単位は、SBI FXトレードの1通貨となっていますね。

では米ドルを1通貨ほど取引する場合の資金を考えてみましょう。

分かりやすく米ドル/円のレートを100円と設定すると、米ドルを1(ドル)通貨取引するのに必要なお金は100円ですね。

ただしFXはレバレッジというシステムを使って最大25倍の通貨量を取引することができるので、25分の1つまり4%の資金で取引できます。

1(ドル)通貨 × 100円 × 4% = 4円

つまり米ドルを1通貨取引するのに必要な資金は4円ということです。

現在米ドル/円のレートが111円なので、その場合は4.4円ということですね。

1通貨の取引に必要な資金が4円だと分かれば、各会社の最低取引単位をもとにそれぞれいくらから始めることができるか分かりますね。

表の右の列に最低資金をまとめてみました。

これで、FXの仕組み上での」最低資金が分かったでしょうか。

本当にわずかな資金で始めることができるのですね。

 

 

レバレッジも考慮した場合の資金はいくらから?

さっきの「仕組み上での」最低資金という言い方が気になったのですが、実際はそうではないのですか?
勘がいいですね。さっきの例はレバレッジを最大25倍に設定した時のものです。

レバレッジ25倍のリスクとは?

レバレッジ25倍だとどのようなリスクがあるのか見ていきましょう。

レバレッジと関連する重要なキーワードに必要証拠金と呼ばれるものがあります。

FXにおいて通貨を取引する場合、取引量の25分の1つまり4%は最低必要な証拠金として口座に入金しておくという決まりがあります。

この取引に最低必要な資金のことを必要証拠金といいます。

たとえば1万(ドル)通貨の取引をしたければ、1万ドル=100万円なので、100万円の4%つまり、4万円が必要証拠金です。
※1ドル100の場合

この4万円の金額は、最初の表にもあるように1万ドル通貨をレバレッジ25倍で取引した時の最低資金と同じ金額ですね。

つまりレバレッジ25倍で取引するということは必要証拠金=資金ということになり、余剰金がないギリギリのトレードということです。

これにどれほどリスクがあるのか理解するためには、追証ロスカットについて知っておく必要があります。

追証とロスカットについて理解しよう

トレードの失敗により、ニューヨーク市場が終わった時点で必要証拠金が100%を切ると、追証が発生します。

必要証拠金の損失分を追加入金して下さいという催促です。

それまでのレバレッジ25倍の取引ができなくなったことを意味します。

対応策としては、損失分を追加入金するか、一部損失を決済するなどして取引通貨量を減らしてレバレッジを下げる必要があります。

その後にたとえ相場が元に戻ったとしても一度追証が発生すれば対応が必要です。

そして、さらに証拠金維持率が下がり一定のラインを割ると強制決済、つまりロスカットが執行されます。

このロスカットラインについては各会社により設定されていますが、必要証拠金50%割れを基準にしている会社が多いです。

その場合はロスカットされると資金が半分になるということですね。

レバレッジ25倍が危険で現実的ではないことが分かりました。ではどうすればいいのですか?
余剰金(資金)を増やして実効レバレッジを下げることで対応できます。

実効レバレッジを理解しよう

必要証拠金に対しての余剰金(資金)を増やすことによって調整するレバレッジをよく実効レバレッジと呼んでいます。

例えば、同じ通貨量を取引する場合なら必要証拠金に加えて余剰金を入金することで実効レバレッジを下げることができます。

ちなみに実効レバレッジを算出するには取引金額 ÷ 資金で計算できます。

例えば1万ドル通貨を4万円の資金で取引するなら1万ドル=100万円なので100万円 ÷ 4万円 = 25倍となります。

ポイント!

実効レバレッジ = 取引金額 ÷ 資金(必要証拠金+余剰金)

1万通貨
の資金
1,000通貨
の資金
100通貨
の資金
1通貨
の資金
25倍 4万円 4,000円 400円 4円
20倍 5万円 5,000円 500円 5円
12.5倍 8万円 8,000円 800円 8円
10倍 10万円 1万円 1,000円 10円
5倍 20万円 2万円 2,000円 20円
2.5倍 40万円 4万円 4,000円 40円
2倍 50万円 5万円 5,000円 50円
1倍 100万円 10万円  1万円 100円

※米ドル円のレートが100円の時

資金が多くなるほど、実効レバレッジが下がっているのが分かりますね。

プロのトレーダーで最大にレバレッジを上げておそらく20倍程度ではないでしょうか。

損切りを徹底して、リスクリワードと勝率の関係も正しく理解できればレバレッジ20倍程度でも取引可能ですが、初心者は損切りできずにロスカットにあうリスクが高いでしょう。

どうしても試してみたい場合は1通貨で体験してみるのもいいかもしれません。

初心者がFXを始めるに当たっての現実的なラインはレバレッジ2~10倍程度です。

あとはどれくらいの資金を使うことができるか、どのくらいのリスクをとることができるのかで決めていくことになります。

 

 

資金の額が決まっている場合の始め方は?

先ほどは取引通貨単位を固定して資金を調節することで実効レバレッジを変えてみました。

次は資金をどのくらい使うのか決めている場合に、どれくらいの通貨量を取引すればいいのか確認していきましょう。

今回もレバレッジが関係してくる話です。

たとえば資金10万円で米ドル円を取引する場合を考えてみましょう。

レバレッジを最大の25倍にして取引すれば、

10万円×25倍=250万円(2万5千ドル通貨)

最大で2万5千通貨の取引が可能だということになります。

FXの資金額を決めた時に、レバレッジごとにどのくらいの通貨量を取引できるのか表にしてみました。

自分の資金に近い額を最上段から選んで、レバレッジごとの通貨量を確認しましょう。

1,000円 4,000円 1万円 4万円 10万円 40万円 100万円
25倍 250 1,000 2,500 1万 2.5万 10万 25万
22.5倍 225 900 2,250 9,000 2.25万 9万 22.5万
20倍 200 800 2,000 8,000 2万 8万 20万
17.5倍 175 700 1,750 7,000 1.75万 7万 17.5万
15倍 150 600 1,500 6,000 1.5万 6万 15万
12.5倍 125 500 1,250 5,000 1.25万 5万 12.5万
10倍 100 400 1,000 4,000 1万 4万 10万
7.5倍 75 300 750 3,000 7,500 3万 7.5万
5倍 50 200 500 2,000 5,000 2万  5万
2.5倍 25 100 250 1,000 2,500 1万 2.5万
2倍 20 80 200 800 2,000 8,000万 2万
1倍 10 40 100 400 1,000 4,000万 1万

※米ドル円のレートが100円の時のドルの通貨量

これからFXを始めようとする場合は、やはりレバレッジ2~10倍程度を参考にして、自分の資金額ではどのくらいの通貨量で取引を始めることができるかの目安にして下さい。

 

 

どれくらいの資金でどれくらい稼げるの?

資金とレバレッジと取引量の関係がよく分かりました。資金は最初5万円までと考えていたのですが、もっと少ない資金でも始められそうですね。どのくらいの資金で始めるのがおすすめですか?
分かりました。少し説明しますね。

まずはレバレッジ10倍以下で始めると良いですが、仮に10倍にしましょうか。

もし最低取引単位の1通貨から始めるとしたら、先ほどの表には載せていませんが、資金は10円で大丈夫です。

ただしこの金額だと、なかなか本気になれずにゲーム感覚になってしまうこともあると思います。

ある程度緊張感を持って取り組める金額がおすすめです。

それはいくらぐらいでしょうか?
もちろん金銭感覚の話になってくるので一概には言えませんが、1,000円の資金で100通貨の取引、つまりレバレッジ10倍程度で始めるのがおすすめです

まずはトレードを実際にしながら同時に勉強することをおすすめしているので、知識がまだしっかりと入っていない状態でトレードを始めることになります。

そのため資金を失う可能性はもちろん大きいです。

ただ、1,000円程度なら失っても大丈夫な場合が多いでしょうし、それなりに緊張感を持って取り組むこともできると思います。

また後に1万通貨を扱う場合に備えて、今の100倍だなと簡単に損益を計算してイメージすることができます。

まずは100通貨で練習を積んで、スキルを上げて取引量を増やしていくと良いです。

100通貨で始めるというのは、トレードを実践して、練習するという意味においてです。

お金を増やすということになれば、100通貨だと期待はできません。

本格的にお金を増やしていこうとすると、最低でも1万通貨あたりからになります。

ポイント!

1円(100pips)の変動幅の損益額
・100通貨 → 100円
・1万通貨  → 1万円

例えばデイトレードであれば、1日に数回トレードを行い、5pips~50pips程度を狙います。

利益を30pips、損失を10pipsとして2勝2敗だった場合は合計で30+30–10–10=40pipsとなります。

100通貨なら40円

1万通貨なら4,000円

の利益になります。

早い段階で1万通貨以上の取引ができるように、まずは少額で経験値をためながら同時にFXの勉強をして必要な知識を身につけていきましょう。

100通貨から取引できるおすすめのFX会社はココです。

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において8年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

公式サイトへ

 

 

デモトレードはどうなの?

まだ本格的にFXを始めようとは思っていないけど、少しだけ雰囲気を味わってみたいという場合はデモトレードという選択肢もあります。

以前は最低取引単位が1万通貨なのが当たり前だったので、まずはデモトレードで練習してから1万通貨から始めるのが基本でした

どのFX会社でも利用できるのですか?
少額から始められるFX会社はデモトレードを用意していない所も多いですが、最低取引単位が1万通貨からの場合はデモトレードを利用できる場合が多いです。

まずは取引ツールの操作に慣れる、具体的には注文の仕方を練習したり、チャートにテクニカル指標を表示させたりするのを学ぶのにデモトレードは適しています。

デモトレードと少額で始めるのに違いはありますか?
デモトレードでは一部の機能が使えなかったりと、システム上少し異なる場合もありますが、一番の違いとしては、意識の違いですね。

どうしてもデモトレードはとりあえずやってみようという感覚で始める場合が多いです。

多額のバーチャル資金が口座に入っているので、無茶なトレードをしたりすることもあるでしょう。

資金管理やリスク管理のことを考えずにトレードをしてしまうと、それはゲームと同じ感覚になってしまい、いざ実際に始めようとする場合もリスクの高いトレードをしてしまいがちです。

たとえ少額だとしても、リアル口座で始めるメリットとしては、まずは自分でどのくらいの資金を入金すればどのくらいの通貨量が取引できるのか?レバレッジはいくらくらいか?などを能動的に考えて実践できることです。

またトレードによる精神的なプレッシャーを経験することもできるでしょう。

自分の資金を投入するので、例えば評価損益がマイナスになった時にどのような精神状態になるのかなどをリアルに感じることができます。

まとめ

・デモトレード

→FXを始めようか迷っていて取引の雰囲気を味わってみたい場合

→取引ツールの操作性を確かめたり、注文方法を練習したい場合

・少額のリアル口座

→FXを始めることを決めていてトレードの実践を積む場合

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

FX取引高世界第1位

何よりもまず、7年連続取引高世界1位の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

-FX基礎知識講座

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2019 All Rights Reserved.