〜FXの正しい始め方〜

  • 1. 自分に合ったFX会社の口座(アカウント)開設をする
  • 2. FXの勉強をしながら、少額またはデモトレードで実際に取引をしてみる
  • 3. 取引結果を振り返って成功トレード、失敗トレードを検証して、失敗トレードを減らしていく
  • 4. 成功トレードの特徴をつかみ、手法やルールを作り、試してみる
  • 5. 上手くいけば、資金を増やしてPDCAサイクルを回しながらトレードする

FXの正しい始め方とは

FXにおいて「実際に稼げているのは全体の1割程度」と言われているのは知っていますか?
えっ!はじめて聞きました。そんなに難しいんですか?
そうですね。簡単ではありませんが、負けている9割の人達の傾向を理解すれば、残りの1割に入れる可能性は高くなります。詳しく説明しましょう。

多くの人が負けてしまう原因は、FXの始め方にあります。

FXは、取引自体は簡単ですよね。通貨ペアを選び、買うか売るかを選択するだけなので、何ら難しいことはないです。

でも簡単に稼げることと話は別ですよね。

そこを誤解してしまって、多くの人はFXの知識がないままリスクが高いトレードをしてしまい、多くの資金を失います。

例を出しながら具体的に説明していきますね。

FXにはビギナーズラックが多いです。

ただし、そこにはちゃんと理由があります。

例えば、はじめてのトレードでドル円のレートが110円の時に1万ドルを買ったとします。

レートが110円よりも上がれば利益が出ますが、110円より下がれば損失が出てしまいます。

決済するまでは評価損益(含み益や含み損)としてレートと連動して常に変動します。

初心者の場合はどのくらい損失が出たら決済するのか(損切り)を決めていないので、大きく損失が膨らんでもなかなか決済できません。

なんとか含み損を耐えて含み益に変わった時に決済すれば勝ちトレードで利益確定です。

このようなトレードを2回、3回と経験してしまうと「FXって簡単じゃん!」と思い込んでしまいます。

でも、これはFXのビギナーズラックの罠なのです。

確かに、資金があれば損切りをしないトレードは勝率が高いです。

ところが、いくら勝率が高くても損切りをしないトレードを続けているといつかは資金がなくなります。

次のトレード結果を見ると一目瞭然です。

トレード  勝ち 負け 合計
1 11,000 11,000
2 7,000 18,000
3 11,000 29,000
4 3,000 32,000
5 - 53,000 -21,000
6 1,000 -20,000

この場合、5勝1負なので勝率は83.3%もあるのですが、最終的には損失が出ていますね。

たとえビギナーズラックで最初勝ったとしても1回の大きな負けで多額の資金を失ってしまいます。

よくある初心者のトレード結果です。

勝ちトレーダーのほとんどはこの結果と逆のパターンです。

つまり損失が小さく利益が大きいのが理想です。

勝率は損失と利益のバランスにもよりますが、5割なくても大きな利益を手にすることができます。

ただ、損小利大にするためにはどうしてもスキルや知識が必要になります。

そこで大切なのが「FXの勉強」なのです。

「FXはギャンブルだ」と言う人も多くいますね。

もちろん、FXをギャンブルとして楽しむこともできるでしょう。

勘に頼ったトレードで、たまたま予想が当たり大きく稼げることもよくあります。

ただギャンブルでは、「継続的に」勝つのは難しいですよね。

「継続的に」稼いでいるトレーダーにとってはFXは投資となります。

つまりやり方一つで、FXはギャンブルにも投資にもなるのです。

このサイトでは「まずは資金を守る」ことに重点を置き、資金管理やリスク管理で役立つ情報を中心に発信しています。

投資としてFXがしたいのですが、具体的にはどうすればいいんですか?
そうですね。では冒頭のFXの始め方を順番に説明しますね。

 

 

1. 自分に合ったFX会社の口座(アカウント)開設をする

資金を守れるようにしっかりと勉強して知識を身につけてからFXをしようと思います。
その心意気は素晴らしいですが、まずはFXをデモトレードまたは少額で始めてみるのがおすすめです。そしてFXの勉強も同時進行で進めていきます。

その方が、FXのスキルや知識の理解や吸収が早いからです。

例えば初めて自転車に乗る時のことを考えてみましょう。

まずは自転車に乗ってみますよね。

おそらく、ペダルやハンドルの動きを勉強したり、どうしたら転んでしまうのか、どうすれば真っ直ぐ進むことができるのかなどを勉強したりして自転車に乗ると言う人はいないと思います。

FXも同じです。

とにかくまずは始めてみなければ分からないところも多いです。

例えば、最初は「買い」「売り」の理解もなかなかできないと思いますが、実際に取引してみると簡単なことが分かると思います。

分かりました。どうやって口座を開設すればいいのですか?
口座開設に必要な物はそんなに多くないですし、時間もかかりません。

大切なのは、どのFX会社を選ぶかと言うことですね。

もちろんFX会社を比較して選ぶことになるのですが、国内には40社以上のFX会社があるので、全てを比較してから選ぶというのは大変ですよね。

また初心者の場合は、まだトレードスタイルも決まっていない場合も多く、自分に合ったFX会社がどのようなものか分からない場合が多いですよね。

そのような場合は、経験者が初心者におすすめしているものを選ぶのが一番安心でしょう。

こちらのカテゴリの記事も参考にして下さい。

〜初心者におすすめの会社〜

FX初心者におすすめの会社

DMM FXの口コミ・評判ってどうなの?長所と短所を徹底解説!

友達からDMM FXを薦められたのですが、実際のところはどうなんですか? FX国内口座数が1位の人気のある会社ですね。口コミ・評判からメリットとデメリットを説明していきましょう。 口コミ・評判を見てみよう! 40代男性  取引ツールは様々な物を試しましたが、デザイン性に優れていてなんだかんだで一番使いやすいです。 機能も十分に備わっています。セミナーはないですが、あったからと言ってトレードが思うようになるわけでもないと思います。 たまにデモキャンペーンで高額商品をプレゼントしているので、手法を試すにはおす ...

ReadMore

FX初心者におすすめの会社

DMM FXの始め方〜口座開設の流れと審査の注意点を詳しく解説〜

人気の高いDMM FXの始め方について確認させてください。 分かりました。では口座開設の流れと審査における注意点を説明していきましょう。 DMM FXを再確認 まずはもう一度DMM FXのおさらいをしていきましょう。口座開設についてはこの後説明していきます。 DMM.com証券 [DMM FX] とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1、取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによ ...

ReadMore

FX初心者におすすめの会社

GMOクリック証券FXネオはいくらから取引できる?最低入金額は?

まもる先生、あるFX会社では最低入金額が5万円のところもあるって聞いたのですが、GMOクリック証券FXネオに最低入金額はありますか? 自分で調べることも大切ですが、今回はいくらから取引できるのかも含めて私から説明しましょうか。   今回の要点チェック! GMOクリック証券FXネオは最低入金額を設定していないが最低取引単位は1万通貨 米ドル/円を1万通貨取引する場合の必要証拠金(最低必要なお金)は4~5万円 余裕を持ってトレードするためには、必要証拠金に加えて余剰金が必要 余剰金をいくら入金するか ...

ReadMore

FX初心者におすすめの会社

マネーパートナーズの始め方〜口座開設の日数や基準を詳しく解説〜

マネーパートナーズ でFXを始めてみたいのですが、何からすればいいですか? 100通貨から始めることができる人気の会社ですね。では詳しく説明しましょう。 今回の記事ではマネーパートナーズの始め方、特に口座開設方法や注意点などを詳しく説明しています。 この記事を読むと、口座開設の流れが分かり、サクッと始めることができます。 マネーパートナーズの始め方 マネーパートナーズでFXを始めようと思ったら、まずは口座開設が必要です。 基本情報をもう一度確認して口座開設の手続きを始めましょう。 口座開設は無料でできるの ...

ReadMore

FX初心者におすすめの会社

【初心者必見】パートナーズFXnanoで100通貨からの始め方

マネーパートナーズ のパートナーズFXnanoでFXを始めてみようと思うのですが、詳しく教えてもらえますか? 100通貨から取引ができるので、初心者には適していますね。では詳しく説明しましょう。 マネーパートナーズ の基本情報をチェック! まずはパートナーズFXとパートナーズFXnanoの違いから確認しましょう。 マネーパートナーズ  ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨に ...

ReadMore

口座開設には費用はかからないので、迷うものがあれば同時に複数開設して実際に試してみるのもいいですね。

初心者がFX会社を選ぶ際の何か重要なポイントがありますか?
初心者の場合、優先すべき比較事項があるとすれば、最小取引単位です。

つまりどれくらいの資金で始めるのかということです。

最初は少額またはデモトレードから始めるのがおすすめですが、そもそも少額の定義というものは人により違うはずなので、どれくらいの少額からの取引を考えているのかということである程度FX会社は絞られます。

またデモトレードから始めてみるということであれば、デモトレードが可能なFX会社を選ぶことになりますね。

初心者のうちはあれもこれも判断材料にしてもわけがわからなくなるので、最初の始め方つまり少額かデモトレードかに焦点を合わせて選ぶと良いですね。

FX会社  最小取引単位 目安の資金 デモ
1万通貨 10万円
1万通貨 10万円
1,000通貨 1万円 ×
1,000通貨 1万円 ×
1,000通貨 1万円 ×
100通貨 1000円 ×
1通貨 10円 ×

※目安の資金はレバレッジ10倍程度の場合

チェック!

  • まずはFX口座を開設してみる
  • 同時に複数開設もおすすめ
  • 初心者は最小取引単位やデモトレード が利用できるかどうかに注目して選ぶ

 

デモトレードならGMOクリック証券FXネオ

以下FX会社はデモトレードができる初心者におすすめの会社です。デモトレードの利用期間は1ヶ月間となっています。料金はもちろん無料です。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位「ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月」の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

少額で始めるならマネーパートナーズ

デモトレードではなく、実際に資金を入れてトレードしたいけど、出来るだけ額で始めたい場合は以下のFX会社がおすすめです。100通貨単位の取引なら最低400円からポジションが持てるということです。練習にはもってこいですね。

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

 

2. FXの勉強をしながら、少額またはデモトレード で実際に取引をしてみる

口座開設が終わったら、実際に取引をしながらFXの勉強をしましょう。

まずはFXの基礎知識を身につけることから始めて見ましょう。

こちらのカテゴリの記事も参考にして下さい。

〜FX基礎知識講座〜

FX基礎知識講座

FXとは?超初心者でも理解できるように、仕組みを分かりやすく説明

FXについて何となくは分かっているのですが、詳しい取引の仕組みなどがよく分からないです。詳しく教えてもらえますか? 分かりました。何をするにしても最初は分からないことが多いですよね。ではFXに興味を持った人にぜひ知っておいて欲しいことを説明していきますね。   〜今回の要点チェック!〜 FXには2つの通貨の為替レートの差から利益を出す仕組みと、金利差から利益を出す仕組みの2通りがある  最大25倍のレバレッジを用いることができ、取引に最低限必要な証拠金は取引量の25分の1  FXのメリットは「レ ...

ReadMore

FX基礎知識講座

サラリーマン必見!FXの副業は会社にばれる?【注意点は一つだけ】

先日、FX会社の口座開設をしたのですが、勤務先情報を入力したり、マイナンバーを登録したりしました。副業でFXをしていることが勤務先にばれてしまうことが心配なのですが大丈夫でしょうか。 FXをしているということが会社にばれてしまうということは各種手続きをする上でありませんが、何かしらの副収入があるということは確定申告時に知られることがあります。今日はその辺を詳しく説明していきましょう。 サラリーマンをしながらFXを始めようと考えている方、またはサラリーマンをしながら既にFXを始めたはいいが、初めての確定申告 ...

ReadMore

FX基礎知識講座

スプレッドとは?初心者にもわかりやすく基本の意味から徹底解説!

FXをするのに、手数料は基本無料と聞いたのですが、本当ですか? そうですね。口座開設や口座維持に手数料はいりませんし、取引手数料については基本的に無料の会社がほとんどですね。 やっぱりそうなんですね。安心しました。 ただ、実質の手数料とも言えるものが「スプレッド」です。今日はこのスプレッドについてわかりやすく説明しましょう。   スプレッドを一からわかりやすく説明 スプレッドと手数料を理解しよう スプレッドとは英語にするとspreadで「幅、広さ」などの意味を表します。 FXにおいては売値と買値 ...

ReadMore

FX基礎知識講座

FXのpipsの意味とは?正しく理解して損益を計算してみよう!

ツイッターでFXの情報を探していると、「今日は20pips取れた〜!」や「今月なんと100pipsのマイナスで辛い」などpipsで結果を公表している人が多くいます。このpipsの意味が良く分からないのですが、教えてくれますか? 分かりました。金額よりもpipsをもとに損益が理解できた方がメリットも多いです。では今日は、pipsについて詳しく説明していきましょうか。   pipsの意味を理解しよう pipsとは pipsは英語の「percentage in point」からきたものです。 意味とし ...

ReadMore

FX基礎知識講座

FXの1万通貨っていくら?通貨単位を初心者にも分かりやすく解説!

よくFXで通貨単位という言葉を聞くのですが、実はイマイチ理解できていなくて・・ 1万通貨や1,000通貨のことですかね。では分かりやすく説明しましょう。 FXを始めたての頃は、1万通貨がドルなのか円なのかもよく分からなかった覚えがあります。 この記事では1万通貨の取引に必要な資金や、1銭(pips)レートが動いたらどの程度の損益が発生するのかを説明しています。 合わせて1万通貨での取引例をレバレッジを考えながら解説していきます。   〜今回の要点チェック!〜 1万通貨などの〇〇通貨とは通貨ペアの ...

ReadMore

最初は分からないことだらけだと思いますが、特に重要なキーワードをまとめました。

重要キーワード

  • スワップポイント
  • レバレッジ
  • ロスカット
  • 損切り

詳しくは別記事にて説明していますが、それぞれ簡単に説明しておきますね。

FXは2つの通貨を売買(交換)することで利益を狙うのですが、大きく分けると2通りの稼ぎ方があります。

FXの2つの稼ぎ方

  • 為替差を狙う
  • 金利差(スワップポイント)を狙う
    ※両方を同時に狙うこともできる

為替差を狙うトレード

まずは為替差を狙ったトレードの説明です。

通貨の貨幣価値はいつも同じではないですよね。

1ドル100円の時もあれば1ドル120円の時もあります。

例えば1ドル100円の時に1ドル買って、120円になった時にその1ドルを売ると20円の利益が出ますね。

為替レートは日々変動していますが、その為替差を狙った取引が一つです。

例えばドル円であれば、1万ドルの取引をすれば1円の為替差で1万円の利益です。

ドル円をトレードした時の取引数量ごとの為替差による損益額をまとめました。

取引数量と為替差と損益額の表

取引数量 1銭(1pips)の損益 10銭(10pips)の損益 1円(100pips)の損益
1ドル通貨 0.01円 0.1円 1円
100ドル通貨 1円 10円 100円
1,000ドル通貨 10円 100円 1,000円
1万ドル通貨 100円 1,000円 1万円
10万ドル通貨 1,000円 10,000円 10万円
例えば1万ドル通貨の取引をしたい場合は、レートが1ドル100円なら、100万円の資金が必要だということですか?
レバレッジをかけずにトレードするとそうなりますね。

 

レバレッジについて

FXは資金効率が良いと言われる理由にレバレッジがあります。

最大25倍までレバレッジをかけることができるので、取引数量の25分の1の資金つまり4%の資金で取引が可能なのです。

最大のレバレッジ25倍で取引した場合は、1万ドルの取引に必要な資金はたった4万円になります。

このような取引に必要な最低の資金のことを必要証拠金と言います。

1万ドル通貨に必要な資金とレバレッジの関係

※レートが1ドル100の場合

ただしレバレッジを上げて取引するのはハイリスクハイリターンなので初心者のうちはやめておいた方が良いです。

最大のレバレッジ25倍で取引するのは次に説明するロスカットにすぐにかかってしまうので現実的ではありません。

レバレッジをかけるのであれば最初のうちは必ず少額の資金でトレードするようにしましょう。

 

金利差(スワップポイント)を狙うトレード

次は金利差を狙ってのトレードの説明です。

各国で通貨の政策金利が決められており通貨ごとに金利は異なります。

そのため高金利通貨を買って保有した場合、2つの通貨ペアの金利差からスワップポイントというものが毎日発生します。

高金利通貨には南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソなどがあります。

例えばトルコリラ円の通貨ペアの場合は2019/9/30時点でスワップポイントが1万トルコリラあたり70円となっています。(みんなのFX)

資金100万円で20万トルコリラを買って保有したら1年間でどれくらいになるでしょうか。(レバレッジ3.6倍)

70 × 20 × 365 = 511,000円

なんと1年間保有した場合のスワップポイントは511,000円になります。

ただし、金利の変動リスクがあること、またスワップポイントを狙ったトレードでも為替差による損益が発生するので為替変動リスクもあります。

あまりレバレッジを上げすぎると多くの損失を抱えて最悪はロスカットということにもなるので注意が必要です。

 

ロスカットについて

ロスカットについても教えてもらいますか?
ロスカットは含み損が一定のラインを超えたら強制決済されるというものです。

先ほどのレバレッジの話も関係してきますが、取引量の4%が必要証拠金と言いましたね。

為替差による損失が出てこの必要証拠金が維持できなくなったとき、つまり必要証拠金が100%を割れた時に強制的に決済されるというロスカットルールを採用している会社が多いです。

その場合、レバレッジ25倍の取引は少しでも含み損が出たらロスカットになります。

会社によっては、ロスカットが証拠金維持率50%を割れるまで執行されないところもあります。

ただその場合でも次の日には証拠金維持率が100%以上になるように追加証拠金を入金しなければなりません。(追証)

ここら辺の話は難しいのですが、簡単に説明すると必要証拠金は常に100%以上を維持しなければいけません。

ロスカットにすぐにかからないように資金に対しての取引量を調整する(レバレッジを調整する)ことが大切です。

 

損切りについて

そして資金管理でも特に大切なのが損切りです。

冒頭でも説明したようにどれだけ勝ちを重ねても一回の大きな負けでトータルマイナスになるのがFXの世界です。

ルールを作り、機械的に淡々と損切りができるようになることが大切です。

欲望のままにトレードをしていると人間は自然と損失が大きく、利益が少なくなる行動心理が働くようです。(プロスペクト理論)

いざエントリーしてトレードをする前に、どこまで損失が膨らんだら決済するか、またはどこまで利益が伸びたら決済するのかを決めておきましょう。

ポイントは損小利大です。

損失が出たら早めに撤退して、利益はなるべく伸ばすようにします。

損失と利益のバランスをリスクリワードと言いますが、どの程度に設定するかはトレードスタイルや通貨ペア、相場環境や勝率によっても異なるので、トレードを検証して適切な値に設定する必要があります。

 

実際にトレードの経験を積む事が大切

ここまでで重要キーワードを簡単に説明してきましたが、このようなキーワードを勉強しながら実際に少額かデモでトレードをしてみましょう。

まだよくFXを理解していない状況なので、失敗することもたくさんあると思います。

そのための少額トレードやデモトレードなのです。

また自転車の例で例えると、いきなり公道に出て練習はしないですよね。

まずは転んでもいい、公園などで練習するはずです。

さらには最初のうちは補助輪をつけたり、膝当てやヘルメットをかぶったりして練習することが多いです。

転んだとしても最小限の怪我に抑えてくれるのと同じように、FXで失敗した時も最小限の損失で抑えることができるように、はじめは少額またはデモトレードで始めることが大切です。

例え少額トレードやデモトレードだったとしてもリスク管理の知識をしっかりと身につけることが重要です。

FXの始め方については、本なども参考になると思いますが、リスク管理についてはあまり詳しく書かれていない場合も多いです。

当サイトではリスク管理のカテゴリを作っていますので、記事を何度も読み返してリスク管理を身につけましょう。

〜FXリスク管理講座〜

FXのリスク管理講座

FXの流動性リスクとは?原因をよく理解して対策を立てよう!

FXを本格的に始める前にリスクについて勉強しているのですが、流動性リスクという言葉を知りました。調べても良く分からなかったのですが詳しく教えてください。 リスク管理の勉強をしているとは、素晴らしいですね。では今回は「流動性リスク」について説明しましょう。しっかりと理解できれば思わぬ損失を減らせるでしょう。   今回の要点をチェック! 流動性とは取引において売買の成立のしやすさを意味する 流動性が低くなるのは、取引量が少ないか、売り買いのバランスが大きく崩れる時 流動性が低下すると、スプレッドが広 ...

ReadMore

FXのリスク管理講座

FXのリスク分散のポイントは?初心者ならまずは少額で始めること!

株式などは複数の銘柄を保有してリスク分散することも多いですが、FXについてはどうなのでしょうか? FXにおいても運用する資金が大きくなればリスク分散も大切です。色々な形でのリスク分散があるので詳しく説明しますね。   〜今回の要点チェック!〜 リスク分散には利益が分散されてしまうというデメリットもあるが、資金が増えた時には特に重要になる 株式などの他の金融商品とリスク分散すると相場との関連性もあるので、知識が増してトレードに優位に働くメリットがある 複数の通貨ペアを取引してリスク分散する場合は、 ...

ReadMore

FXのリスク管理講座

証拠金維持率はどれくらいにすればいい?計算方法と目安を知ろう!

スマホの取引ツールを使っていたら、証拠金維持率という項目があったのですが、何を表しているのか、どれくらいが目安なのかよく分かりません。 証拠金維持率はロスカットにも関わってくる重要なポイントです。自分でしっかりと計算できるようにしましょう。   〜今回の要点チェック!〜 必要証拠金は取引に最低必要な資金で取引量の25分の1に相当する 有効証拠金とは、決済前のポジションの損益も含めた口座資金の全て 証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100 証拠金維持率と実効レバレッジは相関関係にあ ...

ReadMore

FXのリスク管理講座

FXの「信託保全」「自己資本規制比率」とは?信用リスクを徹底解説

先生、FX会社の信頼性を調べていたのですが、何やら難しい言葉がたくさん出てきてよく分からなくなりました。 もしかしたら信用リスクについて調べていたのですか?確かに難しい言葉も出てきますが、押さえるポイントは多くないです。   今回の要点チェック! 信用リスクとは債務を履行できなくなるリスク、つまり債務不履行(デフォルト)リスクのこと 国内FX会社は信託保全(顧客の資金を銀行に信託すること)が義務付けられている 自己資本規制比率の高さは経営状況が良く、リスクに対応できることを表す FXにおいては信 ...

ReadMore

FXのリスク管理講座

FXのデメリットとは?事前に知っておくことがリスク対策になる!

FXのメリットはよく分かったのですが、始める前にデメリットについても詳しく知っておきたいです。 分かりました。確かにFXのメリットの情報はよく入ってきますが、デメリットはあまりないですね。リスク回避のためにもデメリットをよく理解しましょう。   〜今回の要点チェック!〜 FXのデメリットは「ハイリスクハイリターン」であること レバレッジを上げすぎると損失リスクが高まる 為替変動リスクには最悪の場合は借金もあり得る いつでも取引できることから取引回数が多くなりがちでその分損失リスクも高まる FXは ...

ReadMore

どうしても稼ぐことばかり考えてしまいがちですが、まずは資金を守ることが大切です!

 

 

3. 取引結果を振り返って成功トレード、失敗トレードを検証する

FXの勉強をしながらトレードをしていると、おそらく注文方法など取引方法などについてはだいぶん分かるようになってきます。

ただ、最初のうちは結果が伴っていない場合が多いと思います。

ここからはトレード結果とチャートを照らし合わせて改善していくのに多くの時間を使います。

自分のトレードの中で、成功トレードと失敗トレードがあるのは分かるはずです。

成功トレードを検証して、成功トレードを増やすことも大切なのですが、まずは失敗トレードを検証して無駄にトレードしないようにすることがそれ以上に大切です。

チャートを元にトレード履歴を検証して、失敗トレードを減らすだけでトレード結果がマイナスからプラスになることもよくあります。

このように失敗トレードをチャートをもとに検証して減らしていくのが次のステップです。

例えば、「この時間帯にエントリーすると損切りに合うことが多い」、「損小利大になっていない」、「押し目や戻りでエントリーできていない」など、失敗の原因を理解して、そのようなトレードをどんどん減らしていきます。

そのために特に重要なのがチャートを読みとる力です。

どれだけ優位性の高いエントリーポイントだけを厳選してトレードするかが重要になります。

チャートを読み取るためにはテクニカル分析やチャートの形状、時間帯、通貨ペアごとの特徴などを総合的に判断する必要があるので、身につけるまでには当然時間がかかります。

ただ勝っている1割のトレーダーの中に入るには避けて通れないので根気よくチャート検証をしてみましょう。

失敗トレードが減ってきたら、成功トレードについても検証してみましょう。

例えば、成功した時のチャートの形はどのような形だったのかを覚えておくようにすると次にもつながります。

例えば、上のチャートの赤丸で「買いエントリー」すると優位性が高いです。

このような形を自分でも成功トレードから探してみることです。

カテゴリ「FXを勉強しよう」の記事も参考にして下さい。

〜FXを勉強しよう〜

FXを勉強しよう

【初心者必見】FXの注文方法まとめ!注文の種類や損切り方法を解説!

トレードの練習を始めたのですが、注文方法が複雑でよく分かりません。詳しく教えてもらえませんか? 分かりました。損切り注文はしっかりできないとリスクになりますよ。では注文方法を種類ごとに詳しく解説しましょう。   〜今回の要点チェック!〜 スピード注文においてはスリッページ設定を最適化する 指値注文は今よりも有利なレートで売買する注文方法、新規注文や利益確定注文で使う 逆指値注文は今よりも不利なレートで売買する注文方法、主に損失確定注文で使う IFD注文は新規注文と決済注文を同時に発注する OCO ...

ReadMore

FXを勉強しよう

ボリンジャーバンドを使ったFXのトレード方法を分かりやすく解説!

ボリンジャーバンドというテクニカル指標を最近知ったのですが、どのようにトレードに使えばいいのかがよくわかりません。詳しく教えてもらえますか? ボリンジャーバンドは初心者からプロトレーダーまで人気のテクニカル指標ですね。このボリンジャーバンドを使って自分の手法を作り出しているトレーダーも多くいます。では基本からボリンジャーバンド を使ったトレード方法まで確認していきましょう。 今回はテクニカル指標の中でも特に人気のボリンジャーバンドを初心者向けに説明しています。 この記事を読めばボリンジャーバンドをトレード ...

ReadMore

FXを勉強しよう

FXの分割決済のやり方を解説!注意点とおすすめの決済方法について

決済のタイミングについて勉強していると「分割決済」という言葉を知ったのですが、詳しいことが書いてなかったので教えてもらえますか? 分かりました。分割決済も上手に利用できれば、利益を安定させることができます。詳しく説明していきますね。   〜今回の要点チェック!〜 分割決済は含み益と含み損のどちらにおいても可能 分割決済はその後の相場次第でメリットにもデメリットにもなる 分割決済は損失を抑えながらも一定の利益は確保したい場合に向いている 分割決済は、相場や通貨ペアに合わせルールを作ることが重要 p ...

ReadMore

FXを勉強しよう

FXの移動平均線の種類や使い方を解説!期間は何日に設定すべきか?

ローソク足チャートにラインが入っているものをよく見るのですが、一体あれは何ですか? おそらく移動平均線のことでしょう。代表的なテクニカル指標です。使い方など基本を詳しく説明しましょう。 〜今回の要点チェック!〜 移動平均線とはチャートの動きを平均化して滑らかにしたもの 移動平均線の傾きやローソク足との位置関係からトレンドや売買サインを読むことができる 移動平均線の種類は3種類あり、過去の値動きを引き継ぎながら直近の値も重視した指数平滑移動平均線(EMA)がよく使われる グランビルの法則とは移動平均線とロー ...

ReadMore

FXを勉強しよう

FXチャートは何分足で見るの?時間足を初心者にも分かりやすく解説

チャートを見てトレードする時にどの時間足を見ればいいのか迷ってしまうのですが、初心者におすすめの時間足などありますか? 初心者かどうかに関係なくチャートの時間足は主にトレードスタイルによっても変わってきます。では詳しく説明していきますね。   〜今回の要点チェック!〜 チャートの時間足が異なると動きや値幅も異なる トレードスタイルによって見るべき時間足を使い分ける 短期トレードは短期足、長期トレードは長期足を基本にする 複数足チャートを利用するマルチタイムフレーム分析でトレードの優位性が高まる ...

ReadMore

チェック!

  • 自分のトレード結果から失敗トレードを検証して取り除く
  • 成功トレードを検証して得意な形を意識する

 

 

4. 成功トレードの特徴をつかみ、手法やルールを作り、試してみる

自分のトレードをチャートを元に検証し、ある程度エントリーが絞られると、自然にルールや手法が確立されていくはずです。

例えば、成功トレードの検証結果から「午前8:00~9:00に、損切り10pips、利益30pipsでボリンジャーバンドでトレンドを判断してエントリーすると優位性が高い」と仮説を立ててみます。

そして過去チャートから仮説通りにトレードをしたらどのような結果になるのかをシミュレーションします。

また、どんなチャートの形の時にチャンスが多いのかが分かれば、過去チャートからその形がどれくらいの頻度で出現しているのかを調べます。

過去チャートにおいてこの手法、ルールは稼げると判断できたらそれらを一定の期間試してみましょう。

この段階もまだ少額またはデモトレードで行うと良いですね。

チェック!

  • 自分のルール、手法が出来たら少額またはデモトレードで一定期間試す

 

 

5. 上手くいけば、資金を増やしてPDCAサイクルを回しながらトレードをする

自分のルールや手法を実際のトレードで試してみて、上手くいくようであれば、資金を増やしてトレードをする、逆に上手くいかない場合は、また成功トレードと失敗トレードをさらに検証することになります。

この繰り返し、つまりPDCAサイクル(Plan計画/Do実行/Check検証/Action改善)を回していくことで、どんどんトレードスキルがアップして稼げるトレーダーに近づきます。

相場環境は常に変化しているので、自分のルールや手法が機能しなくなることもあります。

そのような場合にこのPDCAサイクルを回す力を身につけて入れば手法を少し修正するだけで改善することもあります。

人から手法だけを聞いて実際に自分で試しても継続的に勝つことが難しい理由がこのようなことと関係しています。

継続的に利益を出せるようになるまでにどのくらい期間がかかりますか?
数ヶ月でスキルを身につける人も入れば、何年たっても稼ぐことができない人もいます。

どれだけ時間がかかるかは読めないところがありますが、本当のトレードスキルが身につくとFXは資金効率が良いので、雪だるま式に資金を増やすことができます。

FXはハイリスクハイリターンということで敬遠されることもありますが、ハイリスクを減らすスキルを身につけることができればこれほど魅力的なものはありません。

 

 

FXで稼ぐためには?

これまでの話でFXの始め方や何をすればいいのかは分かりましたが本当に稼げるようになるんでしょうか?
冒頭で勝てている人は全体の1割程度と話しましたが、FXの正しい始め方を理解しただけでもその1割に入る可能性はだいぶん上がりましたよ。最後に大切なことを少し話しますね。

いきなりFXの市場に入るということはプロの世界に入るということです。

その世界には、機関投資家と呼ばれる顧客の資金を預かり、運用しているプロの投資家(ヘッジファンドなど)や、輸出入企業、また個人投資家でも何10年もトレードをしている専業トレーダーなどが同じ市場にいて通貨の売り買いで戦っているのです。

時には国家が意図的な要人の発言や為替介入などで自国の通貨を守るために市場に参入する場合もあります。

FXはお金の奪い合いです。

つまり負けたトレーダーの損失は勝ったトレーダーの利益になるのです。

このようなプロ達がお金の奪い合いをしているような市場に初心者はいきなり参入することになるのです。

一旦市場に入れば、プロも素人も関係ありません。

何も知識がない初心者はお金だけを奪われて帰ってくることになります。

例えば、プロ野球の試合に野球未経験者がいきなり出場することを考えてみてください。

バッターボックスに立ってプロの投手の球を打てるでしょうか?

おそらく打てないですよね。

もしかしたら、怖いながらも目をつむって思いっきり振ったバットがたまたまボールに当たることもあるかもしれません。

ただそれはまぐれであることは誰にでも分かることです。

10回バッターボックスに立ってまぐれで打てても多くて1回でしょうか。

残り9回はバットがボールに当たることなく終わってしまうでしょう。

練習を一回もしたことがない素人がいきなり試合に出てプロに勝てる訳はありません。

FXも全く同じです。

いきなり市場に参加しても勝つことはできません。

それどころか負けて資金を失うことになるでしょう。

だから最初は少額トレードかデモトレード なのですね。
その通りです。

少額トレードやデモトレードで失敗をたくさん経験しながら、FXをしっかり勉強して正しい知識を身につけることができればFXは怖くはありません。

稼げるようになるまでには練習が必要ですが、その練習というのは素人がプロ野球選手の球を打てるようになるまでの練習に比べるとはるかに簡単なことです。

FXを勉強し、知識を身につけたり、トレード練習をしたりする努力をしないまま、いきなり多額の資金でFXを始める人が多いので先ほどの「9割は負ける」ということになるのです。

FXの正しい始め方を知らないまま即座に利益を求めようとするので多くの人が失敗します。

どんな仕事でも一人前になって稼ぐまでには、それなりの時間が必要です。

まずは必要な知識をしっかりと身につけながらトレードの練習をしましょう!

 

 

当サイトについて

当サイトはFX初心者に対して口座開設からリスク管理を考慮したトレードができようになるまでに必要な情報を発信しています。

自分が経験したように、何も分からない状態でFXを始めて多くの資金を溶かして欲しくないという思いからサイトを立ち上げました。

これまでに手に入れた知識や経験したことを惜しみなく伝えていけたらと思っています。

そして、当サイトの趣旨としては「リスク管理を徹底し、わずかであっても継続的に利益を出す」ことです。

つまり一攫千金のような手法を発信するのが目的ではありません。

一番重点を置きたいのは資金を減らさないことです。

資金を減らしさえしなければ、いつかはトレードのスキルを身につけ雪だるま式に増やしていくことができます。

まずは自分の資金を守ることを考えましょう!

 

 

【厳選】初心者におすすめのFX会社

ここでは数あるFX会社の中から、特に初心者におすすめのFX会社を厳選してご紹介します。

おすすめする会社の中でも、細かなところで違いはあるのでそれぞれの詳細ページを参考にして自分に一番合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめのポイント

  1. 主要通貨ペアのスプレッド
  2. 高い約定率
  3. 主要通貨ペアのスワップポイント
  4. 取引ツールの使いやすさ
  5. 会社の信頼性
  6. サービス・サポートの充実

以上を総合して個人的に特におすすめしたいものを選びました。

様々な項目がありますが、その中でも特に重視したのは「取引ツールの使いやすさ」と「会社の信頼性」です。

とことん自分に合ったものを選ぶためには複数口座を開設し、実際に使ってみて比べてみるのも良いでしょう。

GMOクリック証券 [FXネオ]

クリック証券

何よりもまず、7年連続取引高世界1位「ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月」の実績があります。あらゆる角度から見てもスキのないオールラウンダーの会社です。スマホツールの使いやすさやについては、No.1と言ってもいいでしょう。サポート体制もしっかりしており、お問い合わせに24時間対応しています。「迷ったらココ」と言われるほど信頼性のある会社です。初心者からプロトレーダーまで満足度の高い会社です。

GMOクリック証券[FXネオ] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

DMM.com証券 [DMM FX]

【DMM FX】入金

とうとう口座数が70万口座を突破してFX口座数国内No.1取引高についてもGMOクリック証券に続き世界No.2となっています。スプレッドもGMOクリック証券と並び業界最狭水準、サポート体制は業界初のLINEによる問い合わせも可能です。ツールも初心者に扱いやすいことで知られています。取引システムも安定していて、約定力が強く滑りにくいと評判です。

DMM.com証券[DMM FX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨 20
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.2 pips 0.4 pips 0.5 pips 1.0 pips

詳細ページへ

公式サイトへ

 

マネーパートナーズ 

青色03銭静止画

ストロングポイントとしては約定力がNo.1ということです。矢野経済研究所が行なっている調査において10年連続で約定力No.1という評価を受けています。スプレッドも主要通貨についてはGMOクリック証券やDMM FXを上回る水準もあります。またパートナーズFX nanoを利用すると取引単位が100通貨からとなり、初心者がトレードを練習するのにも向いています。

マネーパートナーズ 基本情報
取引単位 通貨ペア数
10,000通貨(100通貨) 20(18)
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips
(0.4 pips)
0.3 pips
(0.8 pips)
0.4 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(1.2 pips)

※( )の値はパートナーズFX nano

詳細ページへ

公式サイトへ

 

トレイダーズ証券 [みんなのFX]

南アフリカランド訴求

まずはスプレッドとスワップポイントの両方が、業界トップクラスです。スワップ運用に人気のトルコリラ/円の扱いもあり、スワップポイントも高いことから運用を考えている人にはおすすめの口座です。また各種ツールが初心者にも分かりやすいと好評です。また初心者に嬉しい無料オンラインセミナーを毎月開催していて役立つ情報を手に入れやすいです。

トレイダーズ証券[みんなのFX] 基本情報
取引単位 通貨ペア数
1,000通貨 27
スプレッド(原則固定)※例外あり
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円
0.3 pips 0.3 pips 0.4 pips 0.9 pips

※スプレッドは取引数量により変化

詳細ページへ

公式サイトへ

更新日:

Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2020 All Rights Reserved.